アサヒ飲料【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

アサヒ飲料の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

アサヒ飲料株式会社は飲料事業の売り上げが業界3位の日本の大手飲料メーカーのひとつです。
三ツ矢サイダー、WONDA、十六茶など様々な有名ブランドを持っています。
2016年にカルピス株式会社と完全経営統合を果たすなど更なる成長を狙っています。設立は1982年です。

内定者のES一覧

アサヒ飲料

アサヒ飲料 2020卒,技術系総合職内定者エントリーシート

希望職種

①基盤研究職 ②商品開発研究職

あなたという人物を象徴的に表すキーワード(20)を3つ記入し、それを選んだ具体的エピソード(300)

結果にこだわり物事に全力で取り組む(17)
私は高校のバスケ部でレギュラーを取った後、レギュラーから外れた悔しい経験がある。レギュラーを外された理由が分からず先生に尋ねた際、「現状に甘んじず、本気でやらねば成長はない」という言葉を頂き、自分が気づかずに慢心していた事を深く反省した。この経験から、向上心をもって挑まなければ現状維持すらできない事を学んだ。それ以降、物事に取り組む際には高い目標を立て、目標達成のために考えた計画を柔軟に実行した。また、一人でできない事は自ら働きかけて周囲と協働して取り組んだ。以上の事を意識して学業・サークル・アルバイト・研究活動に全力で取り組んできたため、良い結果を得る事ができ、努力の過程を楽しむ事ができた。(300)

自ら考えて行動を起こす
私はアルバイト先の回転寿司店の売り上げの向上に貢献した。私は厨房で働く中でレーンに流しても食べてもらえないネタが多く、

アサヒ飲料 2020卒,研究開発職内定者エントリーシート

あなたという人物を象徴的に表すキーワードを3つ記入し、何故それを選んだのか具体的なエピソードを交えて説明してください。 キーワード20文字以内、エピソード300文字以内

吸収力
学部生の時に経験した教育実習での経験です。当初の私は、良い授業=難しい受験問題が解けるようになる授業だと考えて授業をしていました。しかし、生徒の反応は悪く、寝てしまう生徒も多く出てしまいました。そこで私は、他の先生や実習生、生徒たちに意見をもらいに行き、授業の改善に努めました。すると授業に求めるものがクラスによって異なり、各々のニーズに授業を最適化させていくことが重要だと学びました。クラスによって難易度や形式を変えた授業を作っていくと、生徒からの評価は次第に上がっていきました。このように、積極的に色々な立場の人とからの意見を素直に吸収し、自分の視野を広げることを意識しています。

リーダーシップ
学部生の時に所属していた部活の〇軍リーダーとしての経験です。このチームの課題は、ベンチ選手たちのモチベーションが低いことでした。その原因は、チームに必要とされてないと感じているからだと考え、私は、40人全員に具体的な目標を与えました。例えば、攻撃の選手であれば、「シュート成功率が8割を超えたら試合に出す」といったもので、目標を達成したらすぐに試合で起用しました。これにより、ベンチの選手たちにも当事者意識が芽生え、やる気は向上しました。また、ベンチからレギュラーになる選手も増え、チームとしても大きく成長することができました。このように、チーム全体をうまく統率し、組織力を向上させることができます。

臨機応変な対応力
去年、共同研究でドイツに行った時の経験です。1か月間、一人でドイツの研究所に実験をしに行ったのですが、このことが決まったのは出発の3週間前でした。語学力を上げる間もなくドイツに向かったため、

アサヒ飲料 2019卒,総合職内定者エントリーシート

現在のあなたの特徴(画像、図の使用自由)

私は強みとして、周りの人に積極的に働きかけるコミュニーケーション力を持っていて、多くの人との関わりを大切にすることが出来る。アルバイト先のスポーツクラブではインストラクターとして多くの方の悩みや要望を聞き取り、メニューを提示する等して傾聴力や提案力を磨いてきた。他にも長所として右の写真に示したようにアルバイト先で担当しているスクールでは老若男女の方々に参加を頂き、幅広い世代の人から愛される部分などもある。また、短所としては1つのことに集中してしまうと周りが見えなくなり、

アサヒ飲料 2017卒,内定者エントリーシート

■現当社を志望する理由は何ですか?(全角300文字以内)

革新的製造プロセスと新技術の創造に挑戦し、世の中に新たな価値を提供するという私の夢を達成する土壌があるためだ。元々夢を実現させるために、直接モノづくりに携わる仕事がしたいと考えており、中でも消費者に近い飲料業界を志望している。特に、大学で学んだ化学工学が最も活かせる場である生産技術職を希望しており、世界中の工場において新規プロセスを開発すると共に生産効率を上げ、さらには新工場の立ち上げに携わりたいと考えている。その際、環境面やコスト面等様々な視点が要求されるが、学生時代の経験から養われた「挑戦心」や「目標達成能力」そして化学工学から学んだ「俯瞰的な視点」を最大限活かすことできると考えている。

■あなたの「弱み」は何ですか?それを克服するためには何が必要だと考えますか?(全角300文字以内)

私の弱みは「行動の遅さ」だ。理由としては、研究やサークル活動では意見を積極的に出す役割は果たせているものの、チーム全体の意思決定を行う際にきちんと下調べを行ってから行動するため、現状を分析し一つ一つの選択肢を吟味して次の判断を考えた結果として行動が遅くなってしまうと感じることが多かったためだ。この欠点を克服するためには積極的な意思疎通と情報共有を意識し行動することが肝要だと考える。周囲にいる人々に不明点やそれに対する意見をまず聞くことで、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ