セゾン情報システムズ【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

セゾン情報システムズの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

株式会社セゾン情報システムズはセゾングループのシステムを担っているユーザー系IT企業です。
1970年に西武流通グループの情報処理機能の統合と新しい情報サービス業の創造のために設立されました。現在は通信基盤ミドルウェア(HULFT)事業、金融関連システムのカードシステムソリューション事業、流通小売り業や小売業向けに提供している流通サービス統合ソリューション事業を行っています。
設立は1970年で、従業員数は個別では1,195名、グループ会社全体で666名(2017年4月現在)です。

内定者のES一覧

セゾン情報

内定者エントリーシート

■<他社の進行状況><志望動機>

私はIT技術を使いより便利な社会の実現を目指しているためIT業界を志望しています。私は今まで二つのソフト開発を通して要件定義の重要さや議論の楽しさ、プログラミング作業の楽しさを感じ、さらにやりがいも感じてきました。そこで、私は入社後は効率化を目的としたシステム開発よりも今後の高度情報化社会を支えるシステム開発に携わりたいと考えています。私は貴社の社会貢献性の高い業務の幅広さとデータを安全かつ確実に伝送することを可能とするファイル転送ソフト「HULFT」に魅力を感じました。また、貴社の高い技術力の中で自己成長をし、貴社へ貢献し続けたいと考えています。

■<学生時代に最も力を入れたエピソード>

私は特に三つに力を入れていました。まず一つ目は学業です。講義には全て出席し、苦手と感じていた講義でも良い成績を取るために友人からのサポートも頂きながら努力をしました。その結果、全ての単位を納得できる成績で取得し、卒業研究を残すのみです。次に、二つ目は私が所属している生協学生委員会での活動です。この委員会は新入生向けのオリエンテーションや様々な相談会を企画、運営しています。その中で私は「暮らしの相談会」という企画の責任者としてメンバー間での議論の司会進行やマネージメント業務を行いました。また、他の企画ではメンバーとして企画へ貢献しました。最後に友人とのソフト開発に力を入れてきました。現在、ホテル等での使用を想定した自動部屋割りソフトとICカードを用いて出退勤を管理するソフトが成果物です。要件定義からプログラミングまで友人と協力して行い、失敗を重ねつつ少しずつ言いソフトになるように改良を重ねています。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ