アクセンチュア【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

アクセンチュアの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

アクセンチュア株式会社は総合ファームの外資系大手コンサルティング会社です。
IT分野に強く、戦略策定だけでなく運用までのコンサルティング、アウトソーシングを行っています。多業種の大企業と協業し多くの実績をあげています。
日本での設立は1995年で、従業員数は約9,000名(2017年8月末現在)です。
グローバル・グループでは世界55カ国、200都市以上の拠点を持ち、従業員数約42万5000人の規模のグローバル企業です。

内定者のES一覧

アクセンチュア

アクセンチュア 2020卒,ビジネスコンサル内定者エントリーシート

趣味・特技についてご記入ください 50文字以下

特技は、大学でもサークルに所属している○○です。また、趣味はスポーツ観戦です。

どのような軸で就職活動を行っていますか 400文字以下

私の就職活動の軸は三つあります。一つ目は仕事に対して意欲的に向き合い、挑戦していけることです。仕事をしていく中で成長するためには、第一に自分が主体的に取り組むことが必要だと考え、これを重視する要素としました。二つ目は初めて扱うような課題にも積極的にチャレンジしていくことができる環境です。新しいことを学ぶ際には、上司の方々をはじめ、すでに経験している人から教わることも必要ですが、それ以上に自分から主体的に課題に取り組み、悩みぬく中で得られるものが重要であると思い、挑戦することのできる環境を重視する要素の一つとしました。三つ目は、共に働く人です。どのような仕事であれ、完全に個人で行うものはない、と私は考えます。共に切磋琢磨する仲間とともに働く中で、自身の目標をはっきりと意識することができれば、具体的な成長につなげられると考え、この点を重視しています。

「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。 ※改行せず文章は続けて入力してください ※「未来のアクセンチュアに必要なDNA」は以下よりご確認ください https://www.accenture.com/jp-ja/Careers/students-graduates-dna 400文字以上600文字以下

私が最も共感するものは、「チャレンジに、手加減をしない」です。これに共感する理由として、大学三年次に決断した転学が挙げられます。当時所属していた学科の講義や実習の内容と、私が興味を持つ分野にずれが生じていることを感じ、

アクセンチュア 2020卒,ビジネスコンサルタント内定者エントリーシート

どのような軸で就職活動を行っていますか 

就職活動の軸は3つある。一つ目は、周囲の優秀な人たちと競争しながら高めあえる環境に身を置くことである。これは、他人と競いながら目標に向かって努力することに私は大きな魅力、やりがいを感じるからだ。二つ目は、業務内容に興味を持てるかどうかである。興味があることに自ら進んで取り組めることが自分の強みであるため、楽しいと思える業務に携わることで自分のパフォーマンスを最大化できると考えている。三つ目は、社会を支えているという実感を持てることである。私は働く上で、自身の幸せを追求するだけではなく、社会の発展に貢献したいという気持ちを強く持っている。したがって、自分の仕事が与える社会的インパクトが大きく、社会をどう変化させているかを強く認知、実感できる仕事に携わりたいと考えている。

「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。

「チャレンジに、手加減をしない」を選んだ。理由は、私は設定した高い目標に対して努力を惜しまないことが強みであり、チャレンジに本気で取り組める点で上記のDNAに共感するからである。経験談として、自分は学部時代、ボルダリングというスポーツに打ち込んでいた。ボルダリングはコースごとに難易度(グレード)が決められている。始めたての頃は大した努力もせずに成長したが、上達とともに自分にとっての最難グレードを更新することがが難しくなり、スランプに陥った時期があった。しかしここで腐るのではなく、

アクセンチュア 2020卒,ビジネスコンサルタント内定者エントリーシート2

どのような軸で就職活動を行っていますか  400文字以下

私の就職活動における軸は主に2つある。1つ目は、幅広いものに触れることができる仕事及び環境である。これは、業務内容として触れることができる分野の幅広さと、多様なバックグラウンドの人々と働くことができるという業務面と環境面の2つの意味での幅広さがあるという意味である。様々な人と協業し、多角的な視点を身につけながら仕事をしたいと考えているため、この軸が挙げられる。 もう1つとして、自らの挑戦や工夫に対し、受け入れ、向き合ってもらえる文化がある環境があることである。これは、私が常に新しい変化や挑戦をしていきたいと考えており、それに対して向き合ってもらえることで自らのモチベーションを高めつつ、周りに良い変化を与え続けることができるからである。また、他者の挑戦や工夫から自らも刺激を受けることができるため、この軸が挙げられる。 この2つの軸を基に、私は就職活動を行っている。

未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。400文字以上600文字以下

私が最も共感したのは、「自分も会社も世の中までも、変えたいと望む」である。なぜなら、私は挑戦することによって他に働きかけ、良い変化を起こすことに取り組んできた経験と重なるものを感じるからである。その経験は、アルバイトの塾講師を通して他者の意識と習慣を変えたことである。私の担当生徒の一人で、当初英語で20点代から抜けられない生徒のエピソードである。私は、現状を乗り越えれば成功体験と、自信として私と彼が相互に良い影響を与え合えると考え、試行の末、結果的に80点代をとれる学習習慣の定着に成功した。まず原因分析をすると、

アクセンチュア 2020卒,ソリューションエンジニア内定者エントリーシート

第1志望の職種を選択された理由をお聞かせください(200文字以下)

「自分にしかできない価値を創出し続けるITコンサルタントになること」を実現するために最適な選択肢だと考えたからだ。始めに、開発工程の上流から下流までを体感したい。それと同時に、ITの専門性を高め、常に最新のIT知識をキャッチアップすることによって、知識、経験ベースの提案ができ、ITコンサルタントとして独自の価値をを提供できると考えている。

第2志望の職種を選択された理由をお聞かせください(200文字以下)

第一志望のソリューションエンジニアでも述べたが実現したいことは変わらず「自分にしかできない価値を創出し続けるITコンサルタントになること」である。ただ、ビジネスコンサルタントとして入社することになれば、自身でイーラーニング等を用いITの専門性高めた上で、お客さまに提案のみだけでなく、責任をもってできる範囲まで開発フェーズにも携わりたい。

どのような軸で就職活動を行っていますか( 400文字以下)

私の就職活動においての軸は3つある。一つ目は「ITで課題を解決できること」である。私は大学の専攻を通して、テクノロジーで多くの課題を解決できることを身近に学んできた。テクノロジーとビジネスの融合によって世の中を豊かにすることができると考えている。ITの専門性を高め、あらゆる課題を提案から実行までできる人材になりたい。二つ目は「成長できる環境であり、モノではなく人が商材であること」である。私は◯◯でインターンシップをしていた際に新しいマネジメントの仕組みを提案、

アクセンチュア 2019卒,ビジネスコンサルタント内定者エントリーシート

趣味・特技について(50)

ツーリングと登山です。どちらも街中では見ることができない壮観な景色を堪能できる魅力があります。

どのような軸で就職活動を行っていますか(400)

私の就職活動の軸は2つあります。1つ目はITを用いて人々の暮らしにより良い影響を与えることができるかという軸です。祖母が宮崎県の田舎で生活しており、銀行に行く為に片道1時間を費やしていました。そこで、私がネットバンキングを教えることで時間や費用、祖母の体力の制限を取り払うことができ、祖母は心から喜んでいました。この時ITが様々な境遇の人々の生活に影響を与えていることを実感し、生活に付加価値を与えたいと考えるようになりました。2つ目は企業の問題解決や価値向上の一役を担う仕事に取り組めるかという軸です。ある企業のインターンシップに参加し、顧客の抱える業務の問題を分析して問題解決のための提案を行いました。その時、顧客の問題を解決することにより顧客の成長の一役を担ったことを実感し、非常にやりがいを感じました。私は、この2つの就職活動の軸にマッチするコンサルティング企業を第一志望としています。

あなたがこれまでに経験した失敗を一つ選び、それをどう乗り越え、何を学んだか(400〜600)

高校2年生の時に参加した2週間のオーストラリア語学研修です。この2週間で私は「わかっているふり」をやめました。私は英語の勉強が得意だったため、英語圏の人と会話をすることを楽しみにしていました。しかし、実際は授業のCDで聞き取る様な英語ではなく、なまりや主語の省略があって聞き取ることが困難だと感じました。さらにこちらが話す英語も日本語英語が混在しており、発音の間違いにより聞き返されることが何度もありました。語学学校に関する連絡事項をホームマザーが話してくれましたが、わかったふりをしたことで学校から確認の連絡がありました。この時、自分がわかったふりをすることでどれだけ周りの人に影響を与えてしまうのかを痛感し、自分の語学力の成長の足枷になっている「わかったふり」をやめました。現状を見直し、どうしたら聞き取ることができ、会話をスムーズに行うことができるかを考え、

アクセンチュア 2019卒,ビジネスコンサルタント内定者エントリーシート2

どのような軸で就職活動を行っていますか

私は3つの軸を持つ。 1つ目は「困難に挑戦し成長できる環境」である。私の長所の1つとして、負けず嫌いでチャレンジ精神が旺盛なことが挙げられる。負荷のかかる環境に身を置き誰にも負けないスピード感を持って成長することで、自身の価値を高めていきたい。 2つ目は「チームで1つの目標を目指す仕事」である。これまでの人生を振り返ると、サッカー部の部長を務めるなど先頭に立つことが多かった。それは、人々をまとめて期待を超えるような成果を出すことに強いやりがいを感じたからである。これからも自身のリーダーシップによって、チームで最大のアウトプットを目指し奮闘していきたい。 3つ目は「多様な業界の人と関わり、幅広い知識や価値観を吸収できる」である。現代の社会は凄まじい速さで変化していると聞く。そのような社会の中で、自分の可能性を狭めず様々な視点を持つことで、人々が求める新しい価値を生み出せる人になりたい。

あなたがこれまでに経験した失敗を一つ選び、それをどう乗り越え、何を学んだか記述してください。

失敗の経験から学んだことに、「現場に寄り添うことが最強のリーダーシップ」ということがある。 私は東進ハイスクールでアルバイトとして勤務し、2年目から大学生スタッフをまとめるリーダーを務めた。就任当時、校舎収益は過去最低の水準であり、リーダーとして大学生スタッフの学習指導を改善し学習量を増やすことで収益の改善を図ることが求められた。スタッフ間での指導の質の差が原因であると考えた私は、指導の体系化に注力した。具体的には、科目ごとの指導方針を統一して、各スタッフの担当生徒の学習量を可視化することによって競争を促し、指導の徹底を図った。しかし、2か月が過ぎても大幅な数値改善は見られなかった。そこで、

アクセンチュア 2018卒,デジタルコンサルタント内定者エントリーシート

どのような軸で就職活動を行っていますか。(400文字以下)

私の就職活動の軸は3つあります。
1つ目は、「ITの力を駆使できること」です。私は社会を豊かにし続けているITに憧れ、情報工学を専攻としています。将来も、ITで社会貢献出来る仕事に就きたいという想いが強いです。
2つ目は、「キャリアの選択肢が広いこと」です。私は、特定職種の専門性を深めた上で、その専門性を他職種にも活かせる、広く深い知見を持つビジネスマンを目指したいです。
3つ目は、「チームワークが重要なこと」です。私は音楽活動の中で、立場や考え方が違う人々と意見をぶつかり合わせ、より良い音楽作り、バンド活動を目指し続けています。一人では決して得られない知見から、チームで高い目標を達成することは、困難ながらもやりがいに溢れています。以上3軸を挙げましたが、IT領域が業界屈指の強さで、柔軟なジョブチェンジ制度を有し、仲間や顧客と手を組んで高い成果を目指せる貴社は、全ての軸を満たしており魅力的です。

「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、 その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。(600文字以下)

「チャレンジに、手加減をしない」です。このDNAに共感することを象徴する経験として、「データを駆使した音楽ライブ」があります。私は、大学でジャズ軽音楽部に所属しております。当部活では、年に1度の定期演奏会のを開催しておりますが、客数は例年40人以下に留まり、年齢層も高く偏っていました。そこで私は、客数の増加および年齢層の拡大にチャレンジしたいと考え、計10回にわたる野外宣伝ライブを企画しました。野外ライブは、人通りの多い神戸ハーバーランドの公園で行った為、多くのお客様が耳を傾けてくれました。しかし私は、本当にこれで良いのか、お客様が聴きたい音楽を届けられているのかと自問自答しました。私は、今の状況に甘んじることなく、得られる情報を徹底的に分析してより良い演奏を目指すべきだと考えました。そこで部員に協力を求め、各曲に対するお客様の表情や拍手の大きさのdB数などを、年齢層別に事細かに記録しました。データをExcelにまとめて部員ミーティングで情報共有した所、人気あるいは不人気な演奏部分が浮き彫りになってきました。データを活かしてバンドメンバーと曲目や構成を議論し、翌日程の演奏内容を工夫し続けました。特に、年代別のHit曲のアレンジ演奏が人気と判明したので、積極的に取り入れました。取り組みの結果、次第に客数は増えて宣伝も捗り、本番の演奏会では100人近くのお客様の動員を果たしました。

あなたがアクセンチュアというプラットフォームを生かして実現したいことを記述してください。(600文字以下)

私がアクセンチュアで実現したいことは、「世界一と呼ばれる日本の製造企業を増やすこと」です 。日本の製造業の凋落が嘆かれ始めてから久しいですが、私は、日本製品は未だに世界一だと考えています。その品質の高さ、配慮の行き届いた機能性やデザイン性は、日本人にしか出せません。そんな高い技術、優れたノウハウを有している日本の製造業の可能性を、コンサルティングの力で引き出したいと考えています。具体的には、デジタルの力を活用して、技術やノウハウの可視化、社内外のニーズの追求、部署や企業間の連携を助けるシステム作りなどを通じ、イノベーションを起こす手助けが出来ればと考えています。数あるコンサルティングファームの中でも貴社がプラットフォームとして最適だと考える理由は2つあります。1つ目は、プロジェクト制を採用しており、部署を超えた連携に優れていることです。特定の部署だけでは生み出せないソリューションも、貴社の規模の大きさや世界的ネットワークを生かせば、成し得ると考えます。多様なバックグラウンドを持つチームで、

アクセンチュア 2018卒,ソリューションエンジニア職内定者エントリーシート

どのような軸で就職活動を行っていますか。(400文字以下)

【①企業の新しい挑戦に携われる・②誰かと協力しチームで戦える】
私は上記の2つを就職活動の軸にしている。理由は、この2つの軸を持つ仕事に私は大きなやりがいを感じるからだ。私は留学先のアメリカの大学で10チームからなるビジネスコンテストに参加し、3人のチームメイトとともに優勝を目指して「女性アスリートにぴったり合うジーンズ」の販売企画を行った。①まず、アメリカに存在しない新商品を作り出し、8人の方に実際にジーンズを販売し、喜んでもらえたことで「新しいことへ挑戦する意義とやりがい」を感じた。②さらに、アスリートの生活の質の改善を目指し、価値観の異なるチームメイト・関係者の想いを一つにすることで、チームは優勝することができ、「一体感と達成感」を得た。こうした経験から、私は将来仕事においても常に新しい事業に挑戦し、様々な人や事業会社と一体となって目標を達成できるような仕事がしたいと考えている。

「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。

【自分も会社も世の中までも、変えたいと望む】
私は、上記の未来の貴社に必要なDNAに共感する。理由は、人に役立つために変革を起こした行動⑴⑵に一致しているからだ。 ⑴私は留学時に、日本人学生の英語学習環境が不十分という問題意識から、英語で日本文化を伝えるサークルを設立した。私は過去の経験から、「2週に1度のネイティヴに対する発表」を目標に日本人学生6人の学習を支援した。しかし、時間の経過とともに観客の参加者数が2,3人になり、緊張感のある会の存続が難しくなった。そこで私は、告知の拡大とともにメンバーと発表内容の詳細な設定を行い、観客を飽きさせない内容作りを徹底した。結果、毎回10人以上の参加者を集め、発表の機会を確保することができた。
⑵私は大学三年次に、4人の共著者と新規企業数の減少についての論文を執筆した。私は学部生とはいえ、論文で「先行研究にはない示唆を得ること」で、新規企業の内包する問題の解決に一石を投じたいと考えた。そこで、私は新たな発見をするために、データの分析量を増やすことを考えた。そこで、私は450ページある教科書を一週間で読み込み、早急に統計ソフトの習得を行なった。そして、

アクセンチュア 2018卒,ビジネスコンサルタント職内定者エントリーシート

どのような軸で就職活動を行っていますか。400文字以下

私の人生目標は紛争のない世界を実現することであり、そのための準備ができるかどうかを軸に据えている。具体的には以下の3つの環境の有無だ。【世界を舞台とした多様かつグローバルな環境】上記目標の実現方法はまだ模索中である。むしろ社会経験のない私がいきなり選択肢を絞ることは危険だとさえ考える。それゆえ、まずは世界の様々な業界や動向を俯瞰できる職業に就き、国連や起業など様々な選択肢を検討したい。【ボトムアップな環境】人も組織も、変化を止めた時点で終わりだと考える。変化しないものなど社会に存在しないからだ。今の常識が10年後も常識とは限らない。立場に関係なく主張できる環境があれば多様性が生まれ、組織の変化や活性化につながる。【短期スパンで能力が身につく環境】人生目標から逆算すると、ファーストキャリアに費やすことのできる期間は5年である。5年で次のステップへの能力を養いたい。以上が私の就職活動の軸だ。

「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選び、 その理由をご自身の経験をふまえて記述してください。400文字以上600文字以下

私は「背伸びをしてでも目標に手を伸ばさずにはいられない」に最も共感を覚えた。私の過去を振り返ると、常に身の丈以上の目標を設定していたからだ。私は高校ではどうしようもない落ちこぼれだった。こんな自分にと思いながらも、日本の犯罪を減らすという夢を抱いていた。当時の私は日本をよりよい社会にすることだ

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ