アクセンチュア【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

アクセンチュアの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

アクセンチュア株式会社は総合ファームの外資系大手コンサルティング会社です。
IT分野に強く、戦略策定だけでなく運用までのコンサルティング、アウトソーシングを行っています。多業種の大企業と協業し多くの実績をあげています。
日本での設立は1995年で、従業員数は約9,000名(2017年8月末現在)です。
グローバル・グループでは世界55カ国、200都市以上の拠点を持ち、従業員数約42万5000人の規模のグローバル企業です。

内定者のES一覧

エントリーシート&本選考レポート

アクセンチュア 2015卒,SE内定者エントリーシート

■「未来のアクセンチュアに必要なDNA」で最も共感しているものは何ですかまた、その理由を記述してください(400文字以上600文字以内)

私は「自分も、会社も、世の中さえも変えたいと望む」に最も共感をした。その理由は、変化に強い組織の実現の為に最も必要であるからだ。現在、急激な社会構造の変化により未来が全く想像出来ないと言われている。その時代で必要とされるものは、変化に強い組織、変化を恐れない組織だと考える。これらを作るためには、変化を察知し、それを周りに向けて実行する人材が不可欠だと考える。組織に変化を起こすことは、大変難しいことだ。それは未来の不確実性、周りに変化を起こすことの困難の2つの理由がある。未来の不確実性とは、そもそも変化をすることが最も良いのかわからず、またその変化が正しいのかすらわからないことだ。不確実な未来に対して周りに変化を起こさせるには、その変化は必要だと信じ、周りに反対されても実行する強い意思が必要になる。次に、周りに変化を起こす事の困難だ。組織やシステムを変化させることは大変な苦労と長い慣れの時間を要する。それらを前にし、人は尻込みをしがちだ。変化しない方が長い時間の業務が楽になるからだ。しかし、環境の変化に対応するためには、変化をしなければならない。そこで最も必要となるのは、強い意志を持ち変化の為に周りを巻き込み、周りの人間、システムを変化させる人材だ。自分の知識、経験を信じ、リスクを取り、変化を起こすことが出来る意思が必要である。

■あなたが過去にチャレンジしたことの中で直面した最大の困難は何ですか?
また、それに対してあなたが何を考え、どう対処したか、その経験が今どのように活かされているかについて記述してください。
ご自身の夢や目標を交えて、具体的に記述してください。 (400文字以上600文字以内)

人生で最も大きなチャレンジはサブゼミを創設したことだ。総勢30人のゼミナールで、組織全体で学習することを促進、先輩と後輩の繋がりの強化のために単位の出ないサブゼミを創設し、先頭に立ち運営を行った。創設時は自分の同期の賛同を得られない事が困難だった。同期の学生にとっては、サブゼミは同じ内容をもう一度やること、また単位にもならないので参加する理由はなかった。しかし基礎理論は理解していても、暗記出来ていないと考えた私はサブゼミの重要性を感じていた。説得するときに気をつけたことはゼミ生の中心のメンバーから徐々に行うことだ。初めは自身の問題意識を抱いている人や後輩への問題意識を抱いている人を中心に説得を行った。また、最後には先生にも手伝って頂き、授業の内容が学生にとって必要なものであることを説得した。また、運営をする上では、先輩も後輩もたのしく学習をする事に力を注いだ。具体的には授業の形式を5人単位の小さいグループでの学習にし、内容を問題演習中心にすることで現実の問題との繋がりを明確に意識出来るよう工夫をした。その結果、後輩からサブゼミを後半の学期でも開催して欲しいとの要望を多くもらうことも出来た。この経験から「自分で考えれば楽しく学べる」、「一人で全員を巻き込まない」事を学んだ。別の長期インターンシップでも、楽しく学ぶためにグループで行う質問会議という手法を導入し、成功を収めることが出来た。

■アクセンチュアでどのようなSEとして活躍したいと考えているか、ご自身のキャリアビジョンを含めてご記入ください。(400文字以上600文字以内)

お客様に一番近いSEにとして活躍したい。大学時代のゼミの改革経験、インターン経験を活かし技術がわかるお客様のアドバイザーとしての立ち位置で活動したいと考えている。アドバイザーとはお客様の技術的な問題を質問によって引き出し、それを解決することだ。専門的なITを技術が求められる現代で、プログラミングの経験がある人と、そうでない人では質問、解決策の深さが異なると考えている。SEとしての技術を持ちながらもビジネスの相談にも乗ることが出来る、そのようなマルチなSEを目指したい。その為には、初期の5年で1人前のSEとなれるよう努力したい。一人前のSEとは、自分の専門分野を持ちつつもお客様の課題に対してアプローチをすることが出来る人間である。その為に、お客様と触れ合うこと、プログラミングスキルだけでなく学術的な知識の取得が必要と考えている。まずは、内定後すぐに、現在関わるITはベンチャー企業においてプログラミングを初め、サーバーの構築を経験したい。その後入社研修後も土日の時間を利用して実践的な部分だけではなく、論文などの学術的な部分を把握し、自分の能力を高めていきたいと考えている。その中で自分の専門分野を身につけ、5年後には一つの技術を極めたいと考えている。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 まだまだ18卒の秋採用などのエントリー締切もありますし、19卒も外資系などの早い企業はエントリー受付開...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインターン等...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必見で...

続きを読む