野村不動産アーバンネット【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

野村不動産アーバンネットの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

野村不動産アーバンネット株式会社は野村不動産ホールディングスに属する不動産売買仲介4位(2016年現在)の企業です。
強みは高いブランド力で事業を行えること、野村不動産グループ内で連携することでカスタマーリレーションを強化し高い顧客満足度を得ることができることです。
設立は2000年で、従業員数は1,388名(2017年4月1日現在)です。

内定者のES一覧

野村不動産

野村不動産アーバンネット 総合職エントリーシート

業界および企業を選ぶ際に重要視していること・指針としていることを教えてください。

私は現在、3つの軸で就職活動を行っている。それは①社会貢献度の高い仕事である②責任感を持って仕事ができる③働いている人に共感できるということである。 なぜなら私は、難しいことをやり遂げ、たくさんの人に影響力を与えるときにやりがいを感じるからである。そのため、学部のイベントの集客等で辛い業務があっても楽しみながら最後までやり遂げることができる。以上の3点を満たすことができる環境があるということを重要視している。

不動産業界を志望している理由を教えてください。

私が不動産業界で働きたいと思う理由は、不動産というものを通じて、多くの人に笑顔を届けたいからである。また、私の就活の軸と一致しているからである。不動産はすべての人にとって必要不可欠なものである。そのため、不動産を扱う業界は、大きな信頼と多大な責任を負わなくてはいけないと感じた。その中で、私自身にも付加価値をつけてお客様に商品を提供できる不動産流通業界を特に志望している。

学生時代に力を入れて取り組んだことに関し、具体的に工夫した点などを交えて、エピソードをお聞かせください。

「競争制度導入によって授業満足度向上」
私は大学の専門科目である論理思考とリーダーシップを並行して学ぶ参加型授業のスチューデントアシスタント(SA)に力を注いだ。 SAは1クラスに1人ずつおり、教員との授業運営だけでなく、教壇に立ち、受講生に教える役割がある。私はそこで、受講生の満足度を過去最大にするという目標を設定した。その目標を達成するため、他のクラスのSA全員も巻き込んで対策チームを作り、リーダーとして活動した。授業でのヒアリング調査より、受講生の学ぶ意欲の低下が見て取れたため、授業での競争制度の導入を提案した。当初はなかなか教員に受け入れてもらえず、挫折しそうになった。しかし、教授やメンバーにこの制度の重要性を示したり、実際に試験導入をして効果を示したりすることによって提案した授業を実現化させることができた。また、学期末の授業評価アンケートの全項目で満足度が向上し、私の行動が成果となって表れた。

あなたの長所・短所について、簡潔に教えてください。

私の長所は、設定した目標を達成するために諦めず努力できる粘り強さである。どんな困難な状況があっても決して諦めず、どうすれば目標を達成することができるかを考えながら行動している。長期インターンをしている時に高い目標を与えられたが、メンバーと協力し最後まで諦めずに取り組み成果を出すことができた。
短所は、心配性なところである。何度も確認してしまう癖があるため、時間がかかることがしばしばある。それを改善するために、タスクを書き出し、1つずつ不安をなくすことで業務の効率化を図っている。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ