JCRファーマ【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

JCRファーマ株式会社内定者のエントリーシート

JCRファーマ 2019卒,臨床開発職エントリーシート

特技・趣味・サークル活動・アルバイトなど(500)

趣味:イラストロジックというパズルゲームを行うことです。これは、当てはまるマスをコツコツ塗りつぶすことで最終的に1つの絵が完成するパズルゲームです。時間をかけて取り組んだ末、完成したときの達成感が非常に大きいため、時間を忘れて没頭していることが多いです。 特技:バレーボールと水泳を行うことです。いずれも過去に6年間継続して行っていたため、現在でも最も得意なスポーツです。またバレーボールや水泳に限らず、幼少期から継続してスポーツを行ってきたため、運動神経や瞬発力、筋力には自信があります。 サークル活動:部員数約60人の合唱サークルに4年間所属していました。経験者が多数を占める中、初心者の私は、日々の通学時間を使ってイメージトレーニングを繰り返し、最終公演のソロ候補の3人になるまで技量を高めることができました。 アルバイト:百貨店での接客販売業務を4年半、球場の清掃業務を3年半行っています。どちらのアルバイトでもアルバイトリーダーとして新人の教育を任されることが多く、業務を教える順番や、業務を実際に行ってもらうタイミングを変えながらその人に最も効率よく業務を覚えてもらうように配慮しています。

大学・大学院における研究またはゼミの内容(1000)

「研究背景・目的」神経変性疾患は、神経細胞が欠落することで、認知や運動の機能に障害をもたらす病気で、発症のメカニズムがわかっていないものが多くあります。しかし近年の研究において、小胞体という細胞小器官で起こるエラーが原因で発症するものが報告されています。本研究ではそのような神経変性疾患の中で、ペリツェウス・メルツバッハー病(PMD)、シャルコー・マリー・トゥース病 (CMT)、および筋萎縮性側索硬化症(ALS)の 3 疾患に注目し、発症における分子メカニズムの解明を研究目的としました。「方法・結果」実験動物には、ヒトと同様の小胞体エラー修復機構を持つメダカを用いました。現在、神経変性疾患のモデル個体を作出するために、PMD・CMT・ALS それぞれの原因遺伝子に変異が導入された病態メダカの作出を行っています。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ