ハウス食品【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

ハウス食品株式会社内定者のエントリーシート

ハウス食品 2020卒,総合職内定者エントリーシート1

あなたがハウス食品を志望する理由を教えて下さい。

私は食を通じて家庭に美味しさと幸せを届けるような仕事がしたいと考えています。一人暮らしを始めてからごはんを作るようになり、食事がくれる喜びと、健康への影響を強く実感しました。そのため、美味しさだけでなく健康まで考えた商品を提供したいと考えています。そこで貴社は料理とお菓子両方の商品によってお客様の健やかな身体作りと食べる楽しさを提供しており、私の目指す仕事ができるのではないかと考えました。また、私はこくまろカレーなど貴社の商品への愛着があります。そこでもっと沢山の人に良さを知ってもらいたいと考え、時代に合わせた変化への挑戦を大切にする貴社でなら活躍できるのではないかと思い志望しました。

あなたがいつも大切にしている『モットー』を教えて下さい。またそれはどの様な経験から培われたものか教えて下さい。

私は前進することを大切にしています。 学生団体で活動していた時に、一年目で目標を達成できず悔しい思いをしました。これについて目標に対する計画が不明確だったことと、自己効力感を持てなかったことが、やる気の低下を導いたのだと考えました。そこで、次年度はリーダーに立候補し同じ想いのメンバーとチームを組みました。まず、真っ先に長期の目標を立て、

ハウス食品 2020卒,研究職内定者エントリーシート2

ご自身の研究内容について分かりやすく説明してください。(※未決定の方は興味のあることをご記入ください)300文字以下

国産カボチャを低温で3か月以上貯蔵する技術を研究します。現在、国内産カボチャの端境期には、外国産が輸入され、国内生産量の約40%に達しています。一方、国産カボチャの周年供給に対しては、国産志向や農業者の所得向上に応えるため、高まっています。しかし、現在の貯蔵技術では、果皮の黄化等の問題から貯蔵可能期間が1か月程度で、2~4月の端境期出荷が困難です。4年時の実験から、果皮の黄化抑制には3℃での貯蔵が有効でしたが、低温障害(果皮の陥没による腐敗)が発生しました。そこで、低温障害の抑制を目的に、貯蔵温度を段階的に下げ、果実に低温耐性を付与させる「コンディショニング処理」について研究します。

あなたがハウス食品を志望する理由を教えて下さい。

おいしさ、健康、栄養、豊かさを実現する商品創造に魅力を感じます。農学を通じて食とは動植物すべてに共通する生きるための営みであり人においては心の栄養補給も担っていると感じました。物質的に豊かになった現在においてはその意味合いが強くなっていると感じます。 私の家では、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ