アマダホールディングス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

アマダ

アマダホールディングス 経営企画エントリーシート

あなたが最も誇れること、あるいは自信のあることは何ですか。

お客様の要望に応えることに誇りを持っています。人のために行動し、感謝されることにやりがいを感じているため、人を思いやることを日々心がけています。ケーキ販売店のアルバイト先でも、お客様のために何ができるかを考え続けました。特に注力していることは、お客様が本当は何を求めているのかを会話の中で引きだすことです。なぜなら、お客様に買う前と買った後で、なるべくギャップを感じさせたくないからです。その中で、女の子の孫を持つ年配のお客様に、当初お客様が購入しようとしていた紅茶のシフォンケーキではなく、苺のショートケーキをおすすめした経験があります。お客様との会話を交わしているうちに、お孫様の好物が苺であることが分かり、ショートケーキの方がお客様の要望に合っていると気づいたためです。ただ人気の高いケーキを提案するのではなく、お客様のお話を聞いて、お客様にとって最適と考えられるケーキを提案しました。お客様は「孫が喜んでくれそうな商品だ」と喜び、商品を購入していただきました。後日お客様に感謝の言葉をいただきました。このお客様の言葉から、自分のお客様を思う行動が、お客様の要望を的確に答えたことを身を以て感じました。そして、この経験から、アルバイト先においてお客様の要望に的確に応えることに自信を持つようになりました。貴社に入社できたら、お客様にとって最適な提案をしていきたいと考えています。

何かに新しくチャレンジした経験についてその背景と、あなたが考え、実行したことを教えてください。

新しく挑戦したことはその日の商品の売れ残りを減らすことです。なぜなら、アルバイトの身分でも、少しでも売り上げに貢献してみたいという思いがあったためです。ある日、売れ残り閉店1時間前に8000円分売れ残りがでる見込みの日がありました。店舗では通常4000円分売れ残ると、売上に影響を及ぼすと考えられているので、その倍額の8000円は多大な損失につながる状況でした。そこで私は、通常とは異なる工夫が必要だと考え、その日のアルバイト先のメンバーを招集し、話し合いをしました。そこで出た結論である2点を主に行いました。1つ目は、ショーケース内の配置を工夫して、特に売りたい商品がお客様の目に付きやすいように変えました。2つ目は、割引をしました。割引したことを少しでも多くのお客様に知ってもらうため、店頭での呼び込みを増やしました。この2点を徹底した結果、「美味しそうなケーキが安くなっている」とお客様の目に留まり、購入してもらえることが増えました。そして、売れ残りが8000円分あった状態から0にすることができました。このことは、店舗の損失防止に大いに貢献できたと考え、やりがいを感じました。困難な状況でしたが、臨機応変に対応したからこそ、売れ残りをなくせたと思っています。社会に出ると困難な課題があると思いますが、柔軟に行動していくことで、解決していきたいと考えています。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 19卒の就活ももう始まっています!早い企業は20卒も動き始めるかも!? 就活の採用選考への最初のステ...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
19卒・20卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2018年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。大学3年生・4年生対象の短期インターンや就活内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインター...

続きを読む
大学生は1年生・2年生もインターンシップに行こう!

「インターンシップは大学3年生が就活のために行くもの」と考えていませんか? 確かに日本の大学生の多くは、大学3年生(あるいは修士1年生)になって周りが「就職活動」を意識する雰囲気にな...

続きを読む