【インターン生ブログ】私が見たレンズ越しの景色|株式会社SYNTH

皆さま、こんにちは!

大阪・堂島・淀屋橋・北浜サービスオフィスSYNTH(シンス)です。

最近はコートが要らない日もあり、だんだんと春の陽気が感じられるようになりました。
変わってしまったものも沢山ある中で、季節の流れを慈しむ私たちの心はいつの世も変わらないものですね。

さて今回は、私が日常で見た景色から、私自身が感じたことを写真を添えて綴ってみたいと思います。
この日は特に青空が綺麗な日だったので、SYNTH(シンス)のラウンジから見えた景色をお届けします。

「変化」と「不変」

私が写真の景色から感じたことは「変化」と「不変」です。
新しい建造物の建設作業が進められている頭上では、
それと相反するかのようにどの時代においても変わらない青空が広がっています。

日々何か創造され、消えていく、生まれ変わりのサイクルが目まぐるしい今の世ですが
少し意識して世界を見てみれば、そんな日常のなかに潜む変わらないものの存在に気づくことができるはずです。
コロナ渦だからこそ、そんな些細な「あたりまえ」の尊さを実感すると同時に、
「あたりまえ」の軌跡に感謝しようと思いました。

以上、大阪・堂島・淀屋橋・北浜サービスオフィスSYNTH(シンス)ブログでした!
次回のSYNTH(シンス)ブログもお楽しみに♪


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社SYNTHの他の記事