儲かる?大学生がアフィリエイトをやる時のポイント

大学生になってバイトを始めたものの、「出勤するのが面倒くさい……、家でお金が稼げたらいいのに」と思い、アフィリエイトを始めようとしていませんか?実際のところ、大学生はアフィリエイターとして稼ぐことはできるのでしょうか。

儲かる?大学生がアフィリエイトをやる時のポイント
目次

アフィリエイトとは

アフィリエイトに対して、「楽して稼げる」「なんだか怪しそう」という、漠然としたイメージしかない人も多いかと思います。アフィリエイトとは、簡単に言えば、自分のサイトやブログを運用して、そこに広告をのせることでお金を稼ぐ仕組みのことです。

あなたのブログを見た人が、そこに張り付けられている広告をクリックし、商品やサービスが売れたら、あなたにお金が入ってくるんです。

アフィリエイトで稼ぐ仕組み

アフィリエイトでお金を稼ぐには、ASPを利用します。ASPとは広告先を探している企業と、アフィリエイターをつなげるサービス。アフィリエイターはASPを使ってどの商品を扱うか決め、ブログやサイトに広告記事を書きます。
それを見た読者がその商品を欲しいと思って広告をクリックし、購入すると、アフィリエイターのところにお金が入ってくるんです。金額はさまざまですが、例えば化粧水が一つ売れたら1000円のバックがあるとすると、10個売れたら1万円、100個売れれば10万円の収入になります。
1記事書いて100個売れれば、時給換算するとアルバイトの何倍もの収入を得られるのです。また、一度記事を書いてしまえばその後はただ掲載しておくだけで、何もしなくてもお金が入ってくるんですね。

大学生がアフィリエイターとして稼げるのか

大学生は、アフィリエイターとして稼ぐことはできるのでしょうか。結論から言えば、可能です。社会人よりも圧倒的に時間があるので、どんどん記事を作成することができます。

必要なのはPCだけ。慣れるまではアルバイトをした方がよっぽど稼げるのでそこであきらめてしまう人がほとんどですが、根気さえあればある程度の収入は確保できるでしょう。

大学生がアフィリエイトを始めるときの注意

大学生がアフィリエイトを始める時、気をつけたいポイントがあります。

本業の学業をおろそかにしない

アフィリエイトを本気でやればやるほど、そこにかける時間が長くなります。でも、大学生の本業はあくまで勉強ですよね。アフィリエイトである程度稼げるようになってくるとどんどんのめり込んでしまって、授業やテスト、レポート提出などをおろそかにする人も出てきます。

飲食店やショップスタッフなどその他のバイトをするのと同じように、まずは大学に行って、単位をとるため勉強をこなし、空いた時間でアフィリエイトをやるという優先順位をしっかり意識してください。

アフィリエイトだけの生活に陥らない

最低限大学には行って、あとは全てアフィリエイトをしているという生活も考え物です。収入を確保するという点では問題ないかもしれませんが、人間的成長が見込めないのが難点です。

また、そうした大学生活をしていると就活の時にも苦労します。何年もアフィリエイトだけをやっていたとなると根気強さはアピールできるかもしれませんが、コミュニケーション能力が危険視されたり、好奇心がないと判断されたりといったリスクがあります。

周りの就活生がサークルやバイト、旅行やインターンといった多様な経験を積んでいる中で、アフィリエイトだけを強みに選考を勝ち抜いていくのはなかなか難しいでしょう。

アルバイトも経験しておく

アフィリエイトがここまで定着したのは、ここ十数年のこと。選考が進んだ頃に面接官となるベテラン世代のなかには、アフィリエイトについてしっかりと理解していない方もいます。そのとき、自分がアフィリエイトをどのようにやってきて、そこから何を得たのかを理解してもらうのは至難の業。

また企業側は、一般的なアルバイトを通して、労働を経験した大学生を採りたいと思っていることも。ですから、週1、2日程度でもいいのでアフィリエイトと平行してアルバイトをしておくことをおすすめします。

信頼性の低い言葉に騙されない

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、手間と時間ばかりかかって、なかなか成果が出ません。何時間もかけてサイトを構築し、記事を書いたのに、たった300円しか儲からないこともザラにあります。そんな時「誰でもアフィリエイトで100万円稼げる!」なんていう文言を見たら、惹かれてしまうかもしれません。

しかし、そうした信頼性の低い言葉に騙されないように注意しましょう。「10万円のこの講座を受ければ、来月の収入は10倍になります」「登録料5万円のこのメルマガさえ読めば、永久に稼げるアフィリエイターになります」といった広告の信頼度は、ほぼ0と言っても過言ではありません。アフィリエイトに近道はありませんので、地道にコツコツと作業を続けましょう。

アフィリエイトで稼ぐコツ

アフィリエイトで稼ぐには、どうすればいいのでしょうか。

検索結果の上位に表示されるには

自分の作ったサイトが検索結果の上位に表示されれば、それだけ多くの人に見てもらえる可能性が高まります。どのサイトが上位表示されるのかは「検索アルゴリズム」により決定します。

以前は「そのサイトのURLがどれだけ多くのサイトでリンクされているか」に左右されるところが大きかったのですが、その対策のため無意味にリンクを貼るだけのページが増えてしまったことから、以前ほど被リンクは重要視されていません。

代わりに、コンテンツの充実度が重視されています。読者が知りたいと思った情報が、網羅的に書かれているのか。正確な情報が掲載されているのか。一定量以上のテキストがあるのかなどによって、総合的に判断されているよう。アルゴリズムは定期的に変わり、その内容は明らかにされません。ですのでまずは自分が扱いたい商材に関するキーワードを打ち込んで検索し、上位表示されているサイトがどのような傾向なのかを研究するといいでしょう。

読みやすい文章を書く

いくらたくさんの人が訪れるサイトでも、広告から商品が売れなければ何の意味もありません。だから、読者がその商品を買いたくなるような記事を書くことが必須です。商品が売れる記事のコツは山ほどありますが、すべて「読みやすい文章である」ことが前提です。

どんなに内容が面白くても誤字脱字だらけでは読む気が失せてしまいますし、意味が通らない文章だとそもそも理解してもらえません。一度記事を書いたら少し時間を置いて、自分で読み直すという当たり前の工程を大切にしましょう。

ASPを知る

ASPには、色々な種類があります。それぞれ広告主数や得意分野が違うので、自分が扱いたい商材によってASPを変えるといいでしょう。多すぎてどれがいいかわからない方は、A8.netとValue Commerceがおすすめ。

A8.netは国内最大のASPで、広告主は6000ほど。扱う商材のジャンルも多く、様々な分野を網羅しています。Value CommerceはA8.netについて規模が大きく、国内のASPのなかで最も歴史があります。その他、美容に強いところや1円から支払い可能なところなど、多種多様なASPが存在しています。

適切なジャンルを選ぶ

世の中にある、ありとあらゆる商品やサービスの中から、どれを選ぶかは難しいですね。基本的には、自分が得意としているものを選んでください。県外に出たことがないのに旅行系商材を扱ったり、見た目には無頓着なのに美容系商材を扱うことも、もちろん不可能ではありません。

しかし下地がないとその分記事を書くためのリサーチも大変になりますし、なにより記事を書いていてつまらないのがネックです。アフィリエイトは一記事書けば必ず収入になるわけではないので、コツコツと書き続ける必要があります。だからこそ、自分が好き・よくわかるものを選んだ方が継続できるでしょう。

最後に

今回は、大学生のアフィリエイトについてご紹介しました。アフィリエイトで稼げるようになれば、毎日出勤したり、人間関係で煩わしい思いをしなくてすみます。しかしアフィリエイトだけに打ち込むのではなく、あくまでアルバイトの一種としてとらえることが大切です。


この記事を書いた人
るーこ画像
るーこ
大阪の大学を卒業した後、営業と人事部を経験。個人で就活相談に乗る活動もしている。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ