SPI,WEBテストには種類がある!!

多くの人は 『筆記試験対策=SPI対策』 と勘違いしております。
SPI
大手企業のほとんどは採用試験を自社で制作しているのではなく 専門の制作会社に外注しております。
そのため、A社とB社はほぼ同じ問題形式だった!!!
ということがよく起こります。

その一つの例がリクルート社製の『SPI』です。
SPIは主にマークシート形式とWEBテスト形式(WEBテスティングサービス)とテストセンター の3つありそれぞれの対策が必要とされます。
しかし、SPIは多くの学生が意識しているテストですが、 人事部が外注しているテストのシェアは100%ではありません。
筆記試験を受けてSPIだった割合はせいぜい20%といったところでしょうか?

実はSPIとほぼ同等のテストシェアを誇り学生の認知度が極めて低いテスト があるのをご存じでしょうか?
それはSHL社の『玉手箱(旧CAB,GAB)』です。
そしてその次にシェアの大きいテストは ヒューマネージ社の『TG-WEB』です。

WEBテストを受けてください!という人事からのメールが来たらSPIではない可能性がむしろ高いです。
この2つのテストはSPIとはまったく問題傾向が違いますので要注意です。


この記事を書いた人
照井彬就画像
照井彬就
岩手県
『WEBテスト.JP』というサイトを企画し運営。
サイト売却後、独立。現在SPI対策問題の作成
や採用試験等を制作している。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
どんな資格を取ればいい?就活に役立つ3つの資格

採用の世界では、「資格なんて取っても意味ない」と、よく言われています。実際、「この資格を持っているから採用する」というのは、ごく一部の超難関国家資格のみ。 そんなに採用を左右するものではあ...

続きを読む
どうやって選ぶ?参加するインターンシップの選び方

インターンシップに参加することを決めても、どこにいくかを決められない時もあるでしょう。そのような時には、どうしたら良いでしょうか? 友達に聞いてみる 就職などを考える...

続きを読む
就活でのコートの選び方や置き方にもマナーがあった!

寒い冬に就職活動でスーツを着ているとき、コートを羽織りたくなりますよね。 「スーツの上にコートを羽織りたいけど、どんなコートを選べばよいかわからない!」 「面接のときコートってどうすれば...

続きを読む