免許合宿は一人だと恥ずかしい?一人で行く際の注意点

通学するよりも短期間&低価格で車の免許が取得できることで人気の免許合宿。友達と複数で参加するイメージの強い免許合宿ですが、友達とスケジュールが合わないから、一人のほうが気楽だからなどの理由で、一人で参加することを検討している方もいると思います。

でも、一人で参加することについて、友達がいないと思われそう…、一人ぼっちになって孤独を感じそう…、女性一人だとセキュリティ面が心配…、など不安に感じることもあるのではないでしょうか?

実際に、一人で参加すると恥ずかしい思いをするのかといったことから、免許合宿に一人で参加する際の注意点や、女性一人でも安心して参加するためのポイントを紹介します。

免許合宿は一人だと恥ずかしい?一人で行く際の注意点
目次

一人参加の人は意外と多いので恥ずかしくない!

友達と一緒に参加するイメージの強い免許合宿ですが、実は一人で参加している人が意外と多いのが実情なようです。教習所によっては、一人で参加している人が半数以上を占めるというところもあるほど、一人で参加するケースは珍しくありません。

実際に免許合宿に一人で行ってみると、ほかの一人参加者と、お互い一人という共通点から話が弾んで仲良くなることもあるそうです。一人でいると他の参加者が話しかけやすいので、新しい出会いに恵まれるというメリットがありそうです。

一人で行く際の注意点

とはいえ一人で参加する際は、すぐに頼れる友達がそばにいないので事前に下調べをして困らないようにしておきたいものです。一人で参加するときに注意したい点を紹介します。

相部屋にするか一人部屋にするか、きちんと考えよう

免許合宿に参加している期間は、必然的に宿泊施設にいる時間が長くなります。
慣れない運転で疲れた上に、部屋でゆっくりできないとなるとストレスがかかります。免許合宿に参加するときには、宿泊には注意するようにしましょう。

免許合宿の宿泊施設は、教習所により寮だけでなく、旅館、ホテル、ペンションなど様々な形態があります。部屋も、シングル、ツイン、3人以上の相部屋と、宿泊プランが用意されている場合があります。友達と一緒に参加する場合は同室になるように申し込めばいいのですが、一人参加の時は迷い所になります。

一人で免許合宿に参加するときの、相部屋、一人部屋のメリット・デメリットを紹介します。一般的に寮やペンションの場合は相部屋のことが多く、ホテルの場合は一人部屋が多いです。

・相部屋のメリットとデメリット
相部屋の一番のメリットは料金は安いということですが、初対面の人たちと同じ空間で寝起きしなければなりません。浴室やトイレも共用の場合だと、お互いに気遣いが必要です。

運よく気の合う人と同室になり楽しかった!というケースもありますが、全く違う年代の人や、合わない人と同室になることもあります。相部屋を選ぶときは、ある程度の我慢が必要だと覚悟して選んだほうがよさそうです。

ちなみに、相部屋のクレームで多いのが就寝時のいびきだそうです。知らない人だと注意もできないので、余計に気になりますよね。

・一人部屋のメリットとデメリット
一人部屋のメリットはなんといってもプライバシーが守られることです。寝起きする時間も、トイレや入浴のタイミングなども気を遣う必要はなく、自分のペースで快適に過ごせます。デメリットになるのは、料金が割高なことくらいだと思います。

暇で苦痛にならないためのアイテムを準備しよう

一人で参加する時に、実は大きな問題になるのが暇な時間を持て余してしまうことです。教習が休みの日や、教習の終わった夕方~夜にかけて、ずっと一人だとさすがに退屈してしまいます。

ネットのつながる環境は必須ですが、本やDVDを持ち込んだり、場合によっては資格や語学の勉強に充ててもいいかも知れません。

外出を楽しみたいのなら、教習所の周囲に観光できる場所やショッピングモールがあるところを選ぶとよいと思います。また、教習所の施設に、プールやジム、ゴルフ場やエステなどを備えたところもありますので、空き時間の過ごし方をイメージして、退屈しなそうな所を選びましょう。

体調管理を徹底しよう

一人参加で一番困るのが、熱を出してしまったり、体調不良で寝込むような事態になってしまったりした場合です。教習が受けられなくて合宿期間が長引いてしまうという問題もありますし、体調を崩した時に頼れる相手がいないのは、とても心細いと思います。早めに薬を飲んだり、空き時間に病院に行ったりして悪化させないようにしましょう。

困ったこと、トラブルがあったらすぐに教習所に相談を

同室の参加者と喧嘩して部屋に居づらくなってしまった、ほかの参加者から何度も飲みに誘われ、断ってもしつこくされて困っている、などのトラブルがあったら、すぐ教習所に相談しましょう。
都合がつけば部屋を替えるなどの対処をしてくれると思います。また、風紀を乱す人は退所の処分になるなど教習所ごとに規定がありますので、何らかの対応をしてくれるはずです。一人で悩まず、早めの相談を心がけてください。

女性一人で参加するときに気をつけること

女性一人で参加しようと考えている方は、セキュリティ面など男性に比べて気を付けたほうがいいことが多そうです。

事前に教習所、宿泊施設について情報収集する

女性一人で参加する場合、ガラの悪い人がいて絡まれたりしないか、しつこくナンパしてくる人がいないか、宿泊施設はセキュリティが十分だろうか…、などいろいろな不安があると思います。
そういった心配をしないで免許の取得に専念するためにも、事前にネットなどで情報収集しましょう。悪い評判のところは避けて、宿泊施設は男女で別棟のところや、女性専用フロアがあるところを選びましょう。

女性限定宿泊施設や特典のあるプランを利用する

いまはどこの教習所も参加者を増やすためにいろいろなサービスを設けています。特に女性向けのサービスが充実した宿泊プランを設けているところは女性の参加者が多いと考えられるので、一人で参加するときはそれを基準に選んでもいいかもしれません。

女性専用の宿泊施設が用意されていたり、エステやネイル、ケーキバイキングなどホテルのようなサービスを受けられたりする場合もあるので、安心して宿泊できるうえ、リフレッシュもできそうです。

最後に

免許合宿に一人で参加することで、いつもと違った環境に身を置いて刺激を受けたり、新しい出会いに恵まれたり、メリットも多々ありそうです。でも体調を崩したり、トラブルに遭ったりした時など、すぐに頼れる人がいないというデメリットもあります。

一人参加することのメリット・デメリットを理解し、安心して合宿できそうな施設を備えた教習所を選びましょう。



大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ