仕事・職業にはどんな種類があるの?大卒の主な就職先を紹介

就活をするためには、自分の志望する企業や職種を絞らなければなりません。そのためには、そもそも世の中にどんな仕事があるか知っておく必要があります。

そこで今回は、大卒の主な就職先となっている仕事の種類を一覧としてまとめてみました。ぜひ志望業界や企業を決める時の参考にしてみてくださいね。

 仕事・職業にはどんな種類があるの?大卒の主な就職先を紹介
目次
  • 営業・接客
  • ├法人・個人に商品を売る「営業」
  • └個人のお客様のニーズを満たす「接客」
  • 企画・マーケティング
  • ├新商品を開発する 「企画」
  • └市場を調査・分析する 「マーケティング」
  • クリエイティブ
  • ├文章を生み出す「ライター」「編集」
  • ├見る人に届く空間を作る「デザイナー」
  • ├目と耳で楽しめる「映像・音響制作」
  • └コンピューターシステムを支える「エンジニア」「プログラマー」
  • 専門職
  • ├健康を支える医療系
  • ├成長を促進する教育系
  • └困っている人に寄り添う福祉系
  • 事務職
  • ├企業を支える事務の仕事
  • ├語学力をいかせる事務の仕事
  • └企業の顔となる事務職
  • 自分に向いてる仕事を見つけるには
  • ├自己分析をしてみる
  • ├適性診断や性格テストを参考にしてみる
  • └インターンシップに参加してみる
  • 最後に

営業・接客

法人・個人に商品を売る「営業」

「営業」は企業や団体などの「法人」と「個人」を顧客として、商品・サービスを売り込む仕事です。

法人向け営業では新たに顧客となってくれる企業・個人を獲得する「新規開拓営業」と既存の顧客に新たな商品・サービスを売る「ルート営業」があります。

個人のお客様のニーズを満たす「接客」

個人の顧客のニーズを丁寧に聴き取り、対応するのが「接客」です。接客も営業と同じく、顧客に寄り添い、適切な商品・サービスを提供することが求められます。

大手企業の受付やホテルスタッフ、コンビニのレジスタッフやコールセンターの職員など、顧客と接する仕事では常に接客の技術が必要となります。

企画・マーケティング

新商品を開発する 「企画」

「企画」の主な仕事は、新商品の開発です。新商品は既存の顧客が離れるのを防ぐと共に、新規顧客を獲得するチャンスにもなる企業にとって非常に重要なものです。

自社のブランドイメージや流行などを把握した上で、新商品を開発するためのアイデアを出していきます。予算や製造工程などの制限のある中で、最大限に魅力を引き出した商品を作り上げていくことが必要です。

市場を調査・分析する 「マーケティング」

「マーケティング」では市場の動向を調査し、そのデータを分析することで自社の商品開発や販路拡大などの戦略につなげていきます。

「なんとなく…」という直感ではなく、データから見える結果に基づいて分析していく必要があるため、冷静さや論理的な思考力が求められます。また、最新の情報をキャッチできるよう、アンテナを広く張り巡らせておくことも大切です。

 

クリエイティブ

文章を生み出す「ライター」「編集」

クリエイティブ職の1つが文章を生み出す「ライター」です。本を執筆したり、新聞・雑誌などのメディアに寄稿したりと幅広く活躍しています。最近ではインターネット上のサイトに記事を投稿するWebライターも少なくありません。

また、ライターが書き上げた文章をチェックし、より良いものへと高めていくのが「編集」です。ライターと編集は協力しながら、高品質で多くの人が関心を持ってくれるような作品を作り上げていきます。

見る人に届く空間を作る「デザイナー」

「デザイナー」も代表的なクリエイティブ職の1つです。ひとことにデザイナーと言っても、その種類は実に様々です。

例えば、ポスターや商品パッケージなどをデザインするグラフィックデザイナーや、Webサイトを見やすく魅力的にデザインするWebデザイナー、また流行の最先端を生み出すファッションデザイナーなどが挙げられます。

目と耳で楽しめる「映像・音響制作」

私たちがよく見るテレビ番組やCMなどを作るのが「映像・音響制作」です。映像を制作する際には必要な撮影を行い、そのデータから不要な部分をカットし、テロップを入れるなど見やすく編集します。

また、映像と音声にズレがないように調整したり、BGMや効果音で視聴者の注目をひきつけたりと目と耳で楽しめる動画を作るために日々工夫をこらします。

コンピューターシステムを支える「エンジニア」「プログラマー」

現代ではなくてはならないコンピューターシステム。これを支えるのが「プログラマー」や「エンジニア」といった職業です。

「エンジニア」はシステムやネットワークなどの設計や構築を行います。また、プログラマーはエンジニアから受け取った設計書をもとにプログラミングを行い、機能を実装していきます。

専門職

健康を支える医療系

医療系専門職としては「医師」を中心として「看護師」「薬剤師」など患者の身体に直接働きかけるスタッフが挙げられます。また、患者の身体機能の回復を助ける「理学療法士」や「作業療法士」、また健康な身体づくりを支援する「栄養士」や「保健師」など、医療の現場では実に様々な職業を持つ人が活躍しています。

成長を促進する教育系

教育系専門職と聞くと、まず「教師」が浮かぶのではないでしょうか。教師は子どもたちが将来生きていく上で必要なスキルを教えます。また、保護者と同じように幼い子どもたちを暖かく見守る保育士も専門職です。 さらに、ジムのインストラクターなど成人に対して教えることを仕事としている人もいます。

困っている人に寄り添う福祉系

社会で困っている人たちに寄り添うのが福祉系専門職です。 福祉系専門職としては、障がいを持つ人たちが社会で生きていくための方法を共に考える「社会福祉士」や「精神保健福祉士」、高齢者の心身の健康や生活を支える「介護士」や「ケアマネージャー」などが挙げられます。

事務職

企業を支える事務の仕事

事務職はほとんどの企業で必要とされる仕事なので、活躍の場は幅広いです。経理、人事、総務など、企業の運営を支える部署の事務職が人気です。

一般事務や営業事務なども需要が多い仕事です。様々な作業に対応できるパソコンスキルや臨機応変さ、コミュニケーション能力が求められます。

語学力をいかせる事務の仕事

英語を使った事務の仕事なら、英文事務や貿易事務の仕事があります。英語で書類作成をしたり、メール・電話対応をする仕事です。

貿易事務は輸出入に関する書類の作成や手配を行うので、関税や貿易に関する知識が必要です。

企業の顔となる事務職

受付や秘書など、企業の窓口となる事務職も女性に人気の高い仕事です。社外の人と接することが多いため、高いコミュニケーション能力とビジネスマナーを身につけておく必要があります。

自分に向いてる仕事を見つけるには

自己分析をしてみる

自分に向いてる仕事を見つけるために、まずは自己分析をしてみましょう。「自分の性格」「好きなこと嫌いなこと」「得意なこと苦手なこと」などを知れば、自分に合った仕事が見つけやすくなります。

学生時代に頑張ったことや達成感を感じたこと、夢中になったことなど思い出してみてください。

適性診断や性格テストを参考にしてみる

適性診断や性格テストを受けてみるのもいいでしょう。ウェブサイトで数分でできるものから、100問以上の質問に答えてかなり本格的に性格や適職などを分析してくれるテストもあります。無料で利用できるサービスがたくさんあるので、ぜひ試してみてください。

インターンシップに参加してみる

仕事をしたことがないのに、向いてる仕事を決めろと言われても難しいですよね。そこで自分に合う仕事を見つけるには、インターンシップに参加するのがおすすめです。

インターンシップに参加すれば企業で実際に仕事を体験することができるので、「自分に合う仕事」や「得意な仕事」「好きな作業」などが明確になってきます。

仕事は実際に体験してみないとわからないことが多いので、できるだけたくさんのインターンに参加して仕事を体験してみるのがいいでしょう。

インターンシップを探す

最後に

ここまで大まかに仕事や職業をご紹介してきました。ここで挙げた以外にも世の中にはたくさんの仕事や職業がありますし、時代の流れによって新たな職業も生まれていきます。 自己分析を通して得意なことや興味・関心を知った上で、自分に合った仕事・職業を見つけてみてくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ