就活でSNSはどう使う?利用方法と注意すべき点

情報収集は就職活動で最も大切と言っても過言ではありません。情報収集ツールとしては、基本的にはインターネットやツイッターなどのSNSを利用するという方が多いはず。

しかし、あなたがSNSを使って情報収集をするのと同様、企業の人事担当者もあなたのことをSNSで調べています。

就活でのSNSの利用方法と注意すべき点、よくある疑問などについて解説します。

就活でSNSはどう使う?利用方法と注意すべき点
目次
  • 就活での情報収集にはSNSをどんどん活用すべき!
  • ├志望する企業が説明会や事業について情報をSNSで提供していることもある
  • ├SNSを活用して就活生同士での情報交換ができることも
  • └SNSがOB・OGとコンタクトをとるきっかけになることも
  • 就活時のSNS利用で注意すべきこと
  • ├個人情報は極力わからないようにして
  • ├たとえ過去のものであってもSNSでの非常識な投稿はNG
  • └最終面接間際に人事担当者がSNSをチェックしていることも
  • 就活時のSNS利用についての疑問を解消しよう
  • ├就活専用アカウントを作るのはアリ?
  • ├カギつきアカウントだからといって油断しないで
  • ├SNSをやってないのは就活でマイナスになる?
  • ├SNSをアピールに使える業界や職種は?
  • └企業に関するポジティブなことならSNSに投稿してもいい?
  • 最後に

就活での情報収集にはSNSをどんどん活用すべき!

就活の情報収集に各企業のSNSをチェックしているという方は多いと思います。各企業の商品や事業内容について知ることができるのはもちろん、採用に関する情報が得られることもありますよね。

志望する企業が説明会や事業について情報をSNSで提供していることもある

志望する企業をフォローしておけば、その企業が情報を更新する度にリアルタイムで確認することができるので便利です。

企業によっては説明会の開催情報や、どういった学生を求めているか記載していたり、社内の雰囲気を写真つきで紹介しているなんてことも。

社長が個人でツイッターをやっている場合はチェックしておくことで、考え方や事業戦略などについて知ることができる場合もあります。

SNSを活用して就活生同士での情報交換ができることも

さらに、ツイッターや各種SNSを活用していれば、同じ状況の就活生同士で仲良くなったり、つながったり、情報交換ができることもありますよね。

面接で聞かれた内容や、説明会の服装についてなど互いに同じ会社の選考を受ける仲間として話ができると、心強いこともあるでしょう。

SNSがOB・OGとコンタクトをとるきっかけになることも

SNSを活用して、先輩社員を探すこともできます。志望業界や志望企業にどんな先輩社員がいるか、チェックしてみるのもいいでしょう。

SNSのメッセージ機能などを使って連絡をとることができれば、OB・OG訪問につなげることもできるかもしれません。

就活時のSNS利用で注意すべきこと

とはいえ、決して就活でSNSを活用することは便利なことばかりではありません。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSでは、「自分について」の情報の管理は注意して行う必要があります。

個人情報は極力わからないようにして

たとえば、希望する企業のアカウントをフォローしている場合、フォロワーの一覧はその企業の人事担当者からチェックすることができます。また、「今日は最終面接でした!●●について聞かれました!」といったつぶやきなども、基本的には誰でも見られることが大半だと思います。

アカウント名などをフルネームの本名にしていれば、SNS上のあなたの行動は筒抜けです。場合によっては「最終面接のことをペラペラと他の就活生が見れる状態で開示している」「わが社の悪口を言っている」など、個人が特定されてしまい、選考に影響があることもあります。

個人情報はわからないように徹底しましょう。あだ名などであっても、写真やプロフィールなどから推測できてしまうこともありますので注意が必要です。

たとえ過去のものであってもSNSでの非常識な投稿はNG

さらに、人事担当者が過去のつぶやきをさかのぼってチェックすることもあります。たとえ就職活動を始める前のタイミングでの投稿だったとしても、非常識な内容や人・企業の悪口などを書いていると印象が悪くなってしまいます。

就活で情報収集に使用するものとはアカウントを分け、個人が特定できないようにするか、削除するようにしましょう。

最終面接間際に人事担当者がSNSをチェックしていることも

会社説明会や1次面接程度の段階では、企業が全就活生のSNSをチェックしていることはほとんどありません。しかし最終面接間際などには、人事担当者があなたの各種SNSをチェックしている可能性があると考えた方が良いでしょう。

近年では従業員がSNS上で顧客の情報や企業秘密を流出させてしまうことも数多く発生しています。そういった問題行動を起こさない人物かどうか事前にチェックすることが多いようです。

就活時のSNS利用についての疑問を解消しよう

就活専用アカウントを作るのはアリ?

もし、個人で楽しんでいる趣味用のアカウントで希望する企業のフォローをするのが怖いと言う場合には就活用のアカウントを作成するのもひとつの手です。

もちろん、選考中の企業だけをフォローしているとチェックされた場合にバレてしまいますので、カギつきアカウントにするなど、個人情報が特定されないように、また悪影響のないように工夫をしましょう。

カギつきアカウントだからといって油断しないで

とはいえ、カギつきだからといって安心できるかというと100%大丈夫だとは言えません。たとえばある企業の悪口をカギつきアカウントだからとつぶやいた場合、それが悪質なものでフォロワーの友人が画面キャプチャを撮影して流出させてしまうこともあります。

友人を疑うのはあまりいいことではありませんが、「絶対に大丈夫ということはない」と心得ておき、慎重にSNSを活用しましょう。

SNSをやってないのは就活でマイナスになる?

中には「SNSに興味がない」「全く利用していない」という学生もいるでしょう。近年は就活の面接で、人事や採用担当者から「SNSを利用していますか?」と聞かれることもあります。

SNSをやってないことが、就活でマイナスの印象を与えることはありません。むしろ「流行に流されない」「真面目な学生」という印象を持つ採用担当者も多いです。

SNSをやりたくないという学生は、就活のために無理に始める必要はありません。

SNSをアピールに使える業界や職種は?

マスコミや広告業界など、世の中のトレンドに敏感であることが求められる業界では「SNSに関する知識」が評価されることもあります。

仕事でSNSを活用する、宣伝やマーケティング職を目指す場合も、SNSに精通している方が望ましいですね。

自分ではやっていなくても、SNSに関する知識や活用法は熟知していることをしっかりとアピールするといいでしょう。

企業に関するポジティブなことならSNSに投稿してもいい?

「第一志望の選考を通過した」「この企業が一番素晴らしい」など、ポジティブな発言ならSNSに投稿してもいいと思うかもしれませんが、注意が必要です。

第一志望以外の企業の担当者が投稿を見ている可能性がありますし、その場合あまりいい印象を持たないかもしれません。選考状況や企業に関する投稿は、注意するようにしましょう。

最後に

インターネットやSNSを活用することでより効率よく情報を得ることができるのが便利ではあるものの、自分の情報も相手に筒抜けだと言うことを意外と忘れてしまいがちです。個人情報や発言に関する管理は、少し気をつけすぎるくらいがちょうどいいでしょう。

安易に選考状況や悪口などをつぶやかないのはもちろん、アカウント名やプロフィールに至るまでしっかりと管理して、安心して情報を収集するようにしてくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ