SCSKのインターンシップ体験談

scskの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

SCSK
目次
  • SCSKのインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

SCSKのインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 SCSK株式会社
参加期間 1日
参加時期 大学3年生の8月
職種 システムエンジニア
大学名、学部名 南山大学経済学部経済学科
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターンシップをきっかけに様々な選択肢を求めていたため、あまり興味のなかった分野の勉強をしてみようと思い、当時はまったく興味がなかったSlerのインターンシップに参加した。また、当時は理系の職業だと思っていたのだが、文系でも参加可能でありどういうことなのか気になり参加した。また、当時は商社に興味があったため住友商事系列ということもあり、社名は知らなかったが資本は安定していると思い、参加をしようと思った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

まず、システムエンジニアとはどんな仕事なのかということを中心に学んだ。また、SCSKとはどういった会社なのかということをインターネットで情報収集した。

ES、面接の内容

特に、インターンシップに参加するうえでエントリーシートや面接などの選考はなかった。通常の会社説明会と同じように、インターネットで予約をして選択した日時に参加するといったものでした。満席の日程もあったため、志望するならば早めに予約しておくべきだ。

インターンシップで体験した仕事内容

基本的には、講義形式の座学とグループワークで5時間ほどあった。前者に関しては、SCSKのことや、システムエンジニアのこと、Sler業界のことなど初めてSlerのことを学ぶ人にとってとてもわかりやすかった。後者に関しては、6人ほどのグループに分かれて、理想のWEBページを考えるといったものだった。具体的には、マイナビやリクナビなどの就活サイトを例に採ってどういったサイトの構成にすれば学生にとって使いやすいかをディスカッションをして構成をしていった。3時間ほどかけてグループワークをし、模造紙に構成について書きこんだ。それを社員を含めて参加者全員の前で模造紙を使い、5分間前後でプレゼンテーションを行った。メモなどはしていなかったため、このプレゼンテーションが選考には影響しないだろう。このグループワークの肝はシステムエンジニアにはコミュニケーション力を必要とするということを言いたいのだと思う。プレゼンテーション後は質疑応答がある。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ