NTTドコモのインターンシップ体験談

NTTドコモのサマーインターン、短期インターンシップ体験談です。
サマーインターン、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

NTTドコモインターンシップ体験談

NTTドコモのインターンシップ(2020卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
インターンシップ名ドコモハッカソン
参加期間3日間
参加時期修士1年の9月
職種エンジニア
大学名、学部名電気通信大学
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

研究室の先輩からドコモのインターンが面白かったこと,そして内定に直結することを聞いてぜひ参加したいと思い,参加した.理系向けのインターンには二種類あって,新しいビジネスを創造するものと,未来をワクワクさせる新たなプロダクトを作るハッカソン形式のものがあった.自分は自ら手を動かして何かものを作るのが好きで,このインターンでも何か形に残るものを残したいという思いから,ハッカソン形式に参加することにした.

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

どんなスキルを持った学生と組むことになるか分からないので,今自分が習得しているスキルを何でも使えるように確認した.

ES、面接の内容

面接はなく,

エントリーシートのみの選考.
「インターンやハッカソンに参加しようと思った理由」や,「自らの意志で挑戦した個人での開発のうち,最も力を入れた製作物」や「自らの意志で挑戦したチームでの開発経験のうち,最も力を入れた製作物」について聞かれた.

インターンシップで体験した仕事内容

まず一日目の午前はビジネスやマーケティングの基礎知識や,ドコモという会社についての講義.
一日目の午後からは何を作るかのアイデア出し.
アイデアは,以下のようにして架空のターゲットを設定してそこから需要を見出すペルソナ分析によって出した.

1.まずターゲットを明確にする.
2.ターゲットの属性を深堀りする
3.属性からその人物の根底にある価値観を見出す
4.その人物が抱える現状と問題をあげる
5.その人物の理想の姿をあげる
6.その理想に辿り着くための方法をあげる(価値観に刺さるように)
7.その先の理想の社会の姿をあげる

このようにして一日目の午後は終了.しかし全員が納得いくアイデアが出なかったので会社近くのカフェでアイデア出しを続行した.
二日目午前~三日目午前はひたすら開発を行った.
4人チームだったため,チームを2人ずつに分け開発を進め,逐一やることややったことなどを報告しつつ完成を目指した. またこの時,三日目に控える最終プレゼンテーションのための資料作りも並行して行った.
三日目は最終プレゼンテーションとそのフィードバックと優勝チームの決定を行い終了.

インターンシップで得たものや成長できた点

今まで,自分が作りたいと思ったものをひたすらに作ってきた自分にとって,今回体験した「架空のターゲットを作って,そのターゲットの価値観に刺さるようにプロダクトをデザインする」という手法はとても新鮮だった.社会に出てものをつくるとはこういうことなんだな,ということを学べたと思う.
また,三日間という非常に限られた時間の中で,チームと協力して人に見せられるプロダクトを作るというのはやはり大変であったが,それだけ濃密な時間であった.

インターンシップの報酬

優勝チームには粗品

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT系企業の研究開発により強い興味が沸いた.自分の専門は情報系であり,なんとなく就職先の業界もそうなると考えていたが,今回のインターンシップを通して,「自分は自分の専門を生かしてものづくりをしていきたい」という確かな自分の思いに変わった.

このインターンはどんな学生にオススメ?

ドコモに早期内定を貰いたいと考えている学生,企業における研究開発を体験してみたい人向け.

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

とてもよい内容のインターンだったので,この企業を志望していてもいなくても参加することをお勧めする.社会に出てモノづくりをするとはどんなものなのかということを体験することができる.また,限られた時間の中で仲間と作り上げたプロダクトはきっと忘れられないものになるし,その経験を就活本番でアピールすることもできるだろう.
また,インターン本番までどんな人とチームを組むことになるかは分からない.どんなスキルを持った人ともうまく連携できるように,なるべく自分のスキルは増やしておいた方が良い.

NTTドコモのインターンシップ(2020卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
インターンシップ名新ビジネス創造インターンシップ
参加期間3日間
参加時期大学院生1年生の8月
職種技術系
大学名、学部名東京工業大学 情報理工
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私はIT業界に興味があり、IT業界の仕事内容や企業の事業、雰囲気について学びたいと考えたのでドコモのインターンシップへの参加を希望しました。特に通信事業におけるトップ企業ではどのように通信を活かしたサービスが生まれているのかに興味がありました。また、大学では情報学を専攻しており、授業や研究を通してITについて学んできたので、インターンシップでは自分の知識や経験がどの程度通用するのかを確かめたいという思いが強かったです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

全員の前で披露する小ネタ

ES、面接の内容

ドコモに限らず、

インターンシップに参加しようと考えた理由を教えてください(150字以内)

面接はグループディスカッションかプレゼンテーションから先着で選択できる。ディスカッションでは各自がテーマを自由に考えて当日どのテーマにするかをチームで話し合って決め、それについて議論を行う。プレゼンテーションでは「私はただものではない、何故ならば」ではじまるプレゼンテーション資料を作成して持参し、プレゼンを行う。

インターンシップで体験した仕事内容

新規事業創造に関するグループワークを行いました。 初日は企業に関する説明や、お客様向けのフロアでドコモの技術を活用したサービスについてのデモンストレーションを受けました。そして、グループごとに1時間程度で新規事業に関するワークを練習として行い、初日の後半から3日目の前半までグループごとに「10年後の当たり前となるような文化を創る」というテーマでドコモの技術を活用した新規事業の立案に関するワークを行いました。最初にドコモがどのようなビジョンを描いていて、どのようにサービスを企画しているかをしっかりと説明してくれるので、それに沿ってワークを進めることができ、定期的に社員さんにアドバイスを伺ったり、進捗を報告する機会があるので、時間を無駄にしすぎることなくワークに取り組める内容でした。最終日の後半にはグループごとに学生と社員さんの前で発表を行い、社員さんから各グループに対してフィードバックをもらいました。

インターンシップで得たものや成長できた点

事業創造やサービス企画についての進め方を学ぶことができ、とても内容の濃い3日間でとても大変ですが有意義な時間を過ごすことができ、短い中で成果をだす経験を経て成長できたと思います。
特に事業創造に関しては、このインターンシップに限らず他社のインターンシップや選考のグループディスカッションにも活用できる知識が経験が得られました。また、事業創造を通してドコモがどのようなビジョンでどのようなサービスを展開してどのような企業と連携しているのかがわかるので通信事業を知る上でもお勧めです。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

通信業界です。 通信事業者のインターンシップや説明会に参加したことで今後5Gを活用した新たなサービスが誕生し、新たな時代が到来することがとても感じられたので、自分がその中心となってあらゆるサービスやモノ、企業を繋げられる通信事業者で世の中の暮らしを豊かにしていきたいと思ったからです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

ITや通信に興味のある学生、事業創造やサービス企画に興味のある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

とても人気なインターンシップなのできちんと対策して面接に臨む必要があります。ドコモは個性的な学生を求めているので、プレゼンではいかに自分の個性を伝えて来て欲しいと思わせるかが重要です。そのためにも自己分析はしておくべきでしょう。勉強や研究は頑張って成果を出している学生が多いのでそこだけでは内容が薄いので学校外などで自分の個性がどこで発揮されているかを考えましょう。また、参加後も社員さんにはインターンシップに対して取り組む姿勢も見られているので本気で臨みましょう。私はドコモのインターンシップに参加したことで得られた経験が就活で発揮できたと思います。最高のインターンシップです。

NTTドコモのインターンシップ(2020卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
インターンシップ名NTTドコモ 夏インターン
参加期間3日間
参加時期2018年8月
職種技術系
大学名、学部名慶應義塾大学 理工学研究科
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

NTTドコモのインターンでは優秀な学生に早期選考がくるとの情報を得ていた為、参加を決めた。他のインターンもこういった具合で、本選考が有利になる物を中心に受けていった。その結果、2.3月の段階で沢山の企業の早期に乗る事が出来た。また、他のキャリアとの違いや強みに関しても学びたいと考えており、実際にインターンを通じて沢山、企業研究を行う事が出来た。通信業界やキャリアに興味がある人はぜひ参加してみると良いだろう。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

中期経営計画を読んだ

ES、面接の内容

ESはドコモ志望理由(150文字)のみだった。面接はなかったがGDがあり、

お題は議論したい内容を事前に考えて、グループ内で課題を決定し議論する、といったものだった。到着するまでどういった課題になるかは分からないので、そこまで事前に用意をする必要はないだろう。

インターンシップで体験した仕事内容

具体的な課題の内容に関して
10年後の新しい文化を創り出す、といったテーマをもとにGDを行う。途中で社内のお客様見学用のブースを見たりする時間や、ドコモに関する講義などが行われるが、メインはGD。中間報告は二回ほどあり、最終日には全体での発表がある。発表後は質疑応答があり、優勝チームにはトロフィーなどの景品が授与される。 ワーク自体は決められた手順があるわけでは無く、比較的自由にグループで進行を決める事が出来る。時間は非常に短いので、どの班も遅くまで残ってファミレスなどで課題を行っていた。
参加メンバーは他のインターンシップに比べて非常に個性的な人間が多く、論理的な人もいれば、思いついた事をどんどん話す人もおり、まとめるのに非常に苦労した。おそらくグループ分けの段階で個性が被らないように設定されていると思われる。周りの個を活かして議論を進めると非常にい評価され、人によっては早期選考に乗る場合もある。

インターンシップで得たものや成長できた点

よくある新規立案系のインターンシップだったが、参加している学生の個性がとにかく強かったので、議論を収束させるのに非常に苦戦した。ただドコモのインターン後に参加したインターンが味気ないと感じるほどになれたので、夏の内に難しいワークを行えたのは自分を成長させたと考えている。また、ドコモの技術力や強みの研究などもワークを通じて考える事になるので、企業分析も進んだ。非常に学びの多いインターンシップだったと考えている。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

私はインフラ業界への就職を希望しており、特に通信業界には興味があった。私はもともと、既得権益の大きい会社という事でインフラを見ていたのだが、通信は5GやVRなど今後拡大するであろう事業にも力を入れており、総合的に一番行きたい業界だった。

このインターンはどんな学生にオススメ?

通信やキャリアに興味のある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

とにかくインターンは楽しく、学びも多いので、通信やキャリアに興味のある学生だけでなく、色々な人にお勧めできるインターンだと感じた。
また、うまい具合に進んでいくと早い段階で内定をもらう事が出来るので、そういった意味での価値の高いインターンだと思います。インターンの選考ではGDとプレゼンテーションから選べますが、どちらにせよ強い個性を見せる事が必須だと考えられます。そのうえで論理性などを見せるとより有利になると思います。

NTTドコモのインターンシップ(2020卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
インターンシップ名
参加期間1day
参加時期2019年2月
職種
大学名、学部名非公開
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学の企業説明会に来てくださったことがきっかけでした。何10社と、大学に説明に来てくださったのですが、その中で興味のある数社のインターンに行くことにしました。この会社もその一つです。また、名前を聞いたことがあるという安心感からも選択しました。携帯会社への就職も大いに考えておりましたので、会社について知る良い機会だと思いインターンシップに参加することを決意しました。(同業他社のインターンシップにも参加しました)

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません(選考がないので)

ES、面接の内容

エントリーシートや面接はありませんでした。私はマイナビに登録しておりましたので、

会社説明会のさいに聞いたURLから申し込み欄に尋ねて申し込みを行いました。そこで幾つか質問のフォーム(簡易的なエントリーシート)はあったと思います。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップは1日間行なわれました。全体的なスケジュールとしては、以下の通りです。会社説明会→グループワーク→座談会の順です。午前中から夕方にかけて行われました。まず、会社や企業についての説明を受けました。ここでは、私が想像していた会社像とは違う面がたくさんわかり、とても勉強になったと思います。ホームページに書いてある内容もありました。その後、グループワークに移りました。決められたチームで行動しながら与えられたテーマをこなしていきました。全体的な発表などはありませんでしたが(社員さんの大々的なフィードバックもありませんでした)、個別に伺うことはできました。また、その後(夕方くらい)社員さんとの座談会が用意されており、そこでグループワークのことはもちろん、仕事内容や働き方について伺うことができました。移動の間は同じ、グルプの人とも話すことができ、みんなと仲良くなるきっかけにもなりました。

インターンシップで得たものや成長できた点

今回のインターンシップを通して、特に成長したと思うのは、仲間とのコミュニケーション能力です。今まで参加していたインターンシップでもグループワークは何度も経験していたのですが、今回のインターンの参加者には活発に発言する方が多く、その中でいかに自分も自分自身をアピールできるかということを学ぶ機会になりました。別に競争をしているというわけではなく、他の方の積極性という良い面をいかに吸収できるかという、良い経験になったと思います。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

通信系の会社に就職が決まっております。もともと、興味を持っておりましたが、いろいろな会社のインターンに参加し(通信系の会社も含む)、最終的に人の良さに惹かれ入社を決めました。現在、就職活動は終了しております。

このインターンはどんな学生にオススメ?

みなさんにオススメです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

自分が、興味のある会社のインターンには是非参加してみることをお勧めします。私は興味のある業界がいくつもあり、それらすべてのインターンに参加しました。1日のインターンであれば、時間をそれほど取られることもございませんし、何社も伺うことができます。自分でどの会社に向いていると判断するのではなく、経験から判断することも大切だと思いますので時間の許す限り、いろいろな会社のインターンに参加してみてください。

NTTドコモのインターンシップ(2019卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ株式会社
参加期間3日間
参加時期3年生の8月
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学の友達の多くが夏のインターンシップに参加しようとしていたので私も行かなくてはいけないのかなと思ったことがきっかけです。また、大学でも就活セミナーなどが行われるなど、就職活動を意識させられるようになっていました。就活に向けてとりあえず何かをしておきたいという気持ちからインターンシップに参加しました。その当時、通信業界に興味があったため、通信業界の中でも最大手(3キャリアのなかで)のこの企業を選びました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップ先の企業について少し調べておきました。

ES、面接の内容

ESの設問は、インターンシップに参加したい理由、

インターンシップを通して学びたことを聞かれたと思います。
インターンシップに参加するための面接はありませんでした。エントリーシートが通過すれば、インターンシップに参加できました。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目の午前中は、企業に関する説明を受けました。企業概要だけではなく、どんなことを行なっているのか、今後どんなことをやろうとしているのかなども教えていただきました。また、数人の社員の方が来て、実際に自分たちがどんな仕事を行なっているのかプレゼンしていただきました。午後からは、各グループでアイスブレイクを行い、簡単なグループワークを行いました。2日目は、新しいグループに変え、「地元から全国へ」というタイトルでグループワークを行いました。4人グループでした。内容としては、地元の課題を解決すると同時に日本全国の課題も解決できるようなサービスを提案するというものでした。どんなジャンルの課題でもよかったです。発表日は3日目の午後でした。その日の午後にも一度社員の方にテーマと進捗状態を伝えるプレゼンがありました。そこで社員の方からアドバイスをいただき、明日の発表に向け準備を行いました。3日目は、5名ほどの社員の方々の前でプレゼンを行いました。その後、好評をいただき、順位も発表されました。午後からは、ES、営業、人事の方と座談会を行いました。就活のこと、会社の方、なんでも聞ける時間でした。最後に、人事の方から1人1人フィードバックの紙をいただきました。フィードバックには、良い点、今後の就職活動へのアドバイスが書かれていました。

インターンシップで得たものや成長できた点

3日間という短い時間の中で2回のグループワークを行うことで、人の話をしっかりと聞くことの大切さを学びました。グループワークを行なっていると、盛り上がっていきわかる人だけでどんんどん進んでしまう時があります。そんな時こそ周りをよく見て、全員が参加できているのか確認する必要があると感じました。このグループワークを機に、就活でのグループワークでは周りを見ながら話を進められるようになり、グループワークの通過率は100%でした。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

通信業界、IT業界の仕事に興味を持ちました。通信、ITの力でできないことはないのではないかというほど、通信、ITの力の強さと将来性を知ったからです。また、新しい価値を創造することの楽しさも感じました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

就職活動に不安がある人、就活に向けて何か準備したいが何をしたら良いかわからない学生におすすめです。夏のインターンシップは、大手企業でもレベルの高い学生ばかりではないので、何もビビらずに参加できます。フィードバックもいただけるので第3者から見た自分も知ることができ、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンシップに参加することで、企業について理解できるだけでなく、自分を理解するきっかけにもなります。インターンシップに参加する学生はみんな同じように不安を持って参加しいるので、とりあえず参加してみようという軽い気持ちで参加するといいと思います。また、希望する業界や企業がない人は様々な業界、規模の企業のインターンシップに参加すルことをおすすめします。自分の興味のあることや、大手で働きたいのか、中小企業で働きたいのかなどが少しずつわかってくると思います。

NTTドコモのインターンシップ(2018卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
参加期間3日間
参加時期大学院修士1年の8月
職種総合職
大学名、学部名名古屋大学 理学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターンシップに応募したきっかけは就職情報サイトに掲載されていたためである。参加した理由はその企業の事業内容を理解できるだけでなく業界知識も習得できる機会であると考えたためである。また本選考に有利に働くと考え、インターンシップ特別選考枠を期待して応募した。参加する学生は優秀な人が多いと聞いていたため、自分の考えをブラッシュアップする良い機会であり、かつ切磋琢磨できるような学生と仲良くなりたいと考えたため。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

選考面接で自己PRを聞かれるとの情報だったため、

自分にしかない強みや経験を過去から遡って探したこと。自己分析に関しては友達に聞いたり家族に相談しながら深掘りを行った。またエントリーシートでは自由記述もあったため人事の目に留まるような文章を作成した。書類に関しては場数を踏むことが大事であるため、数多くの企業に書類を提出したり社会人の方に添削してもらったりしながら精巧な内容に仕上げた。参加の際に準備したことは特にない。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目は2分間の自己紹介からスタートし、業界知識や企業知識を説明してもらう座学であった。またマーケティングの基礎知識をもとにグループごとに新商品の企画を行い発表する時間が設けられていた。2日目から本格的にワークがスタートした。「NTTドコモの強みを活かして10年後に新しい文化になっているような事業を考えよ」という内容で1班6人のグループで各自ワークを行う。また各班に先輩社員がメンターとしてついてくれるため、わからない点を質問したり、ワークに行き詰まった際に声をかけてくれた。3日目が発表であったため、ワークの進捗状況によっては喫茶店やファミレスで残業する班もあった。3日目の午前中までワークを行い、午後から全体発表を行う形であった。発表終了後はそれぞれの班ごとに振り返りの時間が設けられており、一人一人よかった点と改善点を発表し反省会が行われた。本インターンシップ終了後は、参加した学生と先輩社員を含めた飲み会を行なって解散という形となった。

インターンシップで得たものや成長できた点

得たものは業界知識と企業知識はもちろん、マーケティングようなテクニカルな手法、優秀な学生との繋がりである。就活本で勉強しただけでな手に入らない現場社員の生の情報を手に入れることができた。成長できた点は、グループワーク内の発言力や思考性である。この2つは、優秀な学生や社員と交流して初めて気がついたため、自分に欠けている弱点を認識することだけでも成長できたと考えている。反省点としては、日頃から考える癖を身につけておくべきだった。

インターンシップ参加後の現在興味がある(決まっている場合は就職予定の)業界、その理由について

コンサルティング営業職に興味がある。将来やりたいことが明確化してきたため、その手段として必要な能力を身につけられる環境で働きたいと考えている。また自分のやりたいことを応援してくれる人や魅力的な人が多いことも理由である。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

参加する際のアドバイスとして、インターンシップに参加する学生は学力はもちろん考え方がしっかりしていてレベルが高いため、自分を見失わないように注意してほしいです。選考時では差別化を図ることは大切かもしれませんが、いかに自分を表現できるかや自分の考えを伝えられるかが大事だと思うので、自分をしっかり持って貫いてもらいたいです。また参加後は他大学の学生と仲良くなれる機会なので、その縁を大事にして繋がりを持てると良い情報も入ってくると思います。

NTTドコモのインターンシップ(2018卒,9月①)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
参加期間3日間
参加時期大学3年生の9月
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

業界自体に興味を持って直接社員とお話しできる非常にいい機会だと思ったため。また、インターンシップに参加している学生は優秀だと考え、一緒に勉強やグループワークを通して切磋琢磨することで自分の能力を向上させることができるのではないかと思ったので。実際にインターンシップに参加してみると本当に優秀な学生がたくさんいました。経歴自体で素晴らしい人もいますし、考え方、物事の進め方が上手な人様々な人がいて刺激を得ることができるので、とりあえずインターンシップに参加してみることをオススメしたいです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートでかなり選抜されていました。内容は学生時代頑張ったことなど

あまり、ひねった設問はありませんでした。エントリーシート合格後はグループワークをしてさらに選抜をされました。参加する、合格するためにまずはエントリーシートを書くために自己分析をしてください。自己分析は自分でも行うだけでなく、両親や友人にもエピソードを聞いてみてください。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップでは実際にどのようなお仕事をするのか、新たに挑戦しているような技術に携わっている社員の方にお話をお聞きした後に質疑応答をすることで理解を深めて行きました。3日間インターンシップはありましたが、ほとんどの内容はグループワークでした。10年後どのような技術が進歩して会社としてどのようにコミットすることができるのかということを学生同士で討論しあい、最後に10分程度発表をし、数チームある中でどこが優勝することができるのか競い合います。各チームにはメンターとして社員の方がついており、グループワークに関して質問をすることが出来ますし、それ以外のお仕事のお話や世間話などいろいろなお話をお聞きすることがあります。業界についての理解もできると思いますし、オススメすることが出来ます。実際にインターンシップに参加してその会社に興味を持てば社員の方にメールなどで質問したいことを聞いたりすることもできますし、まずその業界に興味を持てばインターンシップに参加する、OB訪問をするなどアクティブに自分のことを社員の方にどのようにすれば知ってもらえるか、知ってもらった上で良い評価をしてもらえるか自分なりに考えてみてください。良い評価を得るということは変にアピールすることではなく、自分の思い、どのような思いがあってどのようなお仕事をしたいのか、その会社に入りたいのかを少しでも明確に持てるようにイメージを膨らませてみてください。

インターンシップで得たものや成長できた点

インターンシップに参加するまでにエントリーシートをある程度のクオリティまでに仕上げておく必要があり、ブラッシュアップをする上で非常に有益でした。インターンシップ自体で得られたこと学んだことですが、やはり実際に活躍されている社員の方と直接長くお話をすることができるところはインターンシップに参加しないと得られないことだと思います。懇親会などで親睦を深めることもできます。どのような会社において自分が働きたいのかをイメージすることや、どのような社員の方と仕事をしたいのかを知るためにもインターンシップに参加することは非常に有益なことだと思いますし、実際に参加してみてそう感じたのでチャレンジしてみてください。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

チャレンジしている業界の中でもリーディングカンパニーとして挑戦し続けている会社で働きたいと思っていました。その点ではインターンシップに参加した会社に入社することはありませんでしたが、同じようにチャレンジしている業界で働くことが出来ました。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

まずはエントリーシートを理路整然と相手に読みやすい形に仕上げておく必要があります。エントリーシートは面接をする上でも非常に重要ですし、まず選考になる必要があります。たとえば学生時代頑張ったことであれば何を頑張ったのか、きっかけはなんだったのか、取り組む上で何が大変だったのか、どのような気持ちを持って取り組んだのか、どういうことが学べたのか、その学べたことはその頑張ったこと以降でどのようなことに行かせることが出来たのか、社会人としてどのようなことに活かせるのかなどしっかりと考えてください、らそうすれば業界や人気度に関わらずある程度の選考に進めることはできると考えています。最初は何もわからないかもしれませんが、目の前のことをコツコツと頑張ってください。応援しています。

NTTドコモのインターンシップ(2018卒,9月②)体験談

インターン、学生情報

企業名NTTドコモ
インターンシップ名テクニカルコース
参加期間3日間
参加時期修士2年生の9月
大学名、学部名京都大学大学院 工学研究科
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

文理問わず様々な業界のインターンシップに参加してみようと思っていた。
参加した事のある先輩がおりインターンシップの存在自体は知っていた。志望動機が明確になっていなくても、グループディスカッションの選考のみである可能性が高いと知っていたため、通過出来る可能性があるのではないかと思った。
はじめは携帯電話の会社というイメージしかもっていなかったが、通信という武器を使って様々な業界との幅広いビジネスを行っていることをホームページ上で知ることができたため、興味を持った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

グループディスカッションの練習を行っていた。

ES、面接の内容

・ドコモに限らず、インターンシップに参加しようと考えた理由を教えてください。(150文字以内)
・好きなテーマを以下から選び、

あなたの個性を自由に表現してください。 アイラブ◯◯(大好きなこと)を選択。

インターンシップで体験した仕事内容

(初日)まずは、NTTドコモがビジネスを行う際に大切にしている考え方を人事の方から学ぶ。
その後に、5Gや、様々な他業種×NTTドコモの武器である通信から生まれるビジネス等の紹介を詳しく聞くことができる。
それらを踏まえてグループワークを行う。テーマは、「NTTドコモの技術を生かした新規ビジネス立案」メンターの方が各班に1人ずつついて下さり、随時アドバイスを下さる。
(2日目)メインのグループワークを行う。途中、最終日に審査員となる現場社員2人の方に中間発表を行う。とても厳しいアドバイスを頂き、テーマを変更して0から考え直す班も見られたほど。
(3日目)調整のための最後のグループワークと、最終プレゼン大会。審査員は、中間発表の際にアドバイスを下さった方2人。プレゼン大会では、学生側からも質問することができる。結果発表の後、懇親会。他の班のメンターの方ともフランクにお話しすることができる。

参加していた学生は、旧帝大、地方国公立、早慶、関関同立等バラバラであった。班によっては、夕方以降の時間外にも自主的にワークを行っていた。3日間のインターンシップと言えど、全員が優勝を目指して本気で取り組んでいた。

インターンシップで得たものや成長できた点

・将来の自分の興味のある業界の幅を広げることができた。そして、通信業界における志望動機を明確にすることができた。(通信等言う武器を活かして他業種とのビジネスを主体的に行っていくこと。)
・グループワークの中で学生らしい、一見実現することが難しそうな事業でも後押ししてくださるNTTドコモの文化に魅力を感じるとともに、そのような新たなビジネスを創造することに自分が魅力を感じることに気が付くことができた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

通信業界(携帯電話を用いたビジネス以外にも、様々な業界とのビジネスを主体的に行っていることを学ぶことができたため。)
ITベンチャー(このインターンを通して、自分たち自身のアイデアで新たなことを創造することの魅力に気が付くことができたため。)

このインターンはどんな学生にオススメ?

理系院生で、自身の専攻に所属する人が進みがちな企業以外にも検討してみたい人。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは、就活始めたばかりで何から始めればよいか分からない学生にとって、選考を受けるだけでも非常に勉強になると思います。(噂ではエントリーシートで落ちる人もおり、内容を練らなければエントリーシートで落ちてしまうこと。その後がグループディスカッションのみの選考であり、練習になること。)
また、様々な専攻の学生が参加していることから、専攻による有利不利も存在しないと感じました。
社内にベンチャー気質のある部署も存在していたので、理系院生でありながらも文系就活やベンチャー企業に興味のある方にはお勧めのインターンシップです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


IT・通信業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ