トーア再保険の短期インターンシップ体験談

トーア再保険の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

トーア再保険
目次
  • トーア再保険インターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

トーア再保険インターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名トーア再保険
インターンシップ名トーア再保険 2dayインターンシップ
参加期間2日間
参加時期大学3年生の2月
職種総合職、アクチュアリー
大学名、学部名上智大学 経済学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

就活を進めるにあたって、どんな企業のインターンを体験するのがいいか考えていた時に、父にこんな企業があるよと教えてもらったことがきっかけでした。 この時期は、公共性の高さと専門性の高さという基準で企業を選んでおり、トーア再保険は再保険分野においてほぼ独占状態なので安定していると感じました。このようなニッチな分野において独占的にトップシェアを維持している会社というのがいくつもあるので、そういう探し方も面白そうだなと思っていました。 そして、知名度も高くないことから選考なしで参加できそうだったので応募しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

保険業界のことについて勉強はしていましたが、再保険の話になるとまた考え方も少し変わってくるかなという印象だったので、参加前にある程度再保険についても理解をしておこうと考えていました。そこまで特別な知識はいりませんが、難しい内容のグループワークで周りもかなり高学歴の人が集まっている印象でした。ですから、グループワークの進め方やディスカッションに慣れていないときついと感じました。

ES、面接の内容

ここの会社は金融業界の中では知名度があまりなく、

就活生には知られていない会社だったのでそこまで応募者もいないことから選考なしで参加することができました。ただ、保険業界に詳しい学生など、知る人ぞ知る会社という感じなので、参加者は非常にレベルが高いです。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目と2日目いずれも午後に3時間ずつで行われるという日程で、1日目の前半は、再保険とトーア再保険の事業内容についてのレクチャーがありました。その講義の中で出てくる内容自体はそこまで難しくはありませんでした。しかし、その後のグループワークでは急激に難易度の高いものを課せられました。そのグループワークの内容としては、保険会社から再保険を引き受ける3つのケースがあり、その日の4チームがそれぞれの案件に割り当てられ、ワークを行うというものでした。再保険の契約を結ぶ取引相手の状況を考え、リスクとリターンのバランスを考えて引受か拒否するかを決めることになります。再保険を引き受けるにあたり、再々保険が必要かなど考えることが求められます。 ワークの手順としては1チーム6人で、営業部門と業務部門に3人ずつで分かれてそれぞれの部門で別の資料を読み込みます。その後、部門ごとに考えを確認しあった後チーム全体でそれぞれの部門が得た情報を共有しあいます。そしてチームでディスカッションしあって、意見をまとめて最後は発表するといった流れでした。

インターンシップで得たものや成長できた点

グループワークが非常に難しいながらも、その内容が非常に充実していて経験したことがないような展開があったのでとてもためになりました。営業部門としては取引先との信頼関係を深めるために、そして取引先の期待にこたえたいという思いから、難しい条件でもなんとか譲歩して再保険契約を結んであげようという思いがあります。それに対して、業務部門は会社の利益だけでなく大きな損失にならないか、リスクを回避することを第一に考えた判断がメインとなるので、部門同士で意見がぶつかり合うところをどのようにして折り合いをつけるかがポイントで、調整力や折衝力が求められ難しかったです。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

金融業界を様々見ており、就活を始めた当初は保険業界にもとても興味がありました。保険業界はグローバル化が進んでいて、変化の激しい現代においてはさらに需要が高まっていく魅力的な業界でしたが、最終的には自分の企業選びの軸として、転勤がないような会社を金融業界の中で見つけそこに就職することを決めました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

保険業界志望の学生や、アクチュアリー志望の学生にお勧めです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンを通して、非常に難しいワークなどを経験することもあり、大変な思いをすることもありますが、それを通して社会人として必要な能力が鍛えられるのでそれを楽しめるような精神で就活に臨むことができればとてもいいと思います。ワークの中で例えば、要求が全く違うことから意見がぶつかり合うといった場面でも、真剣に討論しあうなかでディベート力が身に付き、自分の意見を主張できるようになることに成長を感じとてもやりがいを感じられるようになると思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ