住友生命保険のインターンシップ体験談

住友生命保険の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

住友生命保険
目次
  • 住友生命保険のインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

住友生命保険のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 住友生命保険相互会社
参加期間 5日間
参加時期 2月頃
大学名、学部名 明治大学商学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私は、大学生活をそれなりにサークルや学業を通じて過ごしてきたつもりでしたが、自分の将来のこととなると明確になっていませんでした。そもそも社会人として働くということに対してイメージが湧かず、サークルの先輩の話などを聞くだけで自己満足していた部分もありました。どうして大学卒業後、みんな同じように働き始めているのか納得行かず、私自身その時点で他の友人と比較して置いて行かれていたと思います。今回のインターンシップを通じて、何か就職することに対してしてポジティブなイメージを持てるようになりたいと思い、参加を決意しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

業界研究を入念にする。

ES、面接の内容

確か面接はなかったと思います。エントリーシートの内容は、学生時代に頑張った事と今回のインターンシップに参加しようと思った理由だったと思います。エントリーシートの合否が参加できるかの合否です。 またエントリーシートをこの時期に書くのは難しかったので、先輩に見てもらいました。

インターンシップで体験した仕事内容

まず住友生命保険のサービスや歴史がどの様なものなのかを学びました。参加する前は、生命保険へのイメージをしっかり持っていたつもりでしたが、私自身の知識が浅いことを痛感するとともに保険への興味を持つ様になりました。インターンシップを通じて、今まで興味を持てなかったことに対して、好奇心を抱くことができたのは私の中で大きな財産となりました。 また、ただ生命保険を机上で学ぶだけではなく、実際社員の方々がどの様な業務をされているのかなどをインタビューや座談会の様なものを通じて学びました。業務内容や苦労した時の話を聞く時は、知識としてインプットするだけではなく、もし私ならどう対処するだろうか頭の中で考えながら学ぶ様にしていました。 そして、チームに分かれた上、仲間と協力しながらプレゼンテーションを行う機会もありました。これは非常に難しく、仲間とただ協力し、相手の意見に賛同するだけではなく、お互いの考えや価値観がぶつかり合い中々進行しない場面もありますしたが、そんな状況でもみんなで力を合わせながら最終的にプレゼンテーションを終えれた事は大きな自信になりました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ