パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ体験談

パーソルプロセス&テクノロジーの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

パーソルプロセス&テクノロジー
目次
  • パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,8月①)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,8月②)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2020卒,7月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名パーソルプロセス&テクノロジー
インターンシップ名ビジネスプランコンテスト
参加期間3日間
参加時期大学3年生の9月
職種総合職
大学名、学部名東京大学工学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大手スカウトサイトからES免除で招待が届いたことがきっかけだった。選考過程にグループディスカッションと面接が含まれていたため、良い練習台になるであろうと考えた。
また、ビジネスコンテスト優勝者は最終面接に進める、という点も魅力だった。
実際に就職活動を進めていく中で、新規事業の創出に取り組んでいる企業は非常に多く、そういった能力を鍛えることが必要になってくるのではないかと考えるようになったため、ビジネスコンテストに参加しようと決意した。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

グループディスカッションが大きな山場であると考えていたため、事前にこの企業以外の選考にも数多くチャレンジし、場数を踏んでおいた。また、なぜパーソルプロセス&テクノロジー株式会社のビジコンか、という点について考えておいた。

ES、面接の内容

ESは大手スカウトサイトから

ES免除で招待が届いたため、なかった。
面接はあまりインターンシップの内容や、パーソルプロセス&テクノロジーに関することは聞かれなかったため、単純に人間性を評価されたと思う。

インターンシップで体験した仕事内容

3日間で行われるインターンシップだった。9:00~18:00で、ZOOMでの開催だった。
[1日目]
午前中はパーソルプロセス&テクノロジーという会社がどういった事業を展開しているのか、という点について講義があった。
午後からは早速新規事業の開発のグループワークに入った。
[2日目]
この日は1日中グループワークだった。途中で中間発表をする時間が設けられており、そこで案を全否定されたため、ゼロからやり直しをする必要があり、精神的にかなり辛かった。
[3日目]
この日は午前中にグループワークの仕上げとしてPowerpointの作成と発表練習を行い、午後から役員に向けて最終発表があった。発表に対する質問があり、順位が確定する。
また、全ての発表が終わった後は、パーソルプロセス&テクノロジーが属するパーソルグループの役員層と話す機会が与えられていたため、会社に対する疑問点を解決することができた。

インターンシップで得たものや成長できた点

「新規事業というものは、なんどもゼロに戻ってようやく一個生まれるくらい厳しいものだ」という中間発表での役員のフィードバックが非常に印象に残っている。新規事業の創出、ということに対しては、自分はあまり適性がないということが分かった。どちらかというと、既存事業の課題を見つけ出し、改善していくことの方に興味があると考えるようになった。自分自身の適性を見極めることができたのが、このインターンシップに参加したからこそ学べたことであると思う。

インターンシップの報酬

20000円

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

戦略コンサルタント業界を志望していた。その理由としては。第一に、仕事内容が非常に魅力的であるからだ。クライアント企業が抱えている問題点を客観的に捉え、その問題点に対して適切な解決策を提示し、経営戦略に反映することでクライアント企業に貢献し、延いては社会全体に貢献することができる、という点に強い魅力を感じている。

このインターンはどんな学生にオススメ?

ベンチャー志望の学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは、単純にビジネスコンテストであり、特にこの会社のことについて学ぶことができるわけではない、ということはしっかりと注意すべきであると思う。
ただ、業務の表層的な理解にとどまるインターンシップがほとんどである中で、真剣に新規事業を考え抜く大変良い機会であると思うので、選考フローは長く厳しいとは思うが、ぜひ挑戦してほしい。GDを通過することができれば参加はかなり現実的になると思う。
ぜひ頑張ってください。

パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
インターンシップ名
参加期間3days
参加時期大学3年生の8月
職種エンジニア
学部名工学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

OfferBoxに登録していたところ、オファーが届いた。オファーから選考に参加したため、エントリーシートが免除された。
インターンシップに参加することで早期選考への案内があるなど、選考で優遇がありそうかどうかを基準とした。
また給料が発生するかどうかも重視していた。コロナウイルスの影響もあったため、オンラインで完結するものを選んだ。
他に同じようなハッカソンタイプのインターンや、立案を行うインターンシップも受けていた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にない

ES、面接の内容

いままでの制作経験について(面接)
・どのようにそのアイデアを思い付いたのか
・実際にどのような

技術・言語・フレームワークを用いて実装したのか
・仲間とともに制作した経験はあるか
・その時の自分の立ち位置はどうだったか

インターンシップで体験した仕事内容

「業務の最適化」をテーマに制作を行なった。
チームはあらかじめ決められており、懇親会もあった。
基本的に8時間労働のスタイルであったが、3日間という非常に短い期間で作り上げるため基本的に全員残業をしていたと思う。
ワークの具体的な手順としては、アイデア出し→分担決め→制作→発表という流れだった。
インターンシップ期間中は、昼食をチームメンバーと一緒にとったりすることもあった。また毎日社員の方との座談会があり、企業理解が深まった。インターン後の懇親会で仲がさらに深まったのと、早期選考への案内があった。
苦労した点は3つあり、1つ目はオンラインだったため、コミュニケーションをとることが対面よりも難しかったこと。2つ目は、わからないことを自分で調べてなんとか動くようにすることである。人事の方は技術的なことは通じないが、エンジニアの方が手を差し伸べてくださった。
インターン前はお堅いイメージだったが、インターンに参加して全くお堅くはないとわかった。

インターンシップで得たものや成長できた点

わからないことを自分で調べてなんとか動くようにする必要があったため、技術力は上がったと思う。オンラインで他の人と協力することの難しさを実感した。
インターンシップ期間中は、昼食をチームメンバーと一緒にとったりすることもあった。また、インターン後にチームごとに行われた懇親会で仲がさらに深まった。
毎日社員の方との座談会があり、企業理解が深まった。社員の方は非常に仲がよかったが、報酬の低さからも待遇の悪さがうかがえた。

インターンシップの報酬

2万円

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT業界
インターンシップに参加したことで、この会社のシステムエンジニアの仕事をある程度理解することができた。だがその一方で、この仕事が本当に自分のやりたいことなのかを考えるいい機会になった。そこで、SIerのシステムエンジニアではなく、ITベンダーに就職したいと考えるようになった。

このインターンはどんな学生にオススメ?

とりあえず1社でも内定が欲しい人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

丁寧な業界の説明があったが、どの会社でもあるような説明が多く、こちらとしては少しうんざりすることもあった。一方で、自分としては初対面の人とチームで協力するというスキルが身につき、エンジニアの方からのフィードバックが的確でビジネスと工学の視点を混ぜ合わせることの難しさを学ぶことができた。企業理解を深めたい気持ち、成長したい気持ちがある人は参加するとよい。逆に本選考に参加する気がなければ、他のSIerのインターンシップで十分だと思う。

パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2022卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
インターンシップ名ビジネスコンサルティング編
参加期間1日
参加時期大学3回生の8月
職種コンサルティング
大学名、学部名立命館大学経営学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学3回生の夏ということで、何かしらのインターンシップに参加したいと思い、マイナビから見つけ参加しました。当時、インターンシップ選考の対策も特にできていなかったので、選考がないこのインターンシップを見つけ、応募しました。また、幅広い業界を見たく、IT業界を見ようと思ったのも、参加したきっかけになります。その中でも、私はコンサルにも当時興味があったため、コンサルティングコースのインターンシップに申し込みをしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特に準備したことはありません。ホームページを見て、企業研究は少ししました。

ES、面接の内容

選考はなかったため、ESや面接は特にありませんでした。応募方法は、

先着順でした。パーソルプロセス&テクノロジーは、パーソルのグループ会社としても人気なので、すぐに枠が埋まってしまいました。そのため、メール通知がきたら、すぐに応募するようにしました。

インターンシップで体験した仕事内容

架空のある会社が抱える「売り上げが下がっている」という問題に対して、課題を発見し、解決策を引き出すというグループワークです。チームは人事の方がランダムに決めており、グループの人数は約4~5人でした。インターンシップの形式としては、1.問題解決のステップとポイント、2.個人ワーク 3.グループワーク 4.発表 5.フィードバック でした。まず、架空の会社の組織問題を把握するために、会社の情報や部門ごとの詳細な情報に目を通し、問題を洗い出します。その時、何が本質的な問題であるのかを発見するために、なぜその問題が起こったのかを考えます。そして、その問題を課題化し、優先的な課題を決めていきます。その情報をもとに、解決策を提案していきます。その時に、多くの解決策を出していくことと、評価基準を持ちながら、最適な打ち手を選択することを意識して考えました。それらの考えをパワーポイントにし、最後の発表の時間で発表をします。フィードバックでは、実際にパーソルプロセス&テクノロジーがとった解決策をもとにされます。

インターンシップで得たものや成長できた点

「問題」と「課題」の違いを教えていただいて、その後の就職活動のグループワークに限らず、社会にでても大切になる考え方を学ぶことができたと感じました。それまでは、問題と課題を同じように考えていましたが、「問題」はあるべき姿と現状のGAP、「課題」は問題を解決するために取り組むべきことということを勉強しました。それによって、問題を正しくとらえることができ、問題を引き起こす根本的原因を見つけることができました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

当時のインターンシップ参加後は、まだまだ業界を絞らずに、他の業界(メーカー・人材・金融など)も見ていました。しかし、最終的な就職先は、IT業界に決めました。理由は、これから成長が見込める業界だと感じたからです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

コンサルティングやIT業界に興味がある学生にお勧めします。また、とても明るい雰囲気のインターンシップだったので、初めてインターンシップに参加する方にもおすすめです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

当時、私はインターンシップに全く参加していませんでした。しかし、その中で、初めてのグループワークインターンシップがこの会社のものでした。とても緊張もしましたが、グループワークでよくある「課題解決型ワーク」で、また、問題→課題→解決策の考え方まで学ぶことができ、とても貴重な経験ができたと感じています。初めてインターンシップに参加する学生の方々にも、ぜひ勇気を出して、参加していただきたいと思います。良い経験ができると思います。

パーソルプロセス&テクノロジーのインターンシップ(2020卒,7月)体験談

インターン、学生情報

企業名パーソルプロセス&テクノロジー
インターンシップ名College
参加期間1日
参加時期大学3年生の7月
職種
大学名、学部名早稲田大学社会科学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

早い時期ではあったので、経験を積むことを目的として、多くのセミナーやインターンシップに参加していた。その中で、少しずつコンサルティング業界に興味を持ち始めてきていたということもあり、参加してみようと考えるようになった。企業を見つけたきっかけは合同説明会系のイベントに参加した際に、説明を聞いたことがあり、人材やコンサルティングといった内容が複合的な企業であったため、学べることが多いと感じ、エントリーすることとなった。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

準備などは特にはしていない。

ES、面接の内容

ここの企業のインターンを参加する際には、選考というものは設けられておらず、

エントリーさえすれば誰でも参加することができるものであった。日程も比較的多めに準備されており参加はしやすいものであったと感じる。

インターンシップで体験した仕事内容

会社説明を行った後、コンサルティングの体感としてグループワークが設けられていた。ターゲティングから定量化、真因特定まで詳しくプロセス化された内容であり、グループとしては進めやすいものであった。ワークのテーマは実際の案件をベースに練られているものであり、同じような立場で施策を立案していく内容であった。最後には複数あるグループの中から、2、3のグループが全体に向けて発表し、フィードバックをもらうという形で終わっていた。全体的には、時間が短く設定されているために、詰め詰めなワークであったが、内容自体は、ある程度学びになるものであり、有意義なものであったと感じている。他のワークの種類も多くあるようで、それぞれが必要となるワークを選んで参加することができるものなので、体験したい業務領域に合わせてインターンシップを設定することができるのは魅力的だと感じた。数多くの種類に参加をしている学生もちらほらいるようであった

インターンシップで得たものや成長できた点

このインターンシップで得られたものとして、コンサルティングにおける課題解決において重要な課題特定や、ロジックツリーの考え方など、他のインターンシップでも活きていく汎用的なワークであったように感じる。また、時期が比較的早めのインターンシップであったので、複数参加することでかなり経験値として、ビジネスの知見や思考法を身につけることができるため、参加して損はないものであると感じた。感想としては、参加できて成長はできる内容であった。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

結局、コンサルティングファームへの就職を考えるようになり、就職活動もそこに絞っていくようになった。キャリアの幅を狭めたくなく、業界や業種を絞らずに、多くを見ていきたいという理由が一番大きなものとして挙げられる。

このインターンはどんな学生にオススメ?

ビジネス知見を身に付けたい学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

こうした早期のセミナーやインターンシップには意欲的に参加していくことで、のちの選考などで考え方や経験が活用できると思われるので、ぜひ多く取り組んでみてほしいと思う。また、意味のないと思うようなセミナーでも行ってみると意外と得られるものはあることが多いので、面倒がらずに多くを見て、納得のいく就職活動を行えると最後に満足感を高められると思うので、そこは意識していくとよいと感じる。ここもその一環でトライしてみるとよいだろう。


大学生・就活生イベントランキング


コンサルティング業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ