日産自動車の短期インターンシップ体験談

日産自動車の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 日産自動車のインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

日産自動車のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名日産自動車株式会社
インターンシップ名グローバルリーダー養成塾
参加期間4日間
参加時期9月に2日、11月に2日
職種なし
大学名、学部名早稲田大学法学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

トヨタグループの企業、特にトヨタ自動車を志望していたため、他の自動車メーカーの特徴も事前に知っておきたいと考えたため、日産自動車のトヨタ自動車との違いを知ろうと思い、参加しました。ホンダではなく日産自動車にしたのは、トヨタグループとの考え方の違いにおいて日産自動車の方が大きいように感じたためです。また非常に海外で働くことを推奨している会社であり、そういった点も魅力的に感じて、インターンを受けることにしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

応募条件にあたるTOEIC730点を取得すること。

ES、面接の内容

1.志望動機600文字以内
2.自己PR600文字以内
3.自分の考えるリーダーシップとそれを発揮した経験600文字以内。
エントリーシートやプレゼン、GDを通して毎回リーダーシップに問われたため、リーダーシップは非常に重視されていたように感じました。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目:日産自動車の独自の会議システムであるV-UPを用いて、実際にグループディスカッションをしました。また、晩には懇親会が設けられていて、若手社員と交流する時間が多くありました。
2日目:日産自動車の経営者になったつもりで経営判断を行う、というワークをしました。社員はワーク中に常に学生を評価して回っています。
3日目:各グループが生産管理やマーケティングのように、部門になりきり、グループ連携で1つのカンパニーになり、売上を多く上げようというワークでした。 4日目:前日のワークの発表を社員に向けて行いました。また、午後には座談会が設けられていて、各部門の社員の方の話を聞くことができました。また、執行役員の方の講和もありました。
インターン後には、ワーク中の自分の評価が、学生の中での順位や点数も付けられて返却されました。また、職種紹介セミナーや、キャリアを考えるセミナーへの招待もありました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ