JFEスチールのインターンシップ体験談

JFEスチールの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • JFEスチールのインターンシップ(2019年卒,2月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

JFEスチールのインターンシップ(2019年卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社JFEスチール
参加期間5日間
参加時期修士一年の2月
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

①大学院の研究が忙しかったこと。②大学院まで進んだし、なんとかなるだろうという過信。から、夏のインターシップは、特に準備もせず応募したら、希望企業のインターンに落ちてしまいました。冬のインターンで、希望業界の勉強や、職場の雰囲気、希望企業の選定や、面接で言えることの準備が必要と考えました。学会発表や、中間発表に影響が大きくない且つ自身の希望業界に属している企業のインターンに参加したいと考えたので、JFEスチールの冬季のインターンに参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

業界研究、企業研究、自己分析、ボールペン字講座

ES、面接の内容

ESとして、インターンの志望動機を書きました。希望業界ではありましたが、第一希望の企業ではありませんでした。そこで、業界を志望している理由を、自身の研究の背景等と絡めて書き上げ、更に今後、そういった業界を希望する上で必要な知識等を学びたいと考えたため。といった感じに締めくくりました。

インターンシップで体験した仕事内容

研究テーマを決めて、インターンシップの期間内に研究を進めながら、最終日に全体に向けて自身の研究内容を発表するという内容でした。

研究テーマはざっくりと実際の鉄鋼生産の現場における課題を解決するというテーマであり、大学院で行っている研究と比べるとかなり実践に近い内容で面白かったです。すなわち、実操業では、最適化されたラボ内の事象とは異なり、様々な予期しない問題や、わからないこと等が発生するため、それらをリアルタイムで対応していくという、かなりスピード感も求められる内容でした。

正直、自分ひとりでは、知識や経験的に対応できない部分もありましたが、社員さんがついてくださったため、研究をスムーズに進めることができました。更に、JFEスチールで働く日常もしっかりと学ぶことができました。(実際に作業着を来たり、社員さんに挨拶したり、社員寮に止まったりすることができます。)

最終的には、プレゼンで研究内容を発表しなければなりませんでした。社員さんの前で、研究内容を発表するということは、学会や、学内の中間発表とはまた全然違う緊張がありましたが、資料作成等もサポートしていただいたので、自身を持って発表に臨むことができます。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ