ボストン コンサルティング グループ(BCG)のインターンシップ体験談

ボストン コンサルティング グループ(BCG)の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

ボストン コンサルティング グループ(BCG)

ボストン コンサルティング グループ(BCG)のインターンシップ(2015卒,冬)体験談

インターン、学生情報

企業名Boston Consulting Group
インターンシップ名Winter Internship
参加期間3日
参加時期大学院1年目の冬、2014年
職種コンサルタント
大学名、学部名東京大学
卒業予定年2015年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

コンサルティング業界に関心があったため応募しました。外資系コンサルティング会社ではインターンが就活のプロセスの一部となっており、インターンで良い結果を残すと最終面接に進めるので、非常に大事なイベントです。夏にもインターンがあり参加しようとしましたが、学校の行事との兼ね合いで参加できず、冬のインターンに参加しました。意欲の高い優秀な学生が多いと聞いており、特に専攻が違う学生との話は大変勉強になりました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

夏に他社のインターンを受けており、ある程度は慣れていました。インターンは経験がモノを言う部分もあるので、たくさん応募して経験を積むのも手だと思います。

ES、面接の内容

ケース面接、なぜこの業界を志望するかなどが聞かれました。ただし、

ボストン・コンサルティングのインターンシップ(2014卒)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ボストン・コンサルティング
参加期間数時間
参加時期2015年
卒業予定年2014年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学院では精神医学の研究をしており、医師の補佐や診断の判定にも加わっていました。その中で、医療機器を使用する機会が多々あり、その経験と医学の知識を生かせる医療機器部門の営業を行えるボストン・コンサルティングの医療部門に興味があったから。また、ボストン・コンサルティングは業界初の画期的な医療機器を開発する挑戦的な企業であり、社風が個人的に合っていると感じたため。外資系ゆえ、若手にも仕事を任せていただける社風だったので興味をもちました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

調べることが多すぎるので、自分の志望部署である医学部門のところだけをインターネットで調べました。

ES、面接の内容

面接内容としては、最初は集団面接でした。事前に記入したESとはほとんど関係なく多様な質問をされる。質問の半分以上は


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ