就活の面接の平均時間はどのくらい?長さは合否に関係あるのか

面接が終わるとほっとする反面、様々な不安がわき起こります。その不安の中の1つとして、面接時間に関するものがあります。「面接時間が長かったら合格って本当?」「面接時間が短かったけれど大丈夫かな…」など考え込んでしまう人は少なくありません。
そこで今回は、就活の面接の平均時間や面接の時間と合否の関係についてご紹介します。

目次

面接の平均時間は?

平均としては約30分

一般的に見ると、面接の平均時間の目安は約30分となっています。
もちろん、面接の時間は様々な事情で変化します。例えば、面接官がたくさん質問をしたり、長く話したりする人であれば、それだけ面接にかかる時間は長くなります。また、個人面接や集団面接といった形式の違いによっても、1人に与えられる面接時間は変わります。

企業によって異なる

面接の時間は企業の方針によって異なります。
「就活生の内面を深く知りたい」と考えている企業なら、何度も繰り返し質問を重ねて回答を深く掘り下げるため、面接時間は長くなります。一方で、決まった質問項目を確認できれば良いと考えている企業であれば、短時間で面接は終わるでしょう。

面接の段階によっても違う

面接に必要となる時間は「面接が今どの段階にあるか」によっても違います。
一次面接では就活生に関する情報が提出された書類しかありません。そのため、文字情報だけでは分からない情報や就活生自身の人柄を知るために、比較的長い時間をかけて面接が行われることがあります。
しかし、最終面接では就活生に関する情報は出揃っているため、それほど数多くの質問をする必要がありません。そのため、短い面接時間で済むケースも少なくないのです。

面接の長さは合否に関係ある?

長さで合否を判断するのは難しい

これまでお話しした通り、面接時間の長さは企業の方針や面接の段階によって異なります。また、「長い時間をかけて相手を知りたい」と思う面接官と「直感的に判断したい」と考える面接官とでは、面接時間は自然と変化していきます。
このように面接時間の長さには選考以外の様々な要因が絡んでくるため、就活生が合否を判断することは、かなり困難なことであると言えるでしょう。

「長ければ合格」というケースもあるが100%ではない

「面接時間は長ければ合格」と言われることがありますが、これは本当なのでしょうか?
この時に考えてみてほしいのは、面接の時間よりも「内容」です。面接官にたくさん質問され、あなたも一生懸命答えたために、面接の時間が長くなったのであれば「合格にしようかな?」と思ってくれている可能性は高いでしょう。
しかし、お互いに沈黙がちで間延びした面接だったとすれば、「面接時間が長いから合格」とは一概には言えないのです。

あまりにも短い場合は不合格の可能性も

あまりにも短い時間で面接が終わってしまった場合には、不合格の可能性も考えられます。
十分な質問もなく面接を終了されてしまう原因としては、身だしなみや話し方といったビジネスマナーが身についておらず、面接官に与える第一印象が悪いことが考えられます。
書類選考は通過するのに、面接に進むと短い時間で終わってしまう時には、自分を見つめ直すことが必要となるでしょう。

面接の時間が長くなる/短くなる理由とは?

企業があなたに興味を持つと長くなる

企業が就活生について「もっと知りたい」「面白い人だ」と興味をひかれた場合には、「入社してうまくやっていける人か」を確認したくなります。そのため、あなたに対して様々な角度から質問を投げかけ、面接が長くなる傾向にあります。
それらの質問に適切に回答できれば、合格の可能性は高くなるでしょう。

あなたの話がまとまらないと長くなる

面接官からの質問に対して、しどろもどろになったり、考え込んだりすると、回答に時間がかかります。このような場合には面接時間が長くなればなるほど、面接官に「論理的に話せない人だ」というネガティブな印象を与えてしまい、その結果として不合格の可能性が高くなってしまいます。

応募者が多いと短くなる

1人に与えられる面接時間が短くなる要因としては、応募者の多さも挙げられます。
人気のある企業には多くの就活生からの応募が集まります。そのため、1人にかけられる時間が必然的に短くなってしまいます。このような場合には面接時間の長さは選考の合否に反映されません。

最後に

就活の面接で大切なのは、その長さではなく「中身」です。面接の中身がしっかり整っていれば、面接時間が長くても短くても合格の可能性が高まります。
まずは、第一印象で「この人は社会人としてはダメだ」と短時間で面接を切り上げられないように、相手に良い印象を与えるマナーやスキルをしっかり身に着けることが大切です。そして次に、質問に対して質の高い回答が出来るよう練習を積み重ねてみてください。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ