豊田自動織機【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

豊田自動織機の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

株式会社豊田自動織機はトヨタグループに属していて、自動車、産業用車両、繊維機械の販売を担う大手機械販売メーカーです。
自動車、自動車関連部品と産業用車両の売り上げが全体の大半を占めていて、フォークリフト販売ではシェア、販売台数1位(2016年現在)となっています。
設立は1926年で、従業員数は52,623名(2017年3月31日現在)です。

内定者のES一覧

豊田自動織機

豊田自動織機 2019卒,事務系総合職エントリーシート

志望動機を教えてください。400文字以下

貴社の、変化に対応し挑み続ける姿勢に強く共感したため志望する。貴社は、歴史が長く基盤も盤石と言われる大企業である。しかし、その背景には時代や社会の需要に合わせて繊維機械、自動車関連、産業車両などの新たな産業、製品を生み出す挑戦の継続があったのだと考えている。時代によって求められるモノは変化するため、メーカーにとって新たな産業や製品を生み出す挑戦力こそが最も重要な力だと考える。私は以前、所属サークルが廃部寸前に陥ったことがある。この原因は、昔の風土や制度に固執し、その時代の潮流に合わせた新たな試みに取り組まなかったことであった。しかし、廃部危機に陥って初めて変化しないことの怖さに気づき、昔ながらの制度も残しつつ、

豊田自動織機 2019卒,技術職エントリーシート

学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容(250文字以内)

私は材料工学に興味を持ち、研究に活用しました。材料工学は様々な材料の組成、構造、力学物性に関する知識を活用することによって材料の細部まで考えることができる学問です。材料工学の細部まで徹底したモノづくりを行うことができる点を活用することで、研究では目に見えない微細な部分の原理を考えながら材料の力学物性の向上を図りました。私の材料工学の専門性を活用することでモノづくりの上流部分である開発に携わり、新しい材料技術を開発して貴社に貢献することができると考えています。

自己PR(400文字以内) 

私の強みは目標に向かって周りを巻き込む行動力です。その強みを最も発揮したのがアパレル販売員のアルバイト経験です。そこでは、興味のない商品の説明が長いという苦情が上がっていました。そこで、商品の説明を取捨選択することで苦情を0にするという目標を掲げ、業務改善に取り組みました。まず、改善意識をスタッフ間で共有するために、月例会議でお客様の好みを聞き出すことを主体的に提案しました。しかし、

豊田自動織機 2018卒,営業エントリーシート

志望動機を教えてください。(400)

貴社を選んだ理由は、生活を便利にするために技術を駆使して、常に最新の製品を生み出し、多くの人に活用してもらうことで達成感を感じ、一段と生活が豊かになる物を与えたいと思うため、この業界を選びました。
その中で貴社は、世界シェアNo1製品が3つあるにも関わらず、挑戦するという姿勢で新たな革新を生み出し、現状に満足することなく社会生活をより豊かにするために貢献を繰り返しているからです。また、社内では呼称する時に役柄ではなく、さん付けで呼ぶことによりフラットな関係で、雰囲気の良い会社に魅力を感じました。
貴社に入社してからは、私がアルバイトで身につけた向上心を生かして、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ