小野薬品工業【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

内定者のエントリーシート&本選考レポート

小野薬品工業株式会社2019卒 MRエントリーシート

あなたがMR職で挑戦したいことを教えて下さい。

私は、営業成績NO.1となり、一人でも多くの患者さんを救いたいです。私は1000gの未熟児で生まれ、学校にいけないほど病弱でした。そんな中私を救ってくれたのは【自分に合った医薬品】でした。自分に合った医薬品のおかげで現在は元気に過ごしています。私のように病弱の方・病気などで苦しんでいる患者様に患者様に合う医薬品をMRとして提供し、一人でも多くの患者さんに貴社の製品を広げることに挑戦したいです。

MR職に必要な資質をあげながら、MR職として働く上でのあなたの強みを教えて下さい。 ※300字以内

MRとして必要な資質は、お医者さんとの信頼関係を構築し、お医者さんと患者さんの潜在的なニーズを引き出すことだと思います。私の強みは、本音を言い合える環境を作り出すことです。4~12歳対象のタブレット教材を販売するイベント業務をしていました。導入部分は商品説明をせずにお客様との共通点・喜びそうな雑談を入れてから商品説明をしています。雑談を挟んで、本音を言い合える環境を作り出したところ、お客様が素を出してくれるようになりました。さらにお客様のニーズも掴むことが出来るようになりました。この強みを生かし、患者さんのニーズを引き出し、病気で困っている人々を救えるようなMRになりたいと思います。

あなたがMR職で挑戦したいことを実現する場として、小野薬品を選んだ理由を教えて下さい。 ※300字以内

私が貴社を志望する最大の理由は貴社が新薬開発に注力していることが挙げられます。貴社にはオプジーボという革新的新薬があります。そこには、開発費が売上高のおよそ27%を占めていることや、開発パイプラインの数が他社と比べて多いこと、オープンイノベーションといった取り組みの説明を受け新薬開発への強い熱意を感じました。そういった取り組みによって、革新的な新薬開発が出来ていると感じました。貴社の革新的な新薬を実際に患者さんのもとへ届けるといった意味では患者さんに最も近い場所で仕事ができると考え、開発力の優れた貴社でかつ患者さんに一番近いMRという職種で仕事をすることに興味を持ち志望させていただきました。

目標に向けて具体的にどのような行動を起こしましたか?また、その行動によって得られた成果も教えて下さい。 ※400字以内

大学では高校生物を発展させた、再生医療を主に勉強してきました。しかし私は生物科なのにも関わらず、高校時代に化学しか履修していませんでした。生物の方は全く勉強したことがありませんでした。高校の勉強が出来てる前提で大学の生物はスタートするので、最初は授業についていけない日々が続きました。このままではいけないと感じ、私は高校生物を1から勉強する事にしました。毎日高校生用の教材を勉強するとともに、大学の授業の勉強の予習復習を欠かさずやり、わからない所はすぐに先生に聞くようにしていました。その結果、三年生の成績で上位20%に入ることが出来ました。これらの経験から私は、何事に対しても予習復習する癖が付きました。予習復習する事で物事の道筋がはっきりと見えるようになり、物事に対して取り組みやすくなりました。これからも社会に出ても大学時の学業で苦しんだことを忘れずに、自己成長へとつなげたいと思います。

4~12歳対象のタブレット教材を販売するイベントで、インターン生60人のリーダーとして活動し、売上を3.5倍にしました。売上が伸び悩んでる際に、チームで話し合った結果【モチベーションの欠如】・【イベント効率が悪い】という結論になりました。課題解決の為、給与制度の変更、客層調査の強化を実行しました。固定歩合制からチーム制の完全歩合制に変更し、ターゲット層を絞り込み、ターゲット層の母数・特徴・ニーズを調査しました。当初は、周囲は非協力的でしたが、売上に貢献したい気持ち、自ら積極的に行動する事で、粘り強くやった結果周囲が認めてくれ、みんなが実践してくれるようになりました。結果、インターン生60人のモチベーションが上がり、イベントが効率的に進むことで売上が3.5倍に増加しました。社会に出ても、自ら粘り強く積極的に行動し、この経験で得たものを活かして、最善の結果の出したいと思います。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ