ジェーシービー【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

内定者のエントリーシート&本選考レポート

JCB 2020卒,総合職内定者エントリーシート

学業で力を注いだことをご記入ください。(400字以内)

統計学に力を注いでいる。私は大学時代にプレゼンテーション能力を鍛える活動をしてきた。そのプレゼンテーションの際に「圧倒的な根拠」があってこそ相手を納得させられると実感した。そして私はその根拠は統計学によって得られると考え、力を入れて取り組んでいる。 また、ゼミでは【現代で起きる経済問題を統計学を使用することで明らかにする】ことをテーマに研究している。その中でも特に「地方創生」に関して詳しく研究している。夏合宿では実際に奈良県に行き、同県が抱えている【観光客数は多いが、観光客数が極端に少ない】という課題に対してアプローチしていった。具体的には、仲間と協力しながらヒアリングやフィールドワークをすることで、課題に対して考えていった。課題に対してのソリューションが難しく苦戦したが、多くの方々のお話を何度も聞くことで自分たちなりに課題解決を奈良県に提案した。

学業以外で力を注いだことをご記入ください。(400字以内)

私はサークル幹事長として【学園祭にアイドルを呼びフリーライブを開催すること】に全力を注いだ。これは【サークルとして新しいことをしたい想い】【人々のアイドルに対する常識を変えたい想い】から企画したものである。特に苦労したことはキャスティングだ。最初に事務所宛てにメールした際は無視をされてしまった。しかし私は諦めず、直接会いに行き、商談の機会を設定してもらった。またその商談に向けて仲間と協力しながら、事前に資料を作成した。また、その際相手側のメリットが伝わるように工夫した。そして商談当日は「アイドルの常識をぶち壊し、

JCB 2020卒,総合職内定者エントリーシート2

自身が認識している強みと弱みをご記入ください。(400字以内)

強みは完遂力だ。私はこれまでスペイン留学、人力車、ベトナムインターンシップなど周囲が行わない事にも臆せず挑戦をしてきた。どの挑戦においても「逃げたい」と思った時期もあった。それでも自分自身が決めた道だからこそ困難に直面しても逃げず挑み続けた。結果、スペイン語資格獲得やCS評価向上など目標を達成するまでやり遂げる事が出来た。弱みは行動を重視し、考えが浅くなりがちな所だ。高校サッカー部では試合に出る事を目標に設定し、全体練習の後に居残り練習も行った。ベンチ外の日々が続いていたが、

JCB 2019卒,総合職内定者エントリーシート

学業で力を注いだことをご記入ください。400字

私はゼミでゲーム理論という行動経済学を専攻しています。ゲーム理論とは複数の行動者がどのような行動を選択し、利益を最大化させるかを考えるもので、飲食店の新規出店戦略や独占状態の企業が取るべき経済行動など、ビジネス戦略に広く活用されている学問です。この学問には協力型と非協力型がありますが、共通しているのは「相手の行動を読んでそれに最も合うように行動する」ということです。私は経済学部に入る前からゲーム理論を勉強したいと考えており、現在ゲーム理論専攻のゼミに所属しています。私のゼミが7人と少人数なこともあり、海外の参考書をテキストに詳しく学ぶことができています。ゲーム理論を学び始めて約1年が経過しますが、その中で私が学んだことは協調することの大切さです。ゲーム理論では一般的に相手を裏切るか協調するかの2択ですが互いに歩み寄った方が全体としても個人としても大きな利得を得られるということを学びました。

学業以外で力を注いだことをご記入ください。400字

私は今年2月、テニスの団体戦でエースとしてチームを率いました。チームに後輩が多く、またこの団体戦が終わったらサークルをやめるという1年生も数人いたため、「テニスやサークルの魅力を伝えること」が必要でした。そこで改めて自分が3年生として、またチームを率いる立場としてできることを考え、初心者スタートだった自分だからこそ共感できる後輩の悩みもあるのではないかと練習メニューや教え方から工夫し、実力向上を図りました。また、コミュニケーションをとるため、

JCB 2019卒,総合職内定者エントリーシート

学業で力を入れたこと(400字)

私はゼミでゲーム理論という行動経済学を専攻しています。ゲーム理論とは複数の行動者がどのような行動を選択し、利益を最大化させるかを考えるもので、飲食店の新規出店戦略や独占状態の企業が取るべき経済行動など、ビジネス戦略に広く活用されている学問です。この学問には協力型と非協力型がありますが、共通しているのは「相手の行動を読んでそれに最も合うように行動する」ということです。私は経済学部に入る前からゲーム理論を勉強したいと考えており、現在ゲーム理論専攻のゼミに所属しています。私のゼミが7人と少人数なこともあり、海外の参考書をテキストに詳しく学ぶことができています。ゲーム理論を学び始めて約1年が経過しますが、その中で私が学んだことは協調することの大切さです。ゲーム理論では一般的に相手を裏切るか協調するかの2択ですが互いに歩み寄った方が全体としても個人としても大きな利得を得られるということを学びました。

学業以外で力を注いだこと(400字)

私は今年2月、テニスの団体戦でエースとしてチームを率いました。チームに後輩が多く、またこの団体戦が終わったらサークルをやめるという1年生も数人いたため、「テニスやサークルの魅力を伝えること」が必要でした。そこで改めて自分が3年生として、またチームを率いる立場としてできることを考え、初心者スタートだった自分だからこそ共感できる後輩の悩みもあるのではないかと練習メニューや教え方から工夫し、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ