ジェーシービー【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

内定者のエントリーシート&本選考レポート

株式会社ジェーシービー 総合職エントリーシート

学業で力を入れたこと(400字)

私はゼミでゲーム理論という行動経済学を専攻しています。ゲーム理論とは複数の行動者がどのような行動を選択し、利益を最大化させるかを考えるもので、飲食店の新規出店戦略や独占状態の企業が取るべき経済行動など、ビジネス戦略に広く活用されている学問です。この学問には協力型と非協力型がありますが、共通しているのは「相手の行動を読んでそれに最も合うように行動する」ということです。私は経済学部に入る前からゲーム理論を勉強したいと考えており、現在ゲーム理論専攻のゼミに所属しています。私のゼミが7人と少人数なこともあり、海外の参考書をテキストに詳しく学ぶことができています。ゲーム理論を学び始めて約1年が経過しますが、その中で私が学んだことは協調することの大切さです。ゲーム理論では一般的に相手を裏切るか協調するかの2択ですが互いに歩み寄った方が全体としても個人としても大きな利得を得られるということを学びました。

学業以外で力を注いだこと(400字)

私は今年2月、テニスの団体戦でエースとしてチームを率いました。チームに後輩が多く、またこの団体戦が終わったらサークルをやめるという1年生も数人いたため、「テニスやサークルの魅力を伝えること」が必要でした。そこで改めて自分が3年生として、またチームを率いる立場としてできることを考え、初心者スタートだった自分だからこそ共感できる後輩の悩みもあるのではないかと練習メニューや教え方から工夫し、実力向上を図りました。また、コミュニケーションをとるため、女子の練習の指導に行ったほか男女合同練習も企画しました。本番では応援やアドバイスを通して後輩に気持ちよく勝たせてあげられ、自分も勝利して5勝4敗とチームの勝利に貢献できました。さらにやめると言っていた1年生も全員残ってくれました。この経験から、リーダーとは実力で周囲を引っ張るだけでなく、常に周囲を気にかけて支えていく存在であるということを学びました。

自身が認識している強みと弱み(400字)

私の強みは学生時代で培った試行錯誤力と諦めない精神です。私は大学からテニスを始めた際、当時のキャプテンに憧れて「自分も実力でサークルを牽引する存在になりたい」と考え努力を決意しました。私は経験者との実力差を縮めるために3年間試行錯誤を続けてきました。その結果今年2月の団体戦ではチームのエースとして出場し、チームの勝利に貢献することができました。私のこの強みを活かし、自己研鑽を積んで貴社に貢献していきたいと考えております。一方、私の弱みは熱中すると無理をしすぎてしまうことです。私は体力に自信があり、テニスの練習でも一日5時間前後の練習を毎日のように続けていました。その結果、疲れがたまって常に満身創痍のことも多くありました。また、アルバイトでも個別指導塾で講師をしていますがそのままカラオケのアルバイトで夜勤をするなど非常に体を酷使していたこともあり、周りにも迷惑や心配をかけてしまいました。

JCBが継続して成長するために必要だと考えること(400字)

常に日常生活における改善策や新しい決済方法を考える姿勢ではないかと私は考えております。貴社は国際ブランドホルダーとして新たなキャッシュレスソリューションシステムを構築、提供するという点で世界中の人々の暮らしを良くしていく上で欠かせない存在です。また、決済の機会が無限にある現代においては貴社とカード加盟店との連携によって社会問題などを解決する手助けにもなると貴社の説明会で伺いました。現在消費に起こりつつある大きな変化に加え、いずれはクレジットカードという形さえ無くなり何も持たずに買い物ができる世界になると言われています。一方で現在世界には小さな不満から地球規模の問題まで多くの課題があります。その中で貴社が継続して成長するためには、新たな決済方法の構築によってブランド会社のリーディングカンパニーになり続けることが必要であり、常にそうした新しいことを考えていく姿勢が重要であると考えています。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ