DTS【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

株式会社DTS内定者のエントリーシート

DTS 2019卒,総合職内定者エントリーシート

学生時代にもっとも力を入れて取り組み成果を上げたエピソード。特に工夫した点などあれば併せて記載。(300文字まで)

私が学生時代にもっとも力を入れたことは、所属サークル活動におけるキャンプイベント運営である。私はこれまでに2回運営に携わってきたが、1回目は自分含めメンバーの企画理解度が低かった為に、運営をスムーズに進行出来なかった。私はこの失敗を挽回する為に2回目のスタッフを担当し、課題の改善に向けて行動していった。私は課題であった企画理解度の低さを解消する為に、例年よりミーティングの回数を増やすことを提案したり、コミュニケーションを積極的に取っていくよう促したりした。会話が増えメンバー各々の理解が深まった結果、運営もスムーズに進行出来、参加者満足度も向上させることが出来た。

志望動機(350文字まで)

私の貴社への志望動機は2つあり、1つは貴社が様々な事業領域を持つ、独立系SIerであるということに魅力を感じたからである。1つ目に私が就職活動を通じて至った結論は、SE職として、ITの力でモノ作りをしてみたいということである。また1つの分野に特化したSEになるより、

様々な分野のシステム構築に携わりたいとも考えている。そこで貴社が金融業や製造業など幅広い事業領域を持ち、様々なことに挑戦できる環境があるということは魅力的であった。2つ目の動機は、貴社がグローバル展開に力を入れているということに魅力を感じたからである。私には、将来は海外を舞台に仕事をしてみたいという思いがある。そこで貴社が海外に拠点を持ち、これからより海外事業に力を入れていくという姿勢があるということは、非常に魅力的だと考えている。

私の特徴(300文字まで)

私の特徴は、負けず嫌いな性格を活かし、失敗を次の成功に繋げられることである。学生時代に最も力を入れたことでも述べたのですが、私は所属サークル活動におけるキャンプイベント運営にて、失敗と成功、2つの経験をした。私は昔から負けず嫌いで、何事においても失敗のまま終わるのが嫌な性格であった。その為、1回目の運営が失敗に終わってしまった時、次こそは必ず成功させてやると考え、2回目の運営スタッフに立候補した。そして成功に向けて主体的に行動した結果、成功させることが出来た。この経験のように、私は負けず嫌いな性格をモチベーションにし、失敗を次の成功に繋げられる特徴がある。

内定者プロフィール

会社名株式会社DTS
学校名同志社大学
学部系統経済学部
職種総合職
卒業年度2019年
内定日2019年6月20日

選考フロー

ES・筆記→面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

簡潔かつ論理的な記述

就活生へのアドバイス

なぜSIerなのか、なぜ独立系なのか、なぜDTSなのかを言語化する。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


IT・通信業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ