P&G Japanの就活本選考体験記(2020卒,PS)

P&G Japanの就活本選考体験記(2020卒,PS)です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名P&G Japan
部門(職種)PS
卒業予定年/卒業年2020
内定(内々定)が出た時期2019年4月
P&G Japanの就活本選考体験記

選考フロー

Webテスト→職種説明会・筆記試験→エントリーシート→面接2回

説明会

参加時期

2019年3月下旬

形式、選考への影響、感想など

職種ごとの説明会。選考のうえで必須。学生に対する社員の方の数が多く手厚いと感じた。

エントリーシート

提出時期

2019年3月末

提出方法

マイページから提出

設問、文字数

1.あるグループに参加し、全体を率いて、必要なサポートを獲得し、卓越した結果を実現した実例を説明してください。
2.他者とともに仕事をする上で、見解の相違があっても生産的な関係を作り、保つことができたときについて説明してください。
3.あなたがプロジェクトの方向を変え、その結果、時間やコストが削減された例を説明してください。
それぞれ全角半角問わず500字から700字程度

結果連絡の方法、日数

数日以内にメールで

留意したポイント、アドバイスなど

結論ファーストで完結に。設問の指定が細かいのですべての項目を盛り込むように。具体的な数字を用いて成果を分かりやすくアピール。の3点に留意した。

筆記試験

受験方法

職種説明会の後に会場で受験

内容や難易度

会社独自の問題。あらゆる言語で用意されている、英語、計算問題、ケーススタディ、図形認識問題で構成される選択式テスト。難易度はどれも高くはなくセンター試験程度の英語、電卓が使えれば対応可能。

結果連絡の方法、日数

エントリーシートとの総合判断なので、ES提出後数日でメールで連絡

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1人、ベテラン社員のかた

時間

1時間

質問内容や進め方

アイスブレイクのあと、ESの深堀り30分、

ケーススタディを2問、10分程度の後に逆質問

雰囲気

和やかで話しやすかった

留意したポイント、アドバイスなど

ESを色々な人に見てもらい、疑問質問をなるべく多く取り込んでそれをもとに深掘りを行った。

結果連絡の方法、日数

翌日、電話で

二次面接(最終面接)

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

2人、中堅社員の方とベテラン社員の方

時間

1時間

質問内容や進め方

1次面接と同じだが、すべて英語だった。

雰囲気

真面目。あまり和やかではなかった。

留意したポイント、アドバイスなど

雰囲気にのまれないようにした。ESの内容を英語で聞かれてもなるべく簡単な答えられるように訓練しておいた方がいい。

結果連絡の方法、日数

翌日、電話で

内定後

同じ部門の内定者数は何人くらいか

35人程度

内定後の拘束状況

特になし

OB訪問

内定先企業にOB訪問したか

しなかった

インターンシップ

内定先企業のインターンに参加したか

参加しなかった

この企業の選考全体を通して

企業研究をどのように行いましたか?

外資なので、日本法人とアメリカ本社のHPはどちらもチェックしていた。

選考で重視していたと思われる点は何ですか?

特に論理的思考、成長意欲、他者との協調性

この内定先の社員や内定者にはどんな人が多いと思いますか?

頭の回転が速い人、成長意欲の高い人、コミュニケーション能力が高い人

おすすめの選考対策、アドバイスがあれば教えてください。

ES記入時に過去の自分がどう考えてどう行動してその結果につながったのか、を考えると同時に、他者がどのように考えていたのか、についても思考を及ばせるようにした方がよいと思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


メーカー業界の就活本選考体験記の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ