インターンシップの応募は複数出しても大丈夫?

インターンシップに応募する際、複数の企業に応募しても大丈夫なのか?複数エントリーするのはマナー違反なのか?といった疑問を抱く大学生は多いです。
結論としては、複数企業のインターンシップに応募しても問題ありません。

インターンシップの応募は複数出しても大丈夫か?
目次

なぜ、「大丈夫です」と言い切れるのか?

20%。この数字が何を表しているのかわかるでしょうか?
これは、一般的にインターンシップでエントリーした内の実際に参加できる割合を表しています。
学生が自分に合ったインターンシップを選別するのと同じように、企業は自社に合った学生を選別するので、エントリーしても参加できる確率は20%程度なのです。もし同時に1社ずつしか受けなかったら、選考に落ちる→次の企業を受ける→選考に落ちる→次の企業を受ける…と繰り返しているうちに何ヶ月も経ってしまうことがあります。
そのため、複数企業の選考を同時に受けて、もし複数の企業に受かったらその中から選ぶようにしましょう。採用ではそれは普通のことであり、マナー違反ではありません。むしろ、複数の企業を同時に受けるのが常識です。

複数の企業に応募する際の注意点

さて、実際に複数の企業に応募したとしましょう。全て落ちてしまうかもしれませんが、運良くいくつも受かる場合もあります。その際に注意しなければならないのは辞退しなければいけない企業が出てくるということです。

優先順位を決めておく

企業としては、採用通知を出す際は、来てくれるのかどうかをなるべくすぐに知りたいものです。辞退される場合は次の候補学生に当たる必要があるからです。そのため、複数社から採用の連絡をもらった際に迷ってしまうことがないように、なるべく事前に自分の中での優先順位を決めておきましょう。

辞退の連絡をする

辞退することを決めたら、速やかに企業へその旨を連絡しましょう。辞退することは仕方ないことですが、それを連絡しないのは迷惑ですし、マナー違反です。採用通知のメールに対する返信で構いませんので、音信不通にならずに必ず連絡をするようにしてください。
きちんと連絡すれば企業に迷惑がかかりませんし、また縁があった時にその企業のインターンシップや新卒採用選考を受ける時にも悪い印象を与えずに済みます。

まとめ

インターンシップの選考は落ちてしまうこともよくあるので、複数の企業に応募するのが普通であり、特に問題ありません。早くインターンシップに行くためには、複数企業に応募をするべきです。
ただし、複数の選考を受ける際には事前に優先順位を決めておく、また辞退する際は必ず連絡をする、という点だけ守りましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 まだまだ18卒の秋採用などのエントリー締切もありますし、19卒も外資系などの早い企業はエントリー受付開...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む