インターンシップで複数社に応募すべき理由

インターンシップに応募する際、「複数の企業に応募しても大丈夫?」といった疑問を抱く大学生は多いですが、複数企業のインターンに応募してもまったく問題ありません。ここではその理由や複数の企業に応募する際の注意点、辞退のマナーなどについて解説します。

インターンシップの応募は複数出しても大丈夫か?
目次

複数のインターンに応募すべき理由

インターンの選考を突破するのは難しい

インターンは応募すれば誰でも参加できるわけではありません。書類選考やに面接などの選考を突破した学生だけが参加できます。人気企業や有名企業の選考倍率は100倍以上になることもあり、全体平均でも2〜3倍になると言われています。

1社ずつ受けていると、選考の結果が出るまで非常に時間がかかります。何社か同時並行で進めることで、効率よく選考を進めることができます。

複数応募する人がほとんど

インターンや本選考で複数の企業に応募するのはマナー違反ではありません。特にインターンシップは狭き門のところも多いので、ほとんどの人が複数の企業を同時に受けています。インターンシップの場合、だいたい5〜7社程度応募するのが一般的です。

辞退することも可能

複数企業の選考を同時に受けて、もし複数の企業に受かったらその中から選ぶようにしましょう。インターンシップを辞退することはマナー違反ではありませんので安心してください。実際にとりあえず応募してみて、受かった中から参加するインターンを選ぶ学生は多いです。

複数の企業に応募する際の注意点

受けすぎない

複数社に応募するのはいいですが、数が多くなりすぎないよう注意してください。複数の選考を並行して進めると、ES(エントリーシート)の作成や面接の準備などがしっかりとできなくなる可能性があります。

数が多いとスケジュール調整も大変になります。大学の試験期間なども考慮し、無理せずに進められる範囲で応募数を増やしていくようにします。

優先順位を決めておく

複数の企業に応募してもすべて落ちてしまうかもしれませんが、運良くいくつも受かる場合もあります。日程がかぶってしまうと、辞退しなければいけない企業が出てきます。

辞退が出た場合に企業は次の候補学生に連絡する必要があるため、参加可能かどうかをなるべく早く知りたいと思っています。複数社から採用の連絡をもらっても迷うことがないよう、事前に自分の中での優先順位を決めておきましょう。

参加を辞退することになったら

無断欠席はNG

インターンを辞退する際は必ず企業に連絡をしてください。筆記試験や面接などの選考に参加できない場合も同様に連絡が必要です。無断欠席は企業に迷惑をかけることになりますし、本選考を受ける際にマイナスとなりますので絶対にやめましょう。

できるだけ早く連絡する

面接辞退やインターン辞退の連絡はできるだけ早くしましょう。時間的に余裕があるようならメールでも構いませんが、前日や当日など直前の場合は電話で連絡するのがマナーです。

まとめ

インターンシップで複数の企業に応募するのは問題ありません。選考は倍率が高いので、参加確率をあげるためには、複数企業に応募するべきです。ただし、複数の選考を受ける際には、「スケジュール管理をしっかり行う」「優先順位を決めておく」「辞退する際はなるべく早く連絡する」という点だけ守りましょう。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!



インターンシップ参加のマナーの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ