【業界研究】信託銀行の現状・仕事内容・就職活動対策について徹底解説!

銀行業界と一口に言っても銀行業界には様々な種類の銀行が存在します。「銀行」という機能は同じでもそれぞれの銀行で取り扱う業務に違いがあります。
今回は信託銀行にフォーカスして有名企業や仕事内容、就活対策について解説していきます。  

【業界研究】信託銀行の現状・仕事内容・就職活動対策について徹底解説!
目次

信託銀行とは

信託銀行とは顧客の信託を受け財産を預かり、その財産の管理・運用を主な業務とする銀行を指します。ここでの財産には現金だけでなく土地などの不動産や有価証券なども含まれます。遺言の作成・保管、遺言の執行までを引き受ける遺言信託や、遺産整理業務など多岐にわたるサービスを提供していることが特徴です。  

普通銀行との違い

  信用銀行でも普通銀行と同じように預けられたお金を管理する預金業務や、法人や個人にお金の貸し付けを行う融資業務を含む銀行業務を行っています。それに加えて証券や債券、不動産の預かり業務などの信託業務と不動産の売買仲介や遺言などの相続関連の仕事を含む併営業務を行っていることが普通銀行との違いです。
逆に普通銀行は銀行業務以外の信託などの業務を取り扱うことは許可されていません。

信託銀行業界の現状【海外への資産運用ニーズの増加】

世界的に低金利が進んだことや海外での資産運用のニーズの増加を受けて銀行はそれに対応する戦略を広げています。低金利の効果で預金による収益が小さくなった銀行は、新たな収益を得るために海外での投資信託などの資産運用のサービスを積極的に展開しようとしています。
例えば三菱UFJ信託銀行は2018年にオーストラリアの資産運用会社を買収する予定であると発表しました。同社の社長は金融の中で成長の期待が高まるのは資産運用事業であると述べています。

信託銀行業界の有名企業

信託銀行業界で有名な銀行をいくつか紹介します。信託銀行は銀行業務の他に信託業務を主に行う銀行を指します。なので大手メガバンクのグループ会社が多く、名前が似ているので混同しやすいです。

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行は信託銀行の売上高ランキングではトップです。独立系信託銀行であり、国内唯一の専業信託銀行であるといわれています。通常の銀行業務だけではなくコンサルティング業務や信託業務、不動産業務など幅広いサービスを個人や法人向けに展開しています。

三菱UFJ信託銀行

三菱UFJ信託銀行は三菱UFJフィナンシャルグループのグループ会社であり、2005年にUFJ信託銀行と三菱信託銀行が合併して誕生した銀行です。信託業務では三井住友信託銀行に次ぐ業界2位の規模を誇ります。
証券投資業務や海外の運用機関と連携したサービスなどに強みを持っています。

みずほ信託銀行

みずほ信託銀行は業界では売上高3位です。みずほ信託銀行は「オールみずほ」というグループ会社全体で一体運営を行っています。そのためグループで情報を共有できるという点から、みずほ信託銀行では不動産関連の業務に強みがあります。

仕事内容

信託銀行での仕事内容を紹介します。信託業務など普通銀行では行っていない仕事もあるので、参考にしてみてください。

銀行業務

  普通銀行でも行っている銀行業務は個人や法人のお金を預かったり、逆に貸し付けるなどの業務を指します。この業務に関しては普通銀行とあまり違いはありません。

信託業務

  信託業務は個人や法人が持つ財産を信託の設定により委託され、管理・運用を行う業務です。
ここでの財産はお金だけでなく有価証券や不動産など財産的価値があるものを指します。

併営業務

  遺言の保管・執行などの相続関連業務やオフィスやマンションなどの不動産の価格交渉、引き渡しにおける不動産仲介業務などが含まれます。併営業務は信託銀行などの信託兼営金融機関でしか担うことが許可されていない業務です。

就活対策

就活対策として重要なことは業界や企業について深く理解し、その企業に合った就活対策や自己分析と合わせて志望動機を固めるなどです。就活で重視される要素の一つは人柄です。その企業と志望する学生がマッチングできるのかということです。ここではやっておくべき就活対策をいくつか紹介します。

業界・企業分析

学生がどれだけ業界や企業について調べているかは志望度の高さとして評価されます。なので業界・企業分析をしっかり行うことは選考の対策としてとても重要な作業です。
なぜ信託銀行なのか、なぜその企業なのかなど志望動機を作成する際にも業務や企業について理解を深めておく必要があります。

OB・OG訪問

業界・企業分析の方法の一つとしてもOB・OG訪問が挙げられます。OB・OG訪問では実際に働いている社員の方から働き方や会社の雰囲気などのついてリアルの声を聴くことができます。志望度が高い企業ほど積極的にコンタクトをとってみてください。

インターンシップ

インターシップは業界によっては選考と直結しない場合もありますが、業界や企業理解を効率的に行えます。 職場の見学や業務体験などができより業界の仕事について学ぶことができます。またOB・OG訪問同様に働いている社員の方と話せる貴重な機会でもあります。

最後に

就活生の中には「とりあえず金融業界をめざす」と考えている人も少なくないと思います。銀行業界は今回紹介したように普通銀行や信託銀行、信用金庫などで業務内容は異なってきます。よって効率的に就活を進めるためには業界・企業研究がより重要となります。OB・OG訪問やインターンシップに参加するなどしてしっかり情報を集めましょう。

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ