ユーシーシーフーヅのインターンシップ体験談

ユーシーシーフーヅの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

ユーシーシーフーヅ 株式会社のインターン体験談
目次
  • ユーシーシーフーヅのインターンシップ(2021卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • ユーシーシーフーヅのインターンシップ(2020卒,2月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ユーシーシーフーヅのインターンシップ(2021卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名 ユーシーシーフーヅ株式会社
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年生の1月
職種営業職
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

 カフェに行くことが好きで、コーヒーの飲み比べをよくしていたから。UCCコーヒーを使用しているお店は、看板を外に出しているのでそこで企業名を知った。UCCグループの中で、商社機能を担うユーシーシーフーヅのインターンシップに参加することで、コーヒーがどのように作られ、飲食店に売られるのかという流れを知ることができるのではないかと考えた。また、営業職に就きたいと思っていたので、実際に業務を体験できる点にも魅力を感じた。メニュー提案をするために必要な情報や技術の知識を得るために、非常に参加意義のあるインターンシップだと思った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

企業のホームページに目を通した

ES、面接の内容

OpenESをマイページ上で提出した。リクナビにもともと登録していて、

すでに記入を済ませていたので特に準備はしていない。参加していた学生は、海外経験や飲食店での勤務経験がある人がほとんどだった。グローバルな視点や、食への関心をアピールできると良いと思う。

インターンシップで体験した仕事内容

 最初に、UCCグループ、食品卸についての説明をされた。グループは全77社から構成され、その中でユーシーシーフーヅは業務用サービスを担当していると分かった。ユーシーシーフーヅの組織とキャリアについての話もあり、スタートは全員営業職だと言っていた。
 午前中のグループワークでは、自社製品の試食を行った。インターンシップに参加するまではコーヒーのイメージが強かったが、パスタやソース、デザート類も卸していると分かった。特に印象に残ったのは、8秒で茹で上がるスパゲッティの実演。
 午後からは別のグループで、グループワークを行った。各グループで店舗を選び、新メニューの提案を行った。メニューはパンケーキを使用するという条件以外は自由で、実際に商品を使い盛り付けまで行った。プレゼンテーション資料をまとめる、盛り付けを考える、営業担当者と取引先それぞれを演じるなど役割が多く、チームワークが非常に重要だと感じた。最後に社員の方からフィードバックを貰い、終了した。

インターンシップで得たものや成長できた点

 営業職と一言で言っても、ルート営業、フィールド営業、広域営業、ソリューション営業と様々な種類があると分かった。インターンシップで担当したルート営業では、一社購買でコーヒーから食材までが揃うグループ力を生かして、お客様の好みに合った提案をすることが大切だと感じた。また、企業が求める人材像としてはコミュニケーションスキルがあり、チャレンジ精神を持った人、ポジティブな捉え方ができる人が挙げられるとインターンシップを通じて思った。

インターンシップの報酬

自社製品、昼食

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

 飲食店の中でカフェという分野に関心があったが、インターンシップ参加を通じて飲食業界を広く見てみようと考えるようになった。現場を見るという意味では、営業職よりもサービスに従事した方が消費者との距離を縮められると思ったので、ほかの業種についても調べたいと思う。

このインターンはどんな学生にオススメ?

 コーヒーが好きな学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

 OpenESを使用している企業は多いので、一度記入すれば使い回しが可能である。本選考のエントリーシートの練習にもなるので、おすすめしたい。また、参加していた学生は話し上手で明るい人が多かった。私はコミュニケーション力がある方ではないので、本番の面接で苦労しないようにアルバイト先やサークルでたくさんの人と会話をしておけば良かったと思った。ユーシーシーフーヅのように、まずは営業職という企業においては会話力が何よりも大切になるのではないだろうか。

ユーシーシーフーヅのインターンシップ(2020卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名ユーシーシーフーヅ 株式会社
参加期間1日
参加時期大学3年生の2月
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

食品について学んでいたので、食品業界しか見ていなかった。私はコーヒーが好きで、毎朝ユーシーシーのボトルコーヒーを飲んでいたのでなじみがあった。ユーシーシー上島珈琲は知っていたが、ユーシーシーフーヅ についてはあまり知らなかったので、インターンシップに参加して情報を得ようと思った。このインターンシップでは昼食に商品が食べられるとのことだったので、どんな商品があるのか知りたいと思っていた。飲食店のメニュー提案に興味があったので、この機会に何か学べるものがあればと思い、エントリーした。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ホームページを見て情報を集めた。

ES、面接の内容

openESでした。質問項目は学生時代に力を入れた事(400)と自己PR(400)、

研究内容(300)でした。ガクチカと自己PRについては写真を添付しました。この頃のエントリーシートは未熟なものでしたが通過したので、それほど難易度は高くないと思います。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップは10時から16時半までのプログラムでした。
大まかな流れとしては、
1、会社についての説明
どんな会社なのか、仕事内容、福利厚生、商品説明などでした。この会社は業務用食品を扱っており、いくつかプライベートブランドをもっていますが、私たち一般消費者にはなじみのないものだったので参考になりました。
2、商品試食
お昼休憩に商品を自由に試食する時間がありました。パスタやサラダ、ピラフなどたくさんあってお腹いっぱいになりました。すぐに茹で上がるパスタの実演もありました。
3、グループワーク
プライベートブランドを活用したメニュー作成
1グループ5〜6人でのグループワークでした。どんな設定かを各グループで選び、話し合って模造紙に考えをまとめました。それだけでなく、実際に売る商品を用意されている商品を使って作りました。私の時はパンケーキでした。話し合うだけでなく、実際に商品を作り上げるとなると問題点なども見えてきて、新鮮でした。

インターンシップで得たものや成長できた点

業務用食品を使ったメニュー販促は、お客様である飲食店の気持ちに寄り添った提案が必要であり、どんなところに着目してどのように商品を考えていくのか学べる機会となりました。グループワークの時間は長めにあったので、協調性がより大事であったと思います。1日を通して社員の方は1人だったので個人というよりかは全体を見ている感じでしたが、社員の方はシャキシャキとしていて視点が鋭いように感じました。発表時に質問を受ける時間があり、矛盾があると突っ込まれます。このインターンシップに参加するとインターンシップ選考ルートに乗ることができます。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

菓子メーカーに就職予定です。このインターンシップでは業務用食品について学ぶことができたので、業務用食品を扱うお仕事も面白いのかなと気づくことができました。私は食品業界しか見ていなかったのですが、そのなかでもどんな食品に携わるかを考えるために、インターンシップに参加するのは有効だと思います。

このインターンはどんな学生にオススメ?

食品業界に興味がある方、業務用食品に携わりたい方

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

この会社のインターンシップは比較的通りやすく、早期選考ルートに乗ることができるため、早いうちから面接慣れをすることができた点で参加してよかったと思っています。どの会社のインターンシップを受ければ早期選考を受けられるのか、早めに調べておくと本選考の時期に自信を持って望めると思います。食品業界のインターンシップは倍率が高く苦労しましたが、興味が少しでもある会社にはエントリーシートをどんどん出すこと、締め切りよりも早めに出すことをおすすめします。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


メーカー業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ