【企業研究】アサヒビール に就職するためには?就活情報を徹底解説!

アサヒビールはビールを中心に、ウイスキーやワイン・サワーなどの酒類の製造・販売を行っている企業です。アサヒビールに就職するためには徹底的な企業研究が必須です。アサヒビールの企業情報から就職活動対策まで徹底的に解説します。

目次

アサヒビールとは

アサヒビールは1889年に大阪麦酒会社として設立されました。その後1949年に朝日麦酒が設立、1988年に現在のアサヒビールに社名変更されました。本社は東京都墨田区に置かれています。またアサヒビールの売上はグループのなかでも42.5%と大きな割合を占めています。

アサヒビール の企業理念

公式サイトによるとアサヒグループのグループ理念は「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の想像」です。アサヒビールはこれを踏まえてビールを通じた楽しい生活文化の創造、新たな価値や新市場創造に取り組んでいます。

事業セグメント

アサヒビールには「ビール類事業」と「ビール類以外の酒類事業」があります。どちらの事業も家庭向け、飲食店向けどちらも扱っています。それぞれの事業で扱う主な製品は以下の通りです。

「ビール類事業」
アサヒスーパードライやクリアアサヒなどの缶ビールや瓶ビール

「ビール類以外の酒類事業」
国産ウイスキーのブラックニッカ、輸入ウイスキーのジャックダニエル、輸入ワインのサンタ・ヘレナ・アルパカ、缶サワーの贅沢搾りなど

ビール業界

2018年の国内のビール系市場は約3億9,390万ケースとなっています。アサヒビールの同業他社には、ザ・プレミアムモルツを製造するサントリービール、黒ラベルエビスを製造するサッポロビール、一番搾りを製造するキリンビールがあります。

従業員数・平均年収

アサヒビールの従業員数は5,960名です。アサヒビール単独の平均年収は公開されていませんが、アサヒグループホールディングスの平均年収は1,093万円となっています。同業他社の平均年収は以下の通りです

サッポロホールディングス 856万円
キリンホールディングス  1,082万円

3社とも比較的高い水準にありますが、そのなかでもアサヒホールディングスの年収は高いことがわかります。

アサヒビールの就職活動情報

アサヒビールの就活について解説します。

アサヒビールの職種

アサヒビールのには「事務系」と「技術系」があります。それぞれの業務内容は以下の通りです。

「事務系」
・業務用営業:飲食店、酒販店などへの営業
・量販営業:スーパー、コンビニなどへの営業
・営業企画:販促企画業務と実績を分析したり予算を作成する統計業務
・国際部:輸出を含めた販売管理、世界各国の経営管理、技術支援
・人事総務
・マーケティング:新商品開発、ブランド戦略を立案するマーケティング部や宣伝部、企画部など

「技術系」
・商品開発:新商品開発や容器、包装資材の開発
・技術開発:醸造技術や製造技術の開発
・醸造:いつでも同じ味のビールが再現できるように調整
・パッケージング:缶や瓶に詰めてかたちを整える
・基盤研究:研究開発の基盤技術を研究
・エンジニアリング:工場の設備や建物を管理

選考フロー

選考体験記によるとアサヒビールの選考フローは以下の通りです。

ES・Webテスト→1次面接→2次面接→3次面接→その他(飲み会)→最終面接→内定

その他の飲み会は本社近くの居酒屋で行われていますが、選考との関係性は明言されていないようです。

ES・面接の質問の特徴

アサヒビールのESは同業他社と比べても難関といわれています。ビールやアサヒへの情熱、チーム力を意識して書くようにしましょう。
【ESの設問例】
・あなたがアサヒビールに入社したい理由と、実現したい夢を教えてください。(700字以内)
・チームで困難なことに直面したエピソードとそこから学んだことを教えてください。(700字以内)

また面接は和やかな雰囲気で行われますが面接官によっては突飛な質問もあります。自分のガクチカやアサヒビールの求めるチーム力に沿ってアピールしましょう。

アサヒビールの就職活動対策

アサヒビールの就活対策についてご紹介します。

組織の中での役割を確認する

アサヒビールではチームで動くことが重視されています。ガクチカを考えるうえでもチームで活動した経験をアピールするとよいでしょう。また、そのチームの中でどのような役割を担ったのかも大切です。具体的なエピソードから独りよがりにならずチームに貢献できる人材であることをアピールしましょう。

粘り強さをアピール

新卒で入社した社員は基本的に営業からキャリアがはじまります。商品を仕入れてもらうために、居酒屋を渡り歩き他社に負けないように交渉する粘り強さが求められます。面接でも熱意や粘り強さをしっかりアピールしていきましょう。

最後に

アサヒビールの企業研究と選考対策についてまとめていきました。アサヒビールの選考では一貫して「酒への熱意」「粘り強さ」「チームで活躍できるか」を重視されます。この点に着目して企業研究を進めましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


人気企業の就活情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ