バーチャレクス・コンサルティング【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

バーチャレクス・コンサルティング内定者のエントリーシート

バーチャレクス・コンサルティング 2020卒,コンサルタント職内定者エントリーシート

学生時代に一番打ち込んだこと

留学選考の落選を経てカナダに私費留学し、帰国後にリベンジを果たしたことが挙げられます。自身の力で世界に友達を作り、英語で学問を学ぶことに興味を持っていた私は、3年前期に交換留学プログラムに応募したものの英語力不足で落選してしまいました。悔しさと翌年のリベンジに燃えた私は、休学をせずに私費留学をすることを決意しました。留学中は昼間に2つの語学学校に通うことで英語漬けの環境に身を置き、夜には大学の授業をオンラインで受講して単位を取得し続けていました。また弱点であった会話力向上のために言語交換会やアプリを用いて積極的に人と会うことで英語力を高めていきました。その結果、留学直後にクラス分けされた最下位のクラスから最上位のクラスまで辿り着くことが出来ました。更に、帰国後の交換留学プログラム選考では英語力が認められ、目標だった学部留学生として韓国の高麗大学校にて英語でマーケティングを学ぶことができました。この経験から、失敗しても新たな道を求めに行く力と、自分が掲げた目標に対して多種多様な手段を用いて実行する力を身に着けました。

自己PR

私の強みは挑戦心と向上心があることです。その裏付けとして3点あります。 1点目は大学三年時に、英語力向上と自力で海外の友人を作るという目標のもと休学をせずに私費でカナダへ半年間留学したことです。マッチングアプリや大学を3つ掛け持ちするなどして 海外の友達を150人以上、TOEICの点数を2倍近く高めました。2点目は大学で所属していた広告研究会にて、副委員長としてオウンドメディアを立ち上げたことです。メンバーの進捗管理や読者の分析を行いながら早稲田生向けの記事を執筆し、

月に5万PVを達成する学内1位のメディアにしました。3点目はVRやバーチャルYouTuberといった最先端の事業に従事したことです。VR事業では4年間勤務し、100人居るインターン生の中で1番の古株になり、バーチャルYouTuber 事業ではデビュー3ヶ月で立ち上げ当初目標にしていたTV番組出演やCM出演を果たしました。このような挑戦心と向上心を武器に、貴社において何事にもチャレンジしていきたいと思います。

志望理由

「地方から日本経済を回復させること」と「一人のビジネスパーソンとして国内外問わず活躍すること」を成し遂げたいからです。 二度の留学を通じて、多くの外国人が日本の文化や産業に対して興味・関心を持っていることを実感しました。このような日本が世界に誇ることができる分野を、自国の社会問題によって廃絶させたくないと思ったことから起因します。東京五輪を控えた日本では、都市部の開発が著しく進み、全国的に地方は転出超過の状況になっています。今後も大都市圏への人口流入が止まらず一極集中化が進めば、地方経済の衰退に歯止めがかかりません。そう考えた時、社会の抱える課題を網羅的に解決するためには、国内外から最新の知見やデータを学ぶことが可能であり、戦略からシステムを設計・構築し、実際の業務まで実行が出来るコンサルティング会社で行政の資源に合わせた官民連携が必要不可欠だと感じました。異文化の中で身に付けた多様性を受け入れる力や行動力を生かし、多くの社会課題にアプローチしていきたいです。

内定者プロフィール

会社名バーチャレクス・コンサルティング株式会社
学校名早稲田大学
学部系統商学部
職種コンサルタント職
卒業年度2020
内定日2019年5月12日

選考フロー

ES/WEBテスト→GD→面接3回

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

特に意識して工夫したことはないが、選考が多段階に分かれていたので、あまり各段階で矛盾することを言わないようには気を付けていた。この企業に限らず面接中の発言は覚えている範囲で書き留めておくようにしていたので、それが功を奏した。

就活生へのアドバイス

選考開始から内定までの道程が長くて大変ですが、その分こちらのあらゆる要素をきちんと見てくれているのも事実なので、自分の対社会人能力を高めるためにも選考を受けて損はないと思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


コンサルティング業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ