シグマクシス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

株式会社シグマクシスは三菱商事系の日系戦略コンサルティング会社です。
従来型のコンサルティングとは違い、社外のスキルやノウハウも取り入れて組み合わせて行う品質に妥協をしない「アグリゲーション」を強みとしています。 設立は2008年です。

内定者のES一覧

シグマクシス

シグマクシス 2020卒,経営コンサルタント内定者エントリーシート

エッセイテーマ あなたが思い描いている近い将来(5-10年後)はどのような社会で、あなたはどのように生きたいと思いますか。またそのために今何をしていますか。(全半角1000文字以内)

今以上にグローバル化した社会。またあらゆる業界の企業が連携して,テクノロジーが融合した社会。そして作業が少しずつAIに淘汰され,作業効率や処理能力よりも,コミュニケーション能力やアイデアの発想能力がより求められる社会。私はそんな社会においてコンサルタントとして業務改善や売り上げ向上などといった企業の課題に向き合いたい。特に私が関わりたいのは人々の生活の根幹となっているインフラ業界である。将来はより人口減少が加速し,国内のインフラ事業は低コストでの設備運営,維持管理,サービス提供が求められるだろう。例えば水道業界ではIOT技術の活用や,「水道民営化」という言葉があるように水処理技術の改善だけでなく,水道事業の運営や資産運用といった事業の見直しが求められている。こういった社会において,コンサルタントとして培った幅広い知識を生かして,解決策を導きたい。またコミュニケーション能力がより求められている社会において,クライアントの声をしっかり聞き,その声の裏に隠れている本音を汲み取りながらコンサルティングをしたい。プロジェクトチームの中では,

チームの中核を担う存在として個人のワークに固執することなく,周りにも目を向け,必要な時にはチーム内外の仲間を助けられるような存在でありたい。そして,世界の最先端の技術やノウハウを操ることができるグローバルな人材が求められている将来において,グローバルなネットワークを構築したい。将来このようなビジネスパーソンとなるために私は,大学においてインフラに関する勉強をしている。基本的な知識に関する勉強を軸に,どういったテクノロジーが実際に応用されているのか,技術者だけでなく経営者の立場を想定し,どうやってインフラ事業を運営していくのかといった勉強をしている。例えば,水道分野においては,現在の水質よりもキレイな水を手に入れるにはどういった浄化技術を用いるべきか,またその技術を導入することでどれくらいのコストがかかるかを算出し,水道料金をどう調整すれば事業が運営できるのかといった経営に関する学習もしている。そしてグローバル化する社会で生き残るために,国内でも英語での発表を行ったり,実際にベトナムとタイといった海外にそれぞれ2週間滞在し,現地の学生と一緒に環境問題に対するフィールドワークを行ったりしてグローバルな知見やコミュニケーション能力を鍛えている。

内定者プロフィール

会社名株式会社シグマクシス
学校名早稲田大学
学部系統商学部
職種経営コンサルタント
卒業年度2020
内定日2019年4月30日

選考フロー

ES/WEBテスト→GD→面接3回

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

深掘りの質問に対して、ロジカルかつ簡潔に答えること。1つ1つの問いに出来るだけスパッとわかりやすく答えることを心がけていた。面接が淡々と進んでいき面接官の反応がいまいちわかりづらかったが、取り乱さないように冷静に対応した。

就活生へのアドバイス

とにかく社員の話を聞くべきである。特にシグマクシスは様々な誤解を受けることが多く、「シンクタンク案件ばかりなのではないか」「戦略案件はそれほどないのではないか」など、実際に話を聞いてみなければ分からないこともたくさんある

シグマクシス 2018卒,コンサルタント内定者エントリーシート

あなたがなりたいと思い描いている近い将来(5-10年後)のご自身の姿はどのようなものですか。(全角400文字以内)

私は近い将来、関わった全てのお客様から「ありがとう」の言葉を頂ける社会人になりたいです。私は、中学受験時代にお世話になった地元の集団指導塾で、学部生の頃からアルバイトを続けております。自身の受験経験や学問知識を活かして全力で指導をし、生徒から合格報告を頂く喜びはかけがえのないものです。生徒やその親御様、周りの先生方から、自身の仕事に対して「ありがとう」の言葉を頂くことは、より一層の精進の活力となります。そうした経験から、将来も、自身の専門性やスキルを活かして、誰かの成功に貢献できる仕事に就きたいと考えています。ビジネスマンになった時、仕事で関わるお客様は多岐にわたることが予想されます。私はそんな全てのお客様に、ミーティング単位で「ありがとう」の言葉を頂けるよう、行動や思考に全力を注ぐつもりです。そうした小さな目標達成の積み重ねが、お客様にとっての究極の価値創造に繋がると信じています。

上記の内容を実現するにあたり、コンサルタント、特にシグマクシスを志望する理由をお書きください。(全角400文字以内)

コンサルタントを志望する理由は、深い意味での「ありがとう」の言葉を頂けると考えるからです。不特定多数のお客様から「ありがとう」の言葉を貰える仕事は多くありますが、私はより高次元な貢献を目指したいです。顧客企業の課題を解決し、その企業に関わる人々の生活の豊かさ向上に貢献出来るコンサルタントは、その目的に適うと考えます。また、

お客様のために何が何でも価値を提供するという姿勢を、若くして身に着けられる環境でもあると考えます。お客様の為に全力を尽くした結果得られる「ありがとう」は、他の仕事で得られる以上のものだと考えます。特に貴社を志望する理由は、自分からもお客様に「ありがとう」が言える会社だと考えるからです。「Xpartner」としてお客様と酸いも甘いも共有する中では、お客様から得られる知見や価値に感謝する機会も多いと考えます。そんな自他共に感謝し合える仕事を行い、日々成長したいです。

あなたが最も達成感を感じた出来事とその理由を具体的にお書きください。 (全角400文字以内)

集団指導塾のアルバイトで、担当生徒を全員合格に導いたことです。理由は、自分の努力が成果に繋がったと実感出来たからです。私の受け持つクラスは、小学校6年生が8名のクラスで、かつて自分が所属していたクラスでもありました。塾通いとはいえ遊び盛りの小学生の為、受験に対する意識が甘い生徒が多かったです。それに対して私は、勉強を押し付けるのではなく、中、高、大学時代における、部活動やプライベート、かみ砕いた研究内容などの雑談をする時間を、毎回の授業の終わりに5分程取ることにしました。未来の学生生活や勉強の必要性を少しずつでも伝える事で、生徒たちの意識を高めたかったからです。その為の塾長への許可交渉や、綿密な授業計画作りに尽力しました。結果、生徒たちの顔つきは少しずつ変わり、最終的には全員が私立中学校への進学を果たしました。生徒や親御様たちから頂いた「ありがとう」の言葉は、今でも忘れられません。

内定者プロフィール

会社名株式会社シグマクシス
学校名神戸大学
学部系統工学部
職種コンサルタント
卒業年度2018年
内定日2017年3月9日

選考フロー

一次面接→二次面接→三次面接

面接、エントリーシートにあたり頑張ったこと、苦労したこと

コンサルタントとしての素養をアピールするために、論理的に物事を組み立てる能力や、対人能力、リーダーシップ能力など、人間的な能力に関するエピソードを複数用意する形としておいた。

就活生へのアドバイス

数あるコンサルタント職の中でも、ベンチャー色の強いシグマクシスを志望する理由を明確化しておく必要がある。それには、挑戦心や、自分で企業したいなどのエピソードを語るのが有効である。また、技術的な仕事ではなくコンサルタントを志望する理由に関しても、人間力のエピソードと絡めて説明するのが有効。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


コンサルティング業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ