滋賀銀行【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

滋賀銀行

滋賀銀行 2021卒,総合職内定者エントリーシート

志望動機

私は関西経済の活性化に貢献し、関西の未来を創りたいと考えている。現在私はスーパーでアルバイトをしている。そして働く中で、常連のお客様と仲良くさせて頂き、お客様に感謝され嬉しさを感じる等、地域に密着した仕事をする事に喜びを感じてきた。私はそのようなお客様が住む関西を支え、その発展に最大限貢献したい。そして、貴行を志望する理由は2つある。1つ目は貴行の関西での影響力である。貴行は若く活力のある滋賀県において高いシェアを誇る。さらに、大阪や京都等、現在の関西経済の中心を担う県外の地域にも広く拠点を持つ。故に貴行はこれからの関西経済に不可欠な存在であると考える。2つ目は挑戦に対して前向きな姿勢である。貴行は、昭和13年に地方銀行で初めて、域外に出店を行った。また現在においても、地方銀行で初めてSDGs宣言を表明する等、積極的に前進していこうと姿勢が魅力的だ。以上より、私は貴行を強く志望する。

自己PR

私は様々な方と仲良くなれる人物である。以前、居酒屋で飲んでいた時に、隣の席に韓国人の方がいらっしゃった。そこで、話しかけおすすめの観光スポットや、お店、韓国の事等を話題に1時間ほど盛り上がった。 また、私は困難に当たろうとも諦めない根性のある人物だ。私は落語研究部に所属しており、

特に三味線を練習していた。上達の為にはかなりの練習量が必要だと感じ、週二日の正規の練習に加え、他の曜日にも練習時間を設けるようにしていた。最初の頃は順調に上達していたが、次第に伸びなくなりスランプに陥った。しかし、ここで逃げ出すのではなく、先輩に相談したり、自身の演奏を録画し見直したりすることで課題を明確にした。その上で練習時間を増やすことでスランプを脱却することが出来た。 私はこれらの強みを生かしお客様と仲良くなると共に、そのお客様の困りごとに粘り強く取り組み、解決していけるような行員を目指したいと思っている。

学生時代頑張ったこと①

私は落語研究部に所属しており、三味線・笛・太鼓の3班の内、三味線班の班長をしていた。ある日最も大事な寄席のリハーサルで、出囃子がひどいとの指摘を受けた。各班の演奏は決して悪くはないと思った私は、合同練習を増やす事を提案した。しかし「班単位の練習の方が質が上がる」という声もあり状況は膠着状態に陥った。そこで実際に録音した演奏を流し、残された時間で質を上げねばならない事、その為に現実的な対策を選択すべきである事、現状ではリズムのずれを直すのが1番大切だと考えてる事を説明した。それにより何とか賛同を得ることができ実現に至った。その結果、合同練習を多く行う事で一体感も生まれ、本番では最高の演奏をする事ができた。また、お客様アンケートでも、自由記入欄において例年より3割も多く、出囃子についてコメントを頂けた。以上の経験によりチーム全体がまとまる事の難しさと重要性を痛感した。

学生時代頑張ったこと②

スーパーでのアルバイトだ。私は主に品出しや接客をしていた。その中で、体の不自由なお客様のお買い物を手伝う等、お客様に寄り添った対応を心がけていた。ある時、お客様から商品の場所について問い合わせを受けた。私はその商品を必死に探したが、なかなか見つらなかった。結局時間をかけてやっと見つけ、お客様にお渡しした所、「お客様を放置してどういうつもりだ」とお叱りを受けた。私はお客様を想った行動が、実はそうでなかった事に衝撃を受けた。そこで、それ以降お客様の立場に立って接客を行うことを意識した。例えば、上記と同じ状況において、自身が商品を探し始める前に、商品を見つけ次第お渡しする旨を伝え、お客様には他のお買い物をして頂くことでお待たせすることのないようにした。そうして、お客様には満足のいくお買い物をお楽しみ頂けるようになった。以上の経験より相手の立場に立つことの大切さを学んだ。

内定者プロフィール

会社名滋賀銀行
学校名大阪大学
学部系統法学部
職種総合職
卒業年度2021
内定日2020年6月3日

選考フロー

リクルーター面談1回、面接2回

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

ESの分量としては他行に比べて重めな印象だったので、人事の方が読みやすいよう意識した。 リクルーター面談では会話を楽しみつつ、その中で話や質問を膨らませていき、コミュニケーション力も示した。

就活生へのアドバイス

滋賀銀行は早期選考に呼ばれる人もいれば、そうでない人もいたりと人によって選考スピードは様々です。周りを見て焦らないようにしましょう。

滋賀銀行 2018卒,総合職内定者エントリーシート

あなたが滋賀銀行を志望する理由をお書きください。

私の母親の故郷である滋賀県を盛り上げたいと思い、御行を志望しました。滋賀県は、琵琶湖が主な観光地ではありますがもっと他にも見るべきものがあります。観光客などにもっとより注目されるには地域の企業と共に成長しなければなりません。そのために私は融資を皮切りに行い、地元に根強い人気を誇る御行で成長の手助けをしたいと思い志望しました。

あなたは自分自身にどのような魅力があると思っていますか?自己PRも含めてご記入ください。

私の魅力は人と人の間を取り持つことができる点です。フットサルサークルの副キャプテンとして、チームの練習メニューを改革し強くさせた経緯があります。キャプテンとキャプテン以外の他のメンバー双方に意見を聞き、

合致するところで練習メニューを改革していきチームの力を強固なものとしました。

学生時代に力を入れて取り組んだこと

私が最も力を入れた取り組みは、大学二年生の夏休みの一か月半で「引っ込み思案の私が一人でアフリカを縦断したこと」です。自分の意見も言えなく行動力がないと、就職した時に会社や自分の損に繋がると思ったため思い切って海外へ身を投じました。その中でもなぜアフリカを選んだかというと、大学一年生の夏にインドへ行き劣悪な環境を乗り越えて、その経験を活かし未知の世界であるアフリカに挑戦したいと思ったからです。その際、自分の課題を克服すると共に以下の意識改革を行いました。一点目は「自分の価値観を無くすこと」です。常日頃から自分の考えを曲げない性格だったので、新たな文化を積極的に取り込むことで物事を柔軟に考える力を養うことに成功しました。二点目は「冷静さ」です。日本とは全く文化の違うアフリカで騙されることにより、窮地に追い込まれることが多々あったが冷静に物事を分析し対処することができました。

内定者プロフィール

会社名株式会社滋賀銀行
学校名中央大学
学部系統商学部
職種総合職
卒業年度2018年
内定日2017年6月5日

選考フロー

エントリーシート、webテスト、グループディスカッション、一次面接、二次面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

私はなぜ他の地銀、もしくはメガバンクではないのかを理由をはっきりと言えるようにしました。それを明確にすることで、よりこの銀行の志望度の高さをアピールできると思ったからです。

就活生へのアドバイス

なぜこの銀行なのかをはっきりと言えるようにしましょう。他にも沢山銀行はあります。そして入ってから何をしたいのか、自分のアピールポイントを絞ると良いでしょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ