住友ゴム工業【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

住友ゴム工業の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

住友ゴム工業株式会社はタイヤの売上高がブリヂストンに次いで国内2位、世界6位(2016年現在)の大手タイヤメーカーです。
売り上げの柱であるタイヤ事業以外にも「ダンロップ」のブランドを使用した製品の販売などを行っているスポーツ事業や産業品事業なども行っています。
創業は1909年、設立は1917年で、従業員数は6,693名(2016年12月末現在)です。

内定者のES一覧

住友ゴム工業

住友ゴム工業 2019卒,研究開発エントリーシート

志望動機

私が貴社を志望した理由は二つあります。一つ目は、貴社であれば若手の内から大きな仕事に挑戦できると思ったためです。私は今まで、部活や勉強、サークルのリーダーなどにおいて、より高いレベルに全力で挑戦した時にこそ、自分の成長を感じました。そのことから、自身の枠を超えて挑戦することが成長への一番の近道だと考えています。貴社でグローバルに活躍されている方から海外勤務先でのお話を伺いましたが、そのお話から貴社の挑戦できる社風を感じ、私も若手の内から様々な経験をし、自身を成長させたいと考えました。二つ目は、

住友ゴム工業 2018卒,技術職エントリーシート

学業、ゼミ、研究室で取り組んだ内容

水素製造を目的とした半導体光触媒電極の研究に取り組んでいます。水素は化石燃料に替わるクリーンなエネルギーであり、その製造法として環境負荷の少ない光触媒が注目されています。光触媒は光が当たると表面に強力な酸化力が生まれ、接触した水を分解し水素を発生させることができます。しかし、現状の性能は不十分であり飛躍的な性能向上が求められています。そこで代表的な光触媒であるTiO2と可視光応答性を持つCu2Oの2つの光触媒をレーザーを用いて複合化することで性能向上を目指すテーマに取り組んでいます。

自己PR

私の強みは「何事にも挑戦するバイタリティ」です。今回は修士1年生の時にタイへ留学した経験について述べます。留学は提携大学へ1ヶ月間の派遣ということで、海外経験のない私は「異文化に触れ、価値観を広げたい」と思い自ら留学を志願しました。派遣先の研究 室は留学生の受け入れが初めてであり、日本語を話せる人は誰も居なかっため、当初はお互いに会話を切り出せずにいました。その様な状況を打開したいと考えた私は、持ち前のバイタリティで積極的に会話をするように取り組みました。未熟な英語や身振り手振りを 交えながらでも想いが伝わったことは大きな自信になりました。その後は休日にスポーツ大会を企画し、

住友ゴム工業 2017卒,総合職エントリーシート

仕事を通じて成し遂げたいこと。また、当社でそれが実現できると考える理由。(400)

お客様が抱える課題解決のための解決策を提案する営業職に興味を持っています。行動力があり、様々なことに挑戦したい私にとって、色々なお客様の課題を色々な方法で解決できるということは、とてもやりがいを感じながら働くことができると考えます。お客様に提供する解決策に始めから決まった正解はないため、はじめから決めつけず、お客様と密にコミュニケーションを図ることによりニーズを把握し、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ