アシックス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

株式会社アシックス内定者のエントリーシート

アシックス 2021卒,総合職内定者エントリーシート

目標

クルーとのコミュニケーションを通じて、店舗の課題解決

理由

勤務先の店舗ではよく「ランチの注文後の待ち時間長い」という意見を頂いており、提供の目標時間を達成出来てないことが問題だった。これを「クルーが基準の数値を達成する為の具体的な行動を理解していない」ことが原因だと考えた。店長代理職としての責任感や6年間勤めており愛着が湧いている店舗の為に改善を決意した。

行動

1つは昼ピークが始まる前に一人ひとりに声をかけ、オーダーテーカーの人には「お客様が注文内容を3秒迷っていたら期間限定バーガーをサジェストする」やキッチンの人に「注文モニターを3秒に1回観るようにする」等その日の超具体的な行動目標を一緒に決めた。2つ目は昼ピーク終了後に同様に一人ひとりにその日の良かった行動を伝え、

その後に改善のための行動をフィードバックした。これは新人の従業員に特に効果的で、具体的な動きを定めることによりオレペーションの無駄が減り、動きが迅速になった。また高校生の従業員に「2種類のアドバイスが次回のシフトの時のやる気に繋がる」と言ってもらえ、私の工夫が店内の士気向上に繋がった。

教訓

結果として平均待ち時間を150秒から120秒に減らすことができた。この経験から効果的なコミュニケーションは他者の仕事にポジティブな影響を与えることを学んだ。

自分自身について

強み:アドバイス力
エピソード:周りの人間をよく観察し良い所はポジティブなフィードバックし、その後悪い所を改善点として伝えられる力だ。マクドナルドで店のトップとして働いているため、仲間の仕事へのモチベーションを上げるために意識的に行なっている。また店舗では老若男女働いているため、主婦の方や年上の男性にも進言できるようになった。
短所:心配性
改善策:1つ問題点を見つけると、不安になりそればかり取り組んでしまう。そのため自分の中で優先順位を決めて、やるべきことから取り組むように意識している。

企業選びについて

希望業界:メーカー 小売 金融 その他
重視する項目
第1希望 : 9.一緒に働きたいと思える従業員がいる。
第2希望 : 3.チャレンジできる環境がある。
第3希望 : 6.給与・福利厚生がよい。

ものづくりについて

興味 はい

志望理由

私はスポーツという側面からお客様の喜びを創造したいと考えている。貴社の世界の規模感、人を大切にするビジネス戦略はスポーツをしている人に限らず、多くの人を魅了させる会社であると考えた。スポーツをする中で重要な靴という分野をコア事業としており、お客様の要望や時代の変化に対応し、付加価値のある製品を提供し続け、また海外においても約8割の売り上げを生み出し、更に海外事業を伸ばしていく貴社に魅力を感じた。マクドナルドのアルバイトで培った「観察力」と「アドバイス力」を活かして、貴社の社員として「アシックス」というブランドを通じてより多くのお客様に付加価値と満足を提供したい考え、貴社を志望している。

入社後

マクドナルドのアルバイトで培った「観察力」を活かして、先輩方へ質問したり目で見て盗んだりすることで仕事を覚えていく。目標から逆算することで何を優先して行うかを考え、目標を達成するために常に挑戦し続ける。また、失敗した際には何がいけなかったのか原因を分析し、改善を重ねることで成功へと繋げる。

資格、特技

ルービックキューブを20秒で揃えること。全国大会にも出場した。

内定者プロフィール

会社名株式会社アシックス
学校名慶應義塾大学
学部系統経済学部
職種総合職
卒業年度2021年
内定日2020年6月8日

選考フロー

エントリーシート→1次面接→2次面接→最終面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

面接では志望動機の深掘りをかなりされた。ESに基づいて質問がされるので、ES作成の時点でアシックスの強みと自身の過去の体験をいかに結び付け、納得度の高い志望動機を作り上げる事が大切だと感じた。

就活生へのアドバイス

2次と最終の面接が少し圧迫的であった。ESに基づいて淡々と深掘りをされる。しかしそこで屈するのではなく、会社に対しての熱意を面接官にアピールできれば面接は突破できると思う。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アシックスに関する情報


このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
大学生おすすめコンテンツ