最終更新日:2024-05-27

シティグループ証券のインターンシップ/新卒採用情報(体験談・ES・就職イベント)

シティグループ(Citigroup Inc.)は、マンハッタンに本社を置く、金融関連事業の持株会社である。ユーロ債市場の第一人者。四大銀行やバルジ・ブラケットの一つ。ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSE: C)。


原点は第一合衆国銀行のニューヨーク支店。1998年10月8日、シティコープとトラベラーズ・グループの合併によって誕生した(時価総額1,400億ドル規模)。サンフォード・ワイルが社長・会長となり、2000年1月にシュローダーの投資銀行部門を22億ドルで買収した。4月に台湾の富邦グループ(Fubon Financial)へ15%資本参加した。7月にABNアムロ銀行から欧米銀行(EAB)を16億ドルの現金払いで買収した。2003年4月、ワイルがジャック・グラッブマン(Jack Grubman)にAT&Tの株価を引き上げるよう働きかけた問題等をめぐり、ウォール街の10金融機関も雁首を並べ、当局および証券取引委員会に和解金を支払うことで決着を図った。しかし9月にミューチュアル・ファンド不正事件(2003 mutual fund scandal)に発展してしまった。シティグループは世界金融危機で不良資産救済プログラム(Troubled Asset Relief Program)の対象となり、さらに連邦準備制度から手厚いベイルアウトを受けた。2014年、日本の個人向け事業を売却し撤退することを発表。新興国へリソースを振り分ける戦略の一環と見られている。2015年6月、メキシコの子会社のバナメックスは資金洗浄に対する内部統制の甘さをめぐり米司法省に捜査されていたところ、銀行秘密法にふれる重大な違反行為のあった可能性が指摘された。バナメックスの不祥事は30年以上つづいている。当局は調査を進めて、バナメックスがアメリカからメキシコへの送金業を独占しようとしていたときでさえ、麻薬マネーなどの不正ファンドが犯そうとする資金洗浄に対し、同行は適切な防止措置を送金システムに採り入れなかったものと判断したが、2017年5月22日シティグループは9740万ドルの和解金を支払って不起訴処分となった。それでも2018年1月、シティグループは資金洗浄コンプライアンスの欠陥をとがめられて7000万ドルの制裁金を課された。シティグループはオイルマネーとも長く持ちつもたれつの関係にある。1980年代からシティグループはユーロ債発行業務で国際金融市場に君臨してきた。ユーロ債は元が短資なので、主に変動金利で起債する。変動金利であるLIBOR・TIBORについて、これらの不正操作を企てた容疑でシティグループは2016年5月に4億2500万ドルの罰金を課された。このときCFTCはデリバティブ取引を有利に運ぶことが目的だったものと分析した。結局、それは一面的な見方であった。国際的な金利指標の不正操作は世界金融危機のときから行われており、特にLIBORはモーゲージ、すなわち不動産担保証券(MBS)の原債務とリンクしていたのであった。2018年6月、シティグループは約42カ国で国際金利指標を不正操作したとされ、1億ドルの制裁金を課された。こうした国際流動性を無理に延命する行為は、ドイツ銀行、UBS、JPモルガンにも指摘され、各行とも制裁金を支払っている。シティグループは国際流動性の一つであるMBSを延命するため、不動産賃借人の逃避を暗に妨げていたが、当局に摘発されて2880万ドルの罰金を支払うことになった。2021年、シティーグループは従業員の雇用条件に新型コロナワクチン接種を加えた。これはバイデン政権が連邦政府の契約業者にワクチン接種を義務付けたことに対応する措置。


引用:「シティグループ」『ウィキペディア日本語版』 (2024-07-17T13:22:46+09:00 時点最新版)

●事業内容
シティは、コーポレート・バンキング(法人向け銀行業務)、インベストメント・バンキング(投資銀行業務)、マーケッツ&セキュリティーズ・サービス(市場業務)、キャピタル・マーケット・オリジネーション(資本市場業務)、トレジャリー&トレード・ソリューション(キャッシュ・マネジメントおよびトレード・ファイナンス業務)などの商品サービスを、日本の法人・機関投資家向けに提供しています。

●住所
〒100-8132
東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディング

●代表者
代表取締役社長兼CEO マーク・ラウル・マリー・ルエ

●払込資本
1,519億円

●加入取引所
東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所、東京金融取引所

●加入協会
日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<2025年卒 新卒採用(東京)>
●募集ビジネス
・投資銀行
・マーケッツ
・証券サービス
・オペレーション
・テクノロジー


●応募対象者
大学・大学院を2025年9月までに卒業予定の方


<引用元>
https://www.citigroup.jp/hr/newGraduate/(2023-11-22)

<2024年卒 新卒採用(沖縄)>
2024年卒 新卒採用(沖縄)は募集を終了致しました。
ご応募いただきありがとうございました。

<引用元>
https://www.citigroup.jp/hr/newGraduate/(2023-05-19)

<2023年卒 新卒採用(東京)> 2022年卒 新卒採用(東京)の募集を終了致しました。
ご応募いただきありがとうございました。


<2023年卒 新卒採用(沖縄)>
●募集部門/配属職種
沖縄​オペレーション
■オペレーション業務(沖縄)
- 預金、融資、為替・決済・送金
- 証券・資金の決済及び証券の保護預り
- 決済にかかる顧客窓口業務
- 顧客・証券基礎情報の管理
- 業務外部委託先管理監督、業務継続に関する管理監督

募集会社1 シティバンク、エヌ・エイ
募集会社2 シティグループ証券


●募集部門
応募対象者
大学・大学院を2023年9月までに卒業予定の方


●募集人数
若干名


●募集学部・学科
全学部・全学科


●初任給
支給額:(年俸) 3,800,000円
基本月額:316,667円
※残業代支給


●諸手当
当社規定に準ずる


●昇給
当社規定に準ずる


●賞与
原則年1回、会社及び個人の業績に応じて支給


●休日休暇
完全週休2日制(原則として土・日)、祝日、年次有給休暇、(慶弔)休暇、産前 産後休暇など


●待遇・福利厚生・社内制度
各種社会保険完備、退職年金制度、産休・育児休暇取得実績あり


●勤務地
沖縄


●勤務時間
9:00-17:15 (休憩1時間)


●教育、研修制度
制度あり
【各社共通】
内定者研修、新人研修等あり


<引用元>
https://www.citigroup.jp/hr/newGraduate/
https://job.mynavi.jp/23/pc/corpinfo/displayEmployment/index?corpId=3967&recruitingCourseId=26532(2022-03-14)

<2022年卒 新卒採用(東京)>
2022年卒 新卒採用(東京)の募集を終了致しました。
ご応募いただきありがとうございました。


<2022年卒 新卒採用(沖縄)>
●募集部門
沖縄オペレーション

●応募対象者
大学・大学院を2022年3月までに卒業予定の方


<引用元>
https://www.citigroup.jp/hr/newGraduate/(2021-04-06)

 本ページの情報はインターンシップガイド事務局が企業様のコーポレートページや採用ページをもとに掲載しております。弊サイトは情報の正確性に万全を期しておりますが、採用情報の不備や変更、また利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為についてインターンシップガイドは何ら責任を負うものではありません。あらかじめご了承下さい。内容の不備、更新を発見された場合こちらよりご連絡いただけると幸いです。

シティグループ証券のインターンシップ体験談

東京大学 2025年卒

【インターンシップ体験談】 シティグループ証券

2024-06-20 01:18:05 作成

インターンシップ名
ウインターインターンシップ

早稲田大学法学部

【インターンシップ体験談】 シティグループ証券

2023-07-23 09:43:42 作成

インターンシップ名
-

東京大学

【インターンシップ体験談】 シティグループ証券

2023-07-23 09:43:21 作成

インターンシップ名
-
シティグループ証券の就活本選考体験記

某大学

【就活本選考体験記】 シティグループ証券

2024-02-22 19:31:19 作成

内定部門(職種)
セールス&トレーディング
大学1・2年生もインターンに行こう
インターン締切カレンダー
就活エントリー締切カレンダー
マンガでわかるインターンシップ
就活イベントまとめ
インターンシップ体験談
就活本選考体験記
内定者のES