中京銀行【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

内定者のエントリーシート&本選考レポート

株式会社中京銀行2019卒 総合職エントリーシート

人生の中で1番苦労したこと

愛知県庁主催の環境活動に挑戦した際、リーダーとして4人のチームをまとめることに1番苦労しました。このプロジェクトで私は初めて全く価値観の違う、他学部の人と共同で課題に取り組みました。お互いの主張が理解できなくて苦労しましたが、自ら分からないところを質問することで聞きやすい雰囲気を作ったり企画書にまとめることで相互理解を深めることに尽力しました。何事にも自分から積極的に行動することを心がけています

当行に入って実現したいこと

私は特に法人渉外に携わりたいと考えています。大学時代には愛知県の中小企業のサポートに力を入れ、地元の企業を今後も支えて行きたいと考える様になりました。渉外として地元の企業にお伺いし、

企業の発展の手伝いをしたいです。また、その他色々な業務に関わる中で人間力を磨き、ゆくゆくは後輩をまとめるような立場にいられるよう、成長を続けたいです。

自分の人生はどのようにデザインしたいか

私は結婚して子供を持っても働き続けたいです。地元に根付き、両親に協力してもらいながら子育てと仕事を両立させたいです。また、休みには旅行にでかけるなど、ワークライフバランスをしっかり保ちながら有意義な人生を送り、後悔のないように生きていきたいと考えています。

内定者プロフィール

会社名株式会社中京銀行
学校名愛知県立大学
学部系統外国語学部
職種総合職
卒業年度2019
内定日2018年6月8日

選考フロー

ES→webテスト→グループディスカッション→1次面接、2次面接→最終面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

書ける文字数が少ないので、自分が伝えたい情報に順位付けをして、上から順に乗せるようにした。単に最初から短い文を書くのではなく、まず最初に自分が言いたいことを全て書いた文を作って、そこから指定の文字数落とし込む方法をした方がよい。自分が伝えたい一番重要な部分が抜けては困るので、言いたいことを詰め込んだ分を作った後に重要度の低いものを切っていくことが大事。 「当行に入って実現したいこと」では、学生時代の経験と結び付けて、イメージしやすいようにした。

就活生へのアドバイス

グループディスカッションの時間が長く、面接官から与えられたお題だけではやりきれなかったため、新たな関連した話題を挙げると良い。ディスカッションも発展するし、貢献度も上がる。面接に関して、1,2次面接はほとんどエントリーシートの内容を聞かれるだけだが、最終面接は「あなたを動物に例えると」など変化球がくるので、緊張をほぐしながら柔軟に答えることが必要。終始温和な雰囲気だが、最終面接は1対役員2のため、少し緊張する。インターンやセミナーに参加したことで人事の方に顔と名前を覚えてもらい、声をかけてくれたりなどしてやりやすい雰囲気があったため、セミナーには参加して、質問などして顔を覚えてもらった方が良い。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ