最終更新日:2024-07-15

LINEヤフーのインターンシップ/新卒採用情報(体験談・ES・就職イベント)

IT・インターネット・モバイル・通信  paizaITエンジニア志望就職人気企業 4位  ▼もっと見る

LINEヤフー株式会社(ラインヤフー、英: LY Corporation)は、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」やメッセージングアプリ「LINE」等を運営する、ソフトバンクグループの大手インターネット企業である。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄。
ソフトバンク(2代)の連結子会社にして、同グループにおけるメディア・EC事業を担う。

1996年1月、Yahoo!(米国)とソフトバンク(初代法人。現:ソフトバンクグループ)の合弁会社、ヤフー株式会社として設立。
2017年、Verizon Communications Inc.がYahoo!(米国)の中核となるインターネット事業を買収し、それらをOath, Inc.に統合。日本における「ヤフー」の名称使用は、Verizonとのライセンス契約となった。ヤフー(当社)の株式は、Altaba Inc.が引き続き所有した。
その後、ソフトバンク(初代)は2018年9月までにAltaba Inc.の所有する当社株式のすべてを買収し、Yahoo!およびAltaba Inc.との資本関係は無くなった。
2019年10月1日、純粋持株会社体制への移行。

情報・通信事業(Yahoo! JAPAN事業)をヤフー(2代)、金融系企業統括部門をZフィナンシャルにそれぞれ承継
初代法人はZホールディングス株式会社として、グループ全体の経営機能を担う。
2021年3月1日、LINE(初代)との経営統合を実施。「新生Zホールディングス」誕生(詳細は、「LINEとの経営統合」を参照)。
2021年7月、VerizonよりYahoo!事業を行うVerizon Mediaを買収したApollo Global Management, Inc.との間で、日本における「ヤフー」の商標権などを1785億円で取得。
2023年10月1日、グループ再編を実施し、LINEヤフー株式会社に商号変更(詳細は、「LINEとの経営統合」を参照)。

2023年10月1日の合併以前については、Zホールディングス(当時)『第28期 有価証券報告書』、2023年6月15日(関東財務局長提出)、5 - 6頁を参照。
1996年(平成8年)

1月 - Yahoo!(米国。後の Altaba Inc.、2019年11月4日解散)とソフトバンク(現:ソフトバンクグループ)の合弁会社として、ヤフー株式会社を設立。
4月1日 - 国内初のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がサービス開始。
5月 - 東京都中央区日本橋箱崎町 24-1に本社移転。
7月 - 井上雅博が代表取締役社長に就任
1997年(平成9年)

11月 - 店頭市場(ジャスダック)に登録。
1998年(平成10年)

7月 - 「Yahoo!ゲーム」などの登録サービスが開始
1999年(平成11年)

9月 - 「Yahoo!オークション」および「Yahoo!ショッピング」が開始
2000年(平成12年)

1月 - 日本史上初となる株価1億円を突破。
2月 - 株価1億6790万円と、日本株史上最高値を記録。
3月 - ジオシティーズ(無料ウェブサイトサービス)、およびブロードキャスト・コム(音声・動画情報サービス提供)と合併。
7月 - 1日あたりのアクセス数が、1億ページビューを突破。
9月 - ピー・アイ・エムを吸収合併。同社子会社の電脳隊(現:スポーツナビ)を連結子会社化。
2001年(平成13年)

3月23日 - Yahoo! Cafe1号店が表参道にオープン。
5月 - 「Yahoo!オークション」の有料化
9月 - ビー・ビー・テクノロジー(後のソフトバンクBB。現 ソフトバンク(2代))が、「Yahoo! BB」のADSL商用サービスを開始。
12月 - イー・ショッピング・ブックス(インターネット書店。現 セブンネットショッピング)を子会社化。
2002年(平成14年)

4月 - 「Yahoo!オークション」における出品システム利用料の課金制開始。「Yahoo! BB」のビジネスモデルを、加入者獲得インセンティブなどに変更。
8月20日 - ネットラストを子会社化。
2003年(平成15年)

1月 - 国内初となる個人間クレジット決済サービス「Yahoo!ペイメント」(現 Yahoo!かんたん決済)が開始。
4月 - 東京都港区六本木6丁目 10-1に本社移転。
7月 - 有料制会員サービス「Yahoo!プレミアム」が開始。
10月 - 東京証券取引所第一部市場に上場。
11月 - ワイズ・インシュアランス(現:PayPay保険サービス)を設立(保険関連サービスへの展開)。
2004年(平成16年)

7月 - 全国で初めて、東京都主税局の公売をインターネット(Yahoo!オークション)で実施。
8月 - 情報セキュリティマネジメントシステムの認証取得
10月 - 1日あたりのアクセス数が、10億ページビューを突破。
2005年(平成17年)

3月 - 年間売上高1000億円を突破。
日経平均株価に採用される。
2007年(平成19年)

2月28日 - ジャスダック証券取引所に上場。東証とジャスダックへの重複上場は、日本駐車場開発に次いで2例目となる。
4月 - Yahoo! JAPAN研究所を設立。
4月 - 一部事業所を「東京ミッドタウン」に移転。
5月 - 月間318億PV数を獲得し、米Yahoo!を上回る世界一を記録。
11月上旬 - 新トップページのベータ版を公開。
2008年(平成20年)

1月1日 - 「Yahoo! JAPAN」の新トップページが公開。
11月 - 大阪支社を大阪市北区梅田2丁目 4-9「ブリーゼタワー」に開設。
2009年(平成21年)

4月 - 東京都港区赤坂9丁目 7-1 東京ミッドタウンに本店移転。
4月 - GyaO(後のGYAO)を連結子会社化。
7月 - 名古屋支社を名古屋市西区名駅2丁目 27-27「名古屋プライムセントラルタワー」に開設。
2012年(平成24年)

3月 - 企業内労働組合「ヤフー労働組合」が結成。eビジネス推進連合会を退会。
4月 - アスクルとの間で、コマース関連事業における資本業務提携。
6月 - 宮坂学が代表取締役社長に就任。
7月 - 川邊健太郎が副社長に就任。日本経済団体連合会に加盟。
7月 - 大阪支社を大阪市北区小松原町2番4号「大阪富国生命ビル」に移転。
8月 - YJキャピタル(現:Z Venture Capital)を設立。
10月 - バリューコマースを子会社化。BtoCインターネット通販サービス「LOHACO」が開始。
2013年(平成25年)

11月 - セーファーインターネット協会発足。
2014年(平成26年)

4月30日 - ジャパンネット銀行(現:PayPay銀行)の優先株が普通株に転換され、三井住友銀行と並ぶ議決権上の筆頭株主化。
8月 - ワイモバイル(現:ソフトバンク(2代))と共同で、スマホ各種サービスの提供開始。
2015年(平成27年)

1月 - ワイジェイカード(現:PayPayカード)を連結子会社化。
4月 - 「Yahoo! JAPANカード」の提供開始
2016年(平成28年)

2月 - 一休を子会社化。
5月 - 東京都千代田区紀尾井町1番3号「東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー」への本社移転開始(同年9月12日に移転完了)。
9月5日 - イーブックイニシアティブジャパンを連結子会社化(2022年3月付で、NAVER Corporationに株式譲渡)。
10月1日 -「東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー」に本店移転。
11月 - 本社内にオープンコラボレーションスペース「LODGE(ロッジ)」がオープン。
2018年(平成30年)

2月1日 - ジャパンネット銀行を連結子会社化。
7月11日 - delyを連結子会社化。
7月27日 - ソフトバンク(2代)との間で、バーコード決済サービス「PayPay」を今秋提供開始と発表。
8月 - ソフトバンク(2代)の株式公開買付け(TOB)により、Altaba Inc.の保有するヤフー(初代)の一部株式を取得。
9月14日 - Altaba Inc.が、ヤフー(初代)の株式をすべて売却。
11月30日 -「PayPay」がオンライン決済に対応。翌年2月以降、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」で順次導入。
2019年(令和元年)

6月 - 筆頭株主が、ソフトバンク(2代)に異動。
10月 -「PayPayフリマ」(現:Yahoo!フリマ)と、「PayPayモール」がサービス開始
10月1日 - 純粋持株会社へ移行(詳細は、「概要」を参照)。Zホールディングス株式会社へ商号変更。
11月 -「Yahoo!セールスプロモーション」の提供開始
11月12日 - ビズリーチとの合弁会社、スタンバイを設立。
11月13日 - ZOZOに対するTOBが成立。同社の発行済み株式50.10%を取得、連結子会社化。
12月27日 - 吸収分割により、ZHDのコーポレートベンチャーキャピタル関連事業を、ヤフー(2代)に承継。
2020年(令和2年)

3月 - ヤマトホールディングスとの間で、業務提携に向けた基本合意書を締結
6月 - マイベストとの資本業務提携、連結子会社化。
11月 - 世界的ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI) World Index」の構成銘柄に選定。
2021年(令和3年)

3月1日 - 川邊健太郎が代表取締役社長Co-CEOに、出澤剛が代表取締役Co-CEOに就任。
3月16日 - ZOZO、バリューコマースおよび一休の株式を、Zホールディングス中間に移管。
4月1日 - YJキャピタルとLINE Venturesの合併により、Z Venture Capital発足。Z Entertainmentの業務開始。
6月 - ESG投資の主要指標「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄に選定。
9月 - 出前館の第三者割当増資を引受。
12月 - クレジットカード「PayPayカード」の提供開始。MSCI ESG格付けにおいて最上位「AAA」を獲得。
2022年(令和4年)

2月 -「2030カーボンニュートラル宣言」を発表。
4月4日 - 東京証券取引所の市場区分再編に伴い、上場区分をプライム市場に移行。
10月 -「Yahoo!ショッピング」と「PayPayモール」を統合。
10月1日 - Bホールディングスを通じ、PayPayの連結子会社化。
2023年(令和5年)

3月 -「GYAO!」の提供終了。
4月1日 - 川邊健太郎が代表取締役会長に、出澤剛が代表取締役社長CEOに、慎ジュンホが代表取締役GCPOに就任。
10月1日 - グループ再編を実施。LINEヤフー株式会社に商号変更。
2024年(令和6年)

3月1日 - 有限会社松田酒店を吸収合併して一般酒類小売業免許を承継。
5月8日 - 情報漏えい(#セキュリティー問題)による度重なる行政指導を受け、韓国NAVERとの業務委託を終了すると発表した。

2007年(平成19年)2月16日、現在の上場先である東京証券取引所第一部市場に加え、ジャスダックにも同月28日に重複上場すると発表した。東証とジャスダックへの重複上場は、日本駐車場開発に次いで2例目となる。背景としては、ソフトバンクと本国Yahoo!の持株比率が、東証の上場廃止基準である少数特定株主の上限比率75%に近いことが挙げられる。しかし2013年(平成25年)7月16日、東京証券取引所・大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、重複上場は解消された。

2000年(平成12年)1月19日に東京株式市場で、ヤフーの株価は1株1億140万円で取引が成立し、史上初となる1株1億円を突破した。その当時のネットバブルを大きく反映したヤフーによる株価1億円の突破は、大きなニュースとして取り上げられ、世間でのヤフーの認知度がこのことにより一層に高まることになった。
同年2月22日に東京株式市場でヤフーの株価は1株1億6790万円の最高値を記録した。これは、初値(200万円)で株を取得していた場合、上場後1対2の株式分割を2度(1999年5月20日、11月19日)実施していることを考慮すると実質の株価は335.8倍に上昇し、(上場時の)1株当たり6億6960万円の含み益を有していたことを意味する(ともに手数料や税金などを考慮していない)。
その後は、株式分割が何度も繰り返され1株当たりの単元株価は低くなった(2023年6月現在、上場時の1株は819,200株になっている)。しかし、分割前の株価に単純換算すると当時からあまり変動しておらず、ヤフーは高い株価を保っている。

ソフトバンク(2代)とNAVER Corporationの共同出資会社であるAホールディングス(63.59%)の子会社であるため、実質的にソフトバンクグループの連結子会社である。
会社の時価総額がソフトバンクグループを上回った時期もあった。そのため"Yahoo!"の商標は、その知名度から提携等の形で、ソフトバンクグループ関連のブロードバンドサービス(Yahoo! BB)、ソフトバンクモバイルのIP接続サービス名(Yahoo!ケータイ)などに使われている。また休刊したインターネット専門誌「Yahoo! Internet Guide」などにも使われていた。

2019年11月18日、LINE(初代)との経営統合で合意
2019年12月18日、親会社のソフトバンク(2代)が、保有するZHD株式を汐留Zホールディングスに移管。
2019年12月23日、ソフトバンク(2代)、NAVER CorporationおよびLINE(初代)との間で、経営統合に関する最終合意。
2021年1月21日、LINE(初代)のZHDに対するTOBが開始。
2021年2月18日、LINE(初代)のZHDに対するTOBが終了。ZHDはLINE(初代)の子会社となる。
2021年3月1日、LINE(初代)との経営統合実施

ZHD親会社の汐留Zホールディングスが、LINE(初代)の親会社であるNAVER Corporationとの共同TOB等によりLINE(初代)を非公開化。
LINE(初代)が、汐留Zホールディングスを吸収合併(以下、「統合新会社」)
統合新会社の(グループ経営管理を除く)事業を、LINE(2代)に承継。また、同社の全株式をZHDに譲渡。
統合新会社は、ソフトバンク(2代)とNAVER Corporationの合弁会社(折半出資)Aホールディングスとして、ZHDの株式の過半数以上を有する親会社となる。
以上のように、LINE・ZHDともに上場会社であったことや税制面の問題から、非常に複雑かつ段階的な経営統合が行われ、最終的には、NAVER CorporationとソフトバンクがLINE株式(36.3%)と、ZHD株式(44.6%)を交換した形となる。
2023年10月1日、グループ再編を実施し事業会社へ移行。グループにおいて重複する事業体制を解消し、インターネット関連サービス事業の競争力を高める狙い。

慎ジュンホが、代表取締役CPOに職位変更。
ZHDが、ヤフー(2代)、Z EntertainmentおよびZデータを吸収合併。LINEヤフー株式会社に商号変更。
会社分割により、LINE(2代)の(海外子会社の経営管理を除く)事業をLINEヤフーに承継。
LINE(2代)は、グループ海外事業の統括会社、Z中間グローバルとなる。
金融事業の再編
会社分割により、LINE Financialの保有する(LINE Bankを除く)LINE証券やLINE Creditなどの株式をZフィナンシャルに移管。これにより、実質的に国内金融部門の統括機能をZフィナンシャルに集約した形となる。
LINE Financialの海外事業統括部門を、LINE Financial Plus Corporationに集約。
完全子会社のLINE Marketing Partnersが、LINEヤフーマーケティングに商号変更。
完全子会社のLINE Fukuokaが、LINEヤフーコミュニケーションズに商号変更。

2004年(平成16年)、Yahoo! BBの顧客情報が漏洩した事件。逮捕された元社員の中に創価学会幹部が2名含まれていたことが明らかとなる。また逮捕された創価学会幹部の一人は以前宮本顕治宅盗聴事件でも逮捕・起訴されていた。個人情報が漏洩した原因として、ソフトバンク社員であれば誰でも閲覧し入手できるような状況であったことを改めて発表。後日、社内における個人情報の管理を厳守するように徹底されることになった。

2009年(平成21年)8月 - 当初年会費無料だった「Yahoo! JAPAN ETCカード」を一方的に有料化したことから消費者紛争が発生、カード会員の一人が国民生活センターにADRを申請したがヤフーがセンター側の出頭要請に応じなかった(手続を拒否した)ため、国民生活センターに公表された。

100%子会社のTRILL株式会社が運営する女性向けファッション情報のキュレーションサイト「TRILL(トリル)」で、2014年11月~2015年5月までの期間、「広告表記のない記事広告」を掲載しており、外部メディアに配信されていたことが発覚した。これは広告を編集コンテンツと誤認させて届ける行為である。
この問題を受け、ヤフー株式会社が自社およびグループ会社を調査したところ、Yahoo!ロコ、carview!、みんカラ、Yahoo!映像トピックス、TRILL、Yahoo! BEAUTY、スポーツナビなどで同様に「広告表記のない記事広告」を掲載しており、Yahoo!ロコ、TRILL、スポーツナビでは記事広告が外部メディアに配信されていた。

2016年秋に、DeNAのヘルスケア情報キュレーションサイト(まとめサイト)「WELQ」が、不適切な内容や不適切な引用で問題になり、他社のキュレーションサイトにも厳しい目が向けられるようになった。ヤフーは10月、「TRILL(トリル)」で記事の画像が他サイトから無断で転用されていたとして、外部ライターに外注した記事を全て削除した。

2017年6月28日付の朝日新聞朝刊は、 通販サイト「Yahoo!ショッピング」が、出店者が広告料を多く払う商品を商品検索結果の一つ「売れている順」の最上部にくるように優遇しながら、「広告」と表示していないと報じた。この問題で消費者庁から「広告の表記としては不十分」と指摘されたことも判明している。

2005年(平成17年)6月、Yahoo! JAPANを装った偽の検索サイトを作成し、利用者のパスワードなどを盗み取るフィッシング詐欺行為を行ったとして、警視庁などは著作権法違反と不正アクセス禁止法の疑いで大阪市平野区在住の当時42歳の会社員の男を逮捕した。このフィッシング行為での摘発は日本初の事だった。男は「Yahoo!」のスペルを「Yafoo!」に変えたサイトをYahoo! JAPANに無断で作成した著作権侵害行為に加え、利用者の本家・Yahoo!のパスワードを不正に入手し個人情報を盗み取った上で利用者の電子メールを盗み見た。
2005年10月18日、Yahoo! JAPANが行っているYahoo!ニュースを装った偽のニュースサイトが作成され、偽のニュースを流したページが公開されYahoo! JAPANがこのサイトについて警告を出した。これは、共同通信社発信で、「アメリカ国防総省は10月18日未明に、中国軍が、沖縄に侵攻したことを発表した」とするもので、翌10月19日に長崎市内在住の男から共同通信長崎支局に「9月中旬、ネットの掲示板に同じ内容の虚偽のニュースを書いたが満足が出来ず、Yahoo! JAPANに似せたページに書き込むことを考えた」「Yahoo! JAPANのページをパソコンに取り込んで改ざんした内容でネット上に公開した」との説明があった。男はその後、11月28日に著作権法違反で逮捕されている。

公正取引委員会はニュースコンテンツ配信分野に関する実態調査報告書において、ヤフーと提携メディアとの軋轢を取り上げ、「ヤフーが著しく不利益な要請等を行ってもこれを受け入れざるを得ない場合があると考えられる」と記載した、これについて公正取引委員会の担当者は「読者が質の高いニュースを読むことができなくなる」という問題意識を基に調査を行ったとしている。

2024年4月、総務省はLINEヤフーに対し、通信の秘密の保護とサイバーセキュリティ対策が不十分とし異例の二回目の行政指導を行った、総務省の今川基盤局長は行政指導文書について「LINE社のシステムについてNAVERへの委託の見直しが行われるかが明確でない」と指摘し、「省として重大な事案」だとしている。
週刊文春はデータが更にLINEチャイナに委託されたことを報道し百度元取締役でLINEヤフー社のナンバー3である舛田CSMOにリスクについて質問したが回答を拒否、利用者側の神奈川県はこの問題について説明は受けていないが直ちにリスクとなるわけではないと回答した。

ヤフーニュースの1日の配信記事は7500以上で2021年8月には月間220億PVに達し、提携メディアへの報酬は2021年時点で1000pvあたり平均124円、最大251円、最小49円、1pvあたりの平均報酬は、主要紙で0.21円、民放キー局は0.1円、その他は0.025円であるが、読売新聞は破格の0.35円でこれは元ヤフートピックス編集長の奥村東京都市大学教授によると2007年に朝日日経と「あらたにすを立ち上げる際に二社に撤退を求められた当時の内山社長に孫正義が引き留めた結果であるとしている。
このような提携メディアのランク付けについてLY社は回答を拒否した。
なおヤフートピックスに掲載される提携メディアから配信された記事の見出しはヤフートピックス編集部が作成している。

2022年5月頃から東スポ、NEWSポストセブン、週刊女性PRIMEのYahoo!ニュース#コメント機能を一方的に閉鎖したが理由については回答を拒否した。

自社の記事にはカノニカルタグという元記事であることを示すタグをつけるが、ヤフーは他社の配信記事であるにもかかわらずカノニカルタグをつけている。

2018年に会長である川邊の元恋人の結婚報道が出た際は川邊が編集部に要求してヤフートピックスから外させたと報道された。

Aホールディングス株式会社 - 旧LINE(初代)

株式会社出前館【東証スタンダード・2484】(LINEヤフー 35.8%)
Zホールディングス中間株式会社 - 下記子会社を統括する中間持株会社

株式会社ZOZO【東証プライム・3092】(ZHD中間 51.0%)

Zフィナンシャル株式会社 - 国内金融事業の統括

Z Venture Capital株式会社 - ベンチャー企業を対象とした投資ファンドの運営

アスクル株式会社【東証プライム・2678】(LINEヤフー 44.9%)

Z中間グローバル株式会社 - 旧LINE(2代)。海外事業の統括
LINE Xnesis株式会社(Z中間グローバル 92.4%)LINE Plus Corporation(Z中間グローバル 100.0%)IPX Corporation(Z中間グローバル 70.0%)
LINE Financial Plus Corporation - 海外金融事業の統括

LINE Financial. Asia Corporation Limited(LINE Financial Plus Corp. 100.0%)

株式会社アルプス社 - 2008年、ヤフー(初代)に吸収合併
オーバーチュア株式会社 - 2009年、ヤフー(初代)に吸収合併
ソフトバンクIDCソリューションズ株式会社 - 2009年3月30日、ヤフー(初代)に吸収合併。
株式会社インディバル(初代) - リクルートとの合弁企業だったが、2012年に合弁を解消。2015年3月31日、主要事業を同名の新会社に承継させ、ツナグ・ソリューションズに譲渡(従前の会社は2015年7月1日に吸収合併)
LINE Ventures株式会社 - 2021年4月1日、Z Venture Capitalに吸収合併
株式会社クラシファイド - 2021年4月1日、ヤフー(2代)に吸収合併
LINEモバイル株式会社 - 2022年3月1日、ソフトバンクに吸収合併
TRILL株式会社 - 2022年4月1日、delyに吸収合併
株式会社カービュー - 2022年7月1日にヤフー(2代)に吸収合併
LINE Growth Technology株式会社 - 2023年8月1日、LINE(2代)に吸収合併
ヤフー株式会社(2代) - 2023年10月1日、旧Zホールディングスに吸収合併
Z Entertainment株式会社 - 2023年10月1日、旧Zホールディングスに吸収合併
Zデータ株式会社 - 2023年10月1日、旧Zホールディングスに吸収合併
株式会社GYAO - 2024年1月1日付で、LINEヤフーに吸収合併

株式会社インテージ・インタラクティブ - 2010年4月1日、同社親会社であるインテージに吸収合併
ジクシーズ株式会社 - 2015年4月1日、グリーに吸収合併
JWord株式会社(後のGMOインサイト)- 2017年7月1日、GMOソリューションパートナーと統合
OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社 - 2020年7月31日付で、OYO Hotels Japan合同会社と共に、OYO Japan合同会社(現:Tabist株式会社)へ合併

株式会社インターネット総合研究所 - 2007年11月1日、オリックスへ譲渡
株式会社オールアバウト - 2004年9月に資本提携。2011年12月に大日本印刷へ譲渡
株式会社マクロミル(初代)- 2013年11月、ベインキャピタルグループへ譲渡
株式会社デジミホ - 2015年12月、バリューコマースによる完全子会社化
ファーストサーバ株式会社 - 2018年3月30日、ソフトバンクへ譲渡
株式会社IDCフロンティア - 2018年5月1日、ソフトバンクへ譲渡
株式会社Jコミックテラス - 2018年7月10日、メディアドゥホールディングスに譲渡
株式会社コマースニジュウイチ - 2020年1月、Eストアーに売却
ブックオフコーポレーション株式会社 - 2018年11月12日、資本業務提携を解消
シナジーマーケティング株式会社 - 2019年7月、同社創業者による買収
GMO外貨株式会社 - 旧ワイジェイFX。2021年9月27日、GMOフィナンシャルホールディングスに売却
SREホールディングス株式会社 - 2022年3月、業務提携の見直しで保有株の8割以上を売却
株式会社イーブックイニシアティブジャパン - 2022年3月31日、LINE Digital Frontier(NAVER Corporation連結子会社)へ全株式譲渡
BuzzFeed Japan株式会社 - 2022年5月16日、朝日放送グループホールディングスおよびバリューコマースに譲渡
株式会社ライブドア(3代)- 2022年12月28日にミンカブ・ジ・インフォノイドに全株式を譲渡

GameBank株式会社 - 2017年8月29日、解散
Epic Voyage株式会社 - 2021年6月30日、解散
LINE Pay北海道株式会社 - 2021年7月14日、清算結了
LINE Book Distribution株式会社 - 2021年8月10日、解散
紀尾井町第二金融準備合同会社 - 2021年9月、清算結了
紀尾井町第五金融準備合同会社 - 2021年9月、清算結了
ネクストライブラリ株式会社 - 2021年12月24日、解散
紀尾井町第一金融準備合同会社 - 2022年3月24日、清算結了
紀尾井町第三金融準備合同会社 - 2022年12月20日、清算結了
LINE TICKET株式会社 - 2023年1月4日、解散
PayPayインベストメンツ株式会社 - 2023年3月28日、解散
LINE Bank設立準備株式会社 - 2019年5月、LINE Financialとみずほ銀行の合弁会社として設立、ネット銀行の開設に向けた準備を進めていた。しかし社会情勢などから、2023年3月30日付で事業は中止、同年6月30日をもって解散

カンブリア宮殿 爆走する国民的サイト!これがネットの底力だ!(2014年11月27日、テレビ東京)- ヤフー 社長 宮坂学氏出演。

LINEヤフー株式会社
Zホールディングス株式会社



引用:「LINEヤフー」『ウィキペディア日本語版』 (2024-07-22T16:49:18+09:00 時点最新版)

会社名
LINEヤフー株式会社

代表者名
代表取締役会長 川邊 健太郎
代表取締役社長 CEO 出澤 剛
代表取締役 CPO 慎 ジュンホ
主な事業内容
インターネット広告事業、イーコマース事業及び会員サービス事業などの展開並びにグループ会社の経営管理業務など

本社所在地
〒102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
Yahoo!マップ

設立年月日
1996年1月31日

決算
3月 末日

単元株数
100株

公開日
1997年11月4日 店頭市場

資本金
247,473(百万円)(2023年8月末時点)

定款
定款(291KB)(2023年10月1日)

連結子会社数
124社(2023年8月末時点)

持分法適用関連会社数
39社(2023年8月末時点)

●募集職種
エンジニア職
デザイナー職
セールス職
企画職
データアナリスト職


●業務内容
【エンジニア職】
◆ソフトウェアエンジニアコース
LINEヤフーのさまざまなサービスや、サービスを支える基盤システム(データ、広告配信など)の設計・開発・運用、システムのセキュリティ品質の向上までを担当します。 幅広い技術スタックに触れ、エンジニアとして成長できる環境です。
・サーバーサイド
各サービスのWebアプリケーション開発やバックエンドシステム開発、各サービスで共通で用いる基盤システム(データ、インフラ、開発運用環境など)の開発を担当します。ユーザーに直接提供する機能開発(広告配信、認証、動画配信など)や、大規模なデータとトラフィックを安全に扱うための基盤プラットフォームおよび分散システムの設計や開発を行います。
・フロントエンド
各サービスのフロントエンド開発を担当します。 ブラウザやiOS/AndroidアプリのWebViewなど、さまざまなプラットフォームに提供されるWebアプリケーションのフロントエンド開発、また、SDKやフレームワークの開発業務、パフォーマンスチューニングなどを行います。
・クライアント(iOS/Android)
各サービスのiOS/Androidプラットフォーム向けクライアントアプリケーション開発を担当します。 企画やデザインなどの組織と連携し、機能開発、パフォーマンスチューニング、ビルド改善、UX改善といった開発業務を行います。
・データ
各サービスのデータの価値を最大化するため、様々なデータ関連プロダクトの設計・開発・運用を担当します。最新のビッグデータ技術を駆使し、スケーラブルで効率的なデータ処理を実現し、モダンデータスタックを追求します。
・セキュリティ
さまざまなサービス環境やグローバル業務環境に対する大規模かつ複雑度の高い環境で発生するセキュリティ課題を解決するための業務を行います。例えば、脆弱性、脅威イベント、セキュリティ弱点への影響の分析評価や対応、ユーザー/アプリケーション/ネットワーク/システム/データ/デバイスをはじめとする各階層別に最適化された対策を設計·実装·改善します。

◆インフラエンジニアコース
LINEヤフーの膨大なアクセスを支える基盤の構築、運用を担当します。 国内屈指の規模のインフラで、エンジニアとして成長できる環境です。
・システム
各サービスで使用される十数万台規模の物理サーバーのインフラの設計・構築・運用の自動化業務を担当します。
主に大規模インフラでのOS Provisioningやサーバー、ストレージ機器などのハードウェア選定における技術的な検証およびそれに関連するコストの最適化を行います。またサーバーの管理、運用、監視などに関わるシステム開発業務を行います。
・ネットワーク
各サービスで使用される数万台のサーバーの通信を支える大規模ネットワークの企画・設計・構築・運用を担当します。
領域は、ルーター・スイッチ・ロードバランサーなどのネットワーク機器、インターネットや専用線などの回線です。 ネットワークの種類は、データセンターのサーバーファーム、国内および国際DCIネットワーク、高セキュリティの個別サービスネットワーク、トランジット回線/IX/PNIなどです。 新製品・新技術の検証や、運用の効率化/正確性向上のための自動化/ツール開発も行います。
・データベース
各サービスのために使用されるRDBMS(MySQL、Oracle、PostgreSQL、SQL Server)、NoSQL(Redis、Cassandra、MongoDB、HBase)の運営管理を担当します。 これらのDBMSは社内Private Cloudシステム上でDBaaSの形態で提供しています。運用の規模はインスタンス数ベースでMySQL:15,000台以上、Redis:20,000台とアジアでも屈指の規模感を持つ環境で、DBAとして業務に取り組みます。 また、運用業務だけでなくDBRE、DBaaS開発者として、主にGolang、Python、K8Sを使った生産性向上のための開発業務も行います。そして独自のDBMS開発研究も行っていて、FractalDB、LEO Storage Engineなど開発しています。
・クラウドプラットフォーム
インフラとアプリケーションを、シームレスに接続するクラウドプラットフォームのためのソフトウェア技術と手法を使用して、インフラストラクチャのプロビジョニング(Provisioning)および運営の自動化などの開発を担当します。
具体的にはOpenStackやKubernetesといった、OSSを活用したプライベートクラウドのプラットフォーム開発・運用や、ネットワークのコントロールプレーン・データプレーンの開発業務を行います。
・社内ネットワーク
LINEヤフーの従業員が安定して利用できる社内ネットワーク設計、構築、運用、改善の業務を担当します。 主に社内ネットワークへのアクセス方法の改善や新技術の調査・検証、ユーザーからの問い合わせ対応、機器の故障や通信障害の原因究明や機材交換など、仕事内容は多岐にわたります。 常時の安定通信の実現に向けて取り組み、ネットワーク技術を通じてLINEヤフーの事業成長に貢献できます。

◆データサイエンスコース
LINEヤフーのさまざまなサービスから得られる膨大な量のデータを活用し、大規模なAI・機械学習システムの構築や改善、データの分析、提案を担当します。
・AI
自然言語処理、音声処理、画像/動画処理などの技術領域における研究開発を担当します。 論文執筆や国際会議での発表・議論、高品質で汎用的な要素技術の研究開発を通じて、さまざまなサービスに技術を適用し、ユーザーの課題解決へとつなげます。
・機械学習
機械学習を主軸とした開発に携わり、新技術の導入・応用やサービス導入に加え、継続的改善や保守運用まで担当します。 Web検索や商品検索などのサービスごとの検索システム、コンテンツの推薦やフィルタリング、ユーザーターゲティングなど、各サービスを対象とした高度なデータ分析・機械学習ソリューションの提供に加え、サービス横断でのデータ活用、全社向け機械学習基盤の開発にも携わります。
・データサイエンティスト
サービス価値の最大化をミッションに、データ分析業務を担当します。 事業の意思決定を支援するために、課題の発見から解決策の適用までのプロセスを一気通貫で実施します。
・プライバシー&トラスト
データとAIの活用におけるプライバシー・セキュリティ・信頼性に関する研究開発と社会実装を担当します。 差分プライバシーや秘密計算といった先端技術の基礎研究、各サービスやサービス横断の基盤を対象とした応用技術開発を通して、プライバシー保護とデータ活用の両立、および信頼できるAIの実現を目指します。

【デザイナー職】
UI/UXデザイナー
LINEヤフーが提供する各種デジタルプロダクトの開発に企画段階から携わりながら、UXデザインやそれに伴うユーザーニーズ分析・UIデザイン・プロトタイプ作成・ビジュアルデザインなど幅広い分野をご担当いただきます。 あなたが持っているクリエイティビティとデザインスキルを発揮し、事業課題の解決と事業成長に貢献することで、ユーザーにとって、より価値のある体験を提供することを期待しています。

【セールス職】
広告事業およびコマース事業において、クライアント企業の事業成長を最前線でサポートし、LINEヤフーの売り上げを最大化するコンサルティングセールスを担当します。 初期配属では、下記いずれかの業務においてセールスの基礎となるスキルを身につけ、セールスのプロフェッショナルへの成長を目指していただきます。 将来的には一人ひとりのキャリアプランや成長に合わせ、マネジメントへの挑戦や企画・マーケティング・事業開発といった、インターネットビジネスを支えるさまざまな職種への挑戦を行うなど、初期配属後に幅広いキャリアを描ける環境です。

◆広告・販促セールス
社内外のステークホルダーと連携しながら、市場のトレンドや競合他社の動向をふまえて、ヒアリングや仮説設定などによる顧客課題の発見、最適なプロダクトを組み合わせた幅広い解決策の提案業務を行います。
<取り扱うプロダクト例>
企業とユーザーが“友だち”になり、つながりを強化する「LINE公式アカウント」
広告配信プラットフォーム「Yahoo!広告」「LINE広告」
“ユーザーに使われる”新しい広告のかたち「LINEプロモーションスタンプ」
オンラインとオフラインの購買体験をつなぐ「Yahoo!セールスプロモーション」
接客のデジタル化をサポートする「LINEミニアプリ」

◆コマースセールス
「Yahoo!ショッピング」に出店しているストアの売上目標に対し、PDCAサイクルを効果的に回すために改善策の提案を行います。 売り上げアップのために出店ストアと二人三脚で取り組みます。
出店ストアが求める販促を、マーケティングやプロダクト部署と共につくり上げ、売り上げの最大化を実現します。 そのほかにも、大手メーカー企業などとタイアップしたプロモーション企画の立案や、広告営業も行います。

【企画職】
LINEヤフーが提供するプロダクトやサービスをより良いものとし、ユーザーファーストな体験を提供することにコミットしていくのが「企画職」です。プロダクトマネジメントに責任を持つプロダクト企画や、事業の目標達成を推進する事業企画などが該当します。 初期配属では下記のいずれかの業務においてスキルを身につけ、その道のプロフェッショナルとして成長やプロダクトや事業全体の責任を担う立場を目指していただきます。

◆プロダクト企画
下記の業務を、エンジニアやデザイナーなど、さまざまな領域のステークホルダーから協力を得ながらリードします。
インタビューや各種リサーチ、ユーザー動向など、さまざまなデータの収集とその分析を通じたニーズ・課題の発見
より良いユーザー体験を目指し、ニーズを満たすための企画立案
企画を実現するための要件定義やUI設計、詳細動作の設計などの仕様策定
開発チームとのコミュニケーションや、プロジェクト管理などの開発ディレクション

◆事業企画
下記の業務を、売上・利益計画やその他事業の重要目標の達成に向けて推進します。
事業のP/L構造やKPIツリーなどの目標達成に必要な各種施策の立案
マーケットニーズをふまえた商品や、プロダクト企画における要件のとりまとめ、各ステークホルダーとの協議
事業運営のために必要なオペレーションフローの企画や、運営組織・体制の設計と実現
中長期的な事業成長のための事業計画策定や、サービスのロードマップ策定支援

【データアナリスト職】
LINEヤフーのさまざまなサービスから日々生まれる、“膨大な量のデータ”を分析し、サービスの改善やユーザー体験の向上、クライアント向けの課題解決・提案を行います。
分析の企画・設計・データ抽出・前処理・実分析・提案など幅広くプロジェクトを担うとともに、企業へのデータを活用した分析支援も行い、社内外の課題解決に貢献します。また、サービスの現状分析や改善に向けた意思決定サポートなど事業成長に貢献します。
統計や分析技術に関する知識・専門性だけでなく、ユーザー・サービス・ビジネスを深く理解し、さまざまな関係者と協力しながらマーケティングなど、幅広い分野の知見を持ってデータを活用していくことが求められます。
・業務例
サービスのユーザー利用状況およびプロダクトの状態の調査・分析、分析結果の可視化
ビジネス部門・開発部門との連携による、分析結果を利用したサービス・プロダクト開発の意思決定のサポート
サービスおよびプロジェクトにおける、各種施策
外部環境変化による影響測定、分析
A/Bテストを用いた品質の評価
広告主や企業に対するインサイト提供
課題解決に対して必要な分析の要件定義、設計、集計、分析
分析に必要なソリューションロジックの開発・システム開発・運用


【募集要項】
●応募資格
2025年度に入社可能な方(入社月:4月・10月)
学歴・学部・学科不問(高専生・専門学生でも応募可能)
正社員としての就業経験がない方


●勤務場所
インターネットに安定して接続できる環境があり、業務に支障が出ないことを前提に、リモートワークが可能です。
場所に縛られない働き方を実現することで、「WOW」で「!」 なサービスを生み出すことを目的としています。働く環境の支援金として LY Working Style手当(1.1万円/月)を支給しています。
※自宅・オフィス以外でのリモートワークは申請が必要です。


●居住地
日本国内であればどこでも可能
※居住地は所属組織のルールおよび前日の出社指示に対応できる範囲を推奨しています。


●所属オフィス
〒102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
※出社の頻度・ルールは配属組織や業務内容により異なります。
※所属オフィスへの通勤交通費は、出社分を実費支給(上限15万円/月)しており、新幹線・飛行機の利用も可能です。オフィスに出社した日数に応じ実費を翌月に支給します。
※配属先に応じて、所属オフィスが変更となる場合があります。


●勤務時間
フレックスタイム制(コアタイムなし)
標準労働時間7時間45分


●休日・休暇
完全週休2日制(土日 ※1)、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月4日まで)
有給休暇、特別有給休暇(慶弔、マタニティ、子の看護、介護、法定伝染病など)、ハッピーフライデー ※2、サバティカル休暇制度
※1 部署により異なります。
※2 祝日が土曜日にあたった場合、前労働日を振り替え特別休日としています。


●給与
・エンジニア職
基準給与: 336,000 円〜/月
(基礎給  259,616 円〜/月+35 時間相当分の固定時間外手当76,384 円〜/月)※1
標準年収: 5,040,000 円〜(基準給与×12+賞与 2 回分(基準給与×3ヵ月))※2 ※3
※1 月 35 時間を超過した場合、別途超過時間分の手当を支給
※2 年間を通じて標準的な評価だった場合の標準年収
※3 賞与は年 2 回を上限に、会社や所属部署の業績を踏まえて支給

・デザイナー職
基準給与: 320,000 円〜/月
(基礎給  247,138 円〜/月 +35 時間相当分の固定時間外手当72,862 円〜/月)※1
標準年収: 4,800,000 円〜(基準給与×12+賞与 2 回分(基準給与×3ヵ月))※2 ※3
※1 月 35 時間を超過した場合、別途超過時間分の手当を支給
※2 年間を通じて標準的な評価だった場合の標準年収
※3 賞与は年 2 回を上限に、会社や所属部署の業績を踏まえて支給

・セールス職/企画職/データアナリスト職
基準給与: 302,000 円〜/月
(基礎給  233,100 円〜/月 +35 時間相当分の固定時間外手当68,900 円〜/月)※1
標準年収: 4,530,000 円〜(基準給与×12+賞与 2 回分(基準給与×3ヵ月))※2 ※3
※1 月 35 時間を超過した場合、別途超過時間分の手当を支給
※2 年間を通じて標準的な評価だった場合の標準年収
※3 賞与は年 2 回を上限に、会社や所属部署の業績を踏まえて支給


●給与改定
年2回


●諸手当
LY Working Style手当 11,000円/月
通勤手当は実費にて支給(上限150,000円/月)


●福利厚生
選択型確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、長期所得補償制度、財形貯蓄制度、株式累積投資制度、定期健康診断・人間ドック二次検査の費用補助、LY Working Style手当、社内マッサージ室、サークル、懇親会費補助など

〈引用元〉
https://www.lycorp.co.jp/ja/recruit/newgrads/engineer/#
https://www.lycorp.co.jp/ja/recruit/newgrads/designer/#
https://www.lycorp.co.jp/ja/recruit/newgrads/sales/#
https://www.lycorp.co.jp/ja/recruit/newgrads/planning/#
https://www.lycorp.co.jp/ja/recruit/newgrads/analyst/#
(2023-11-22)

 本ページの情報はインターンシップガイド事務局が企業様のコーポレートページや採用ページをもとに掲載しております。弊サイトは情報の正確性に万全を期しておりますが、採用情報の不備や変更、また利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為についてインターンシップガイドは何ら責任を負うものではありません。あらかじめご了承下さい。内容の不備、更新を発見された場合こちらよりご連絡いただけると幸いです。

LINEヤフーのインターン面接体験口コミ

慶應義塾大学 2024年卒

【インターン面接体験口コミ】 LINEヤフー

2022-07-18 21:08:48 作成

応募コース・職種
広告営業

慶應義塾大学 2024年卒

【インターン面接体験口コミ】 LINEヤフー

2022-07-18 21:06:41 作成

応募コース・職種
広告営業
LINEヤフーのインターンシップ体験談

慶應義塾大学、経済学部

【インターンシップ体験談】 LINEヤフー

2023-09-26 18:02:40 作成

インターンシップ名
-

早稲田大学 文化構想学部

【インターンシップ体験談】 LINEヤフー

2023-09-26 18:01:44 作成

インターンシップ名
-

一橋大学社会学部

【インターンシップ体験談】 LINEヤフー

2023-09-26 18:00:59 作成

インターンシップ名
LINE summer inernship
LINEヤフーの内定者のエントリーシート

一橋大学 2025年卒

【内定者のエントリーシート】 LINEヤフー

2024-06-02 01:30:55 作成

内定をもらった職種
セールス職

九州大学 2023年卒

【内定者のエントリーシート】 LINEヤフー

2022-06-21 18:47:28 作成

内定をもらった職種
総合職(広告セールス)

横浜市立大学

【内定者のエントリーシート】 LINEヤフー

2021-03-25 00:00:00 作成

内定をもらった職種
サービス企画職
LINEヤフーの就活面接体験口コミ

早稲田大学 2025年卒

【就活面接体験口コミ】 LINEヤフー

2024-04-16 12:11:32 作成

応募コース・職種
企画職
LINEヤフーの就活本選考体験記

某大学

【就活本選考体験記】 LINEヤフー

2024-03-06 13:15:44 作成

内定部門(職種)
エンジニア

某大学

【就活本選考体験記】 LINEヤフー

2024-03-06 13:10:58 作成

内定部門(職種)
ビジネス職

某大学

【就活本選考体験記】 LINEヤフー

2024-03-06 13:09:41 作成

内定部門(職種)
ビジネス総合職
大学1・2年生もインターンに行こう
インターン締切カレンダー
就活エントリー締切カレンダー
マンガでわかるインターンシップ
就活イベントまとめ
インターンシップ体験談
就活本選考体験記
内定者のES